*

煉獄で左腕を失った決闘者が右腕で芝を刈る・・・・!<隣の芝刈り>解説!

      2016/11/07

今回は「レイジング・テンペスト」で登場した<隣の芝刈り>について色々解説したいと思います!

イラストには恒例のゴブリンシリーズの新規イラストみたいですね。


スポンサーリンク

カード情報

隣の芝刈りs_5153941693570

通常魔法
(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。
デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 

カード効果考察

簡単に説明すると、相手のデッキの枚数と同じになるようにデッキの上からカードを墓地に送る事が出来る通常魔法カード!

最近はデッキからカードをサーチするのが当たり前ですし、<強欲で貪欲な壺>なんていうデッキのカード12枚も減らすカードの登場でデッキが薄くなるのも相当早くなりました。

相手がデッキをドカドカ減らしたタイミングで発動する事によって自分も大量に墓地を肥やす事が出来ます。

デッキによっては墓地が第二の手札なんて言うデッキもありますし、腐る時もありそうですが上手く発動出来た時の爆発力は凄まじいです。

ちなみに、自分のデッキの枚数を最大枚数の60枚で組み、相手のデッキの枚数が40枚なら初めのターンに発動してもデッキの上からカードを20枚墓地に送る事が出来ます・・・・・。

<芝刈りノイド>について

このカードの登場によって、<芝刈りノイド>なるデッキが登場しました。
正直言ってこのカードを一番使いこなしているテーマです。

デッキの内容としてはデッキ枚数を上限の60枚で構築し、相手とのデッキ枚数の差を利用して一気に墓地を肥やそうと目論むデッキです。

60枚デッキはキーカードを初手に引き込む確率が下がりますが、<左腕の代償>によって左腕を代償にしてでも無理やり手札にキーカードを持ってきます。

恐るべきインフェルノイド使いの執念、煉獄の底で意地でも芝を刈ります。

ちなみに<芝刈りノイド>使いの初手芝刈り率は異常。(体験済み)

終わりに

いかがだったでしょうか!

スーパーレアなので値段がそこまでしませんが、もしこれがノーマルレアとかだったら戦争だったでしょうね・・・・。

<インフェルノイド>は新規カードも貰って、しかもこんな強力なサポートカードが貰えて非常に羨ましい・・・。

<モンスターゲート>や<名推理>を取り上げられてしまい安定性は失われてしまいましたが、前よりも爆発力のあるデッキになったと思います・・・!!

スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 , ,