*

【相手ターンに増える】「兵隊竜(ソルジャードラゴン)」【効果解説・分析記事】

      2017/08/23

兵隊竜 アイキャッチ

この記事では【サーキットブレイク】に収録された効果モンスターカード、兵隊竜ソルジャー・ドラゴンの効果解説に加え、このカードについて管理人の思った事や運用方法など、考えた事を書きます

■カード情報

兵隊竜ソルジャー・ドラゴン

兵隊竜

効果モンスター
星2/地属性/ドラゴン族/攻 700/守 800

(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
デッキからレベル2以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

■カード効果解説

1ターンに1度、相手が魔法・罠・モンスター効果を発動した時に発動可能な誘発効果を持ち、デッキからレベル2以下のドラゴン族モンスター1体をリクルートします。

リクルート可能なモンスター群はWikiを参考にしてください
遊戯王wiki

■このカードに対する分析

レベルについて

レベルは2、かつ複数体のレベル2モンスターを展開する事ができるので、【汎用ランク2エクシーズ】へと繋げる事ができます。

種族について

種族はドラゴン族なので、【ドラゴン族サポート】の恩恵を受ける事が可能。

また、場に複数体のドラゴン族を展開するという点から、【ツイン・トライアングル・ドラゴン】をリンク召喚しやすいモンスターでもあると思います。

■モンスター効果について

同名カードでどんどん増殖

このカードのモンスター効果の発動は、名称を指定した発動回数制限が設けられていません。
また、同名モンスターのリクルートにも制限が設けられていないため、このカードの効果でデッキから新たな【兵隊竜】を呼び出すことによって、その新たに呼出した【兵隊竜】の効果も使用する事ができます。

最大デッキから新たに3体のレベル2以下のドラゴン族を呼び出す事ができます。

【バージェストマ】に採用する

【バージェストマ】はランク2のエクシーズモンスターを主体とした罠モンスターテーマ。

加えて、【場のモンスターを守る罠カード】を採用する場合が多いため、相手ターン中に棒立ち状態の【兵隊竜】や、デッキから新たに呼び出した下級ドラゴン族モンスターを破壊から守り、次のターンのエクシーズ召喚へと繋げる事が可能となります。

【ヴァレット】に採用する

【ヴァレット】と相性が良い【スニッフィング・ドラゴン】や、【アネスヴァレット・ドラゴン】を場に出す事が可能となります。

【アネスヴァレット】は破壊されてしまっても固有の効果でアドバンテージを稼ぐ事ができます。

しかしその場合、場に棒立ちで残っている【兵隊竜】をどう処理するのかが問題。

【ワンダー・エクシーズ】で相手ターンにエクシーズ

相手ターン中にエクシーズ召喚を行う事ができる通常罠カード、【ワンダー・エクシーズ】を発動し、相手ターン中に展開した【兵隊竜】とレベル2のドラゴン族モンスターをエクシーズ素材とし、ランク2のエクシーズモンスターへと繋げる事ができます。

この戦術をデッキに採用する場合、通常罠カードの発動をトリガーとしてデッキを回す【バージェストマ】と相性が良いと思います。

終わりに

以上、【兵隊竜】の効果解説と分析でした。

このカードの弱点としては、このカードが場に見えているのにカード効果を発動してくれるかですね。
効果を発動する前に戦闘で処理されてしまうかもしれません。
また、自分のターンに相手のカードの発動を望む事が難しいのも欠点でしょう。

基本的には相手のターンでのモンスター展開になると思うので、そこを活かせるデッキに採用したいですね。

関連記事

5分で分かる「ヴァレット」【テーマ解説・回し方・良相性のカード紹介】

「レベル2モンスター」サポートカード特集

「ドラゴン族」デッキで出せるリンクモンスターを紹介、解説

★このカードが収録されているパック

 - 【個別カード解説記事】 , , ,