*

【通常モンスター救済】新テーマ「幻煌龍」全カードについて解説&考察!

   

今回の記事では、「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明したテーマ、「幻煌龍げんおうりゅう」について記事を書いてみました。

まさかの通常モンスターテーマ!

ここにきてバニラモンスターにスポットライトが当たるのは嬉しいですね。
(フレーバーテキスト面白いし・・・)


スポンサーリンク

幻煌龍げんおうりゅう」の主役

まずこのテーマの主役となるモンスター、「幻煌龍げんおうりゅう」について

幻煌龍げんおうりゅうスパイラル

幻煌龍スパイラル

 

通常モンスター

星8/水属性/幻竜族/攻2900/守2900

幻竜族

熾烈しれつ戦渦せんかたけりゅう傷付きずついたそのいにしえひかりれ、浸渦しんかげた。
やがて、りゅうはそのりゅうひろげ、天渦てんかせいするおうとなる。
そのあらたなるおうは、ゆめうつつまぼろしか。

 

戦渦、浸渦、天渦など、中には元々の漢字と違う文字もありますが、「渦」を強調しているフレーバーテキストです。

む、水属性、レベル8の通常モンスター、攻撃力守備力2900、スパイラル・・・?

このカードが頭をよぎりますよね。

スパイラルドラゴン

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3

通常モンスター

星8/水属性/海竜族/攻2900/守2900

海流の渦をつくり出し人々を襲うと伝えられる海竜。
巨大なヒレから放たれるスパイラルウェーブは全てを飲み込む。

 

恐らくこのカードのリメイクカードだと思われます。

この「スパイラルドラゴン」が熾烈な戦渦を経た事によって「幻煌龍げんおうりゅうスパイラル」へ浸渦したのでしょう・・・(多分)

幻煌龍げんおうりゅう」サポートフィールド魔法カード(全1種)

幻煌げんおうみやこ パシフィス

パシフィス

 

フィールド魔法

このカードのカード名はルール上「海」として扱う。

このカードの効果を発動するターン、自分は効果モンスターを召喚・特殊召喚できない。

(1):1ターンに1度、自分が通常モンスター1体の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「幻煌龍」カード1枚を手札に加える。

(2):自分フィールドにトークンが存在せず、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻煌龍トークン」(幻竜族・水・星8・攻/守2000)1体を特殊召喚する。

 

もはや恒例の「海」として扱うルール効果を持ったフィールド魔法カード。
これまでに「海」、「忘却の都レミューリア」、「伝説の都アトランティス」などのカードが存在しています。

(1)の効果は1ターンに1度、自分が通常モンスターを召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから「幻煌龍」カードを手札に加える効果。

サーチ効果を内蔵したフィールド魔法・・・。
これはまた「テラ・フォーミング」の出番が増えそうですね。

そして(2)の効果は、自分フィールドにトークンが存在せず、相手が魔法・罠・モンスター効果を発動した場合に発動でき、自分フィールドに「幻煌龍トークン」を特殊召喚する事が出来ます。

トークンは通常モンスター扱いなので、相手ターンに「幻煌龍トークン」を特殊召喚した場合でも(1)の効果が発動し、デッキから「幻煌龍」カードを手札に加える事が可能です。

ちなみに、トークンを特殊召喚する(2)の効果は発動回数制限が無いので、条件を満たせば何度でも発動する事が可能です。

どちら効果も強力ですが、この効果を発動するターンは効果モンスターを召喚・特殊召喚する事が不可能となります。

幻煌龍げんおうりゅう」サポート装備魔法カード(全3種)

幻煌龍の螺旋突スパイラル・クラッシュ

 

幻煌龍の

装備魔法

通常モンスターにのみ装備可能。

「幻煌龍の螺旋突」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

(2):装備モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍スパイラル」1体を選んで特殊召喚し、このカードをそのモンスターに装備する。
その後、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで守備表示にできる。

 

通常モンスターにのみ装備可能な装備魔法カード。

(1)の効果によって装備モンスターに貫通効果を与えます。

また、装備モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍スパイラル」を特殊召喚し、特殊召喚した「幻煌龍スパイラル」にこの装備魔法カードを装備します。
その後、相手フィールドの攻撃表示のモンスターを選んで守備表示に変更。

(1)の効果によって戦闘ダメージを与えやすくなっているので(2)の効果を発動しやすくなっています。

また、特殊召喚した「幻煌龍げんおうりゅうスパイラル」にこの装備カードを装備するので、「幻煌龍げんおうりゅうスパイラル」へ新たに貫通効果を付与する事が可能です。

何気に守備表示に変更する際は対象を取らないので、対象に対する耐性を持っているモンスターも守備表示へ変更する事が可能ですね。

幻煌龍の螺旋絞スパイラル・ホールド

 

card100046362_1

装備魔法

通常モンスターにのみ装備可能。

「幻煌龍の螺旋絞」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):装備モンスターの攻撃力は500アップする。

(2):装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍スパイラル」1体を選んで特殊召喚し、このカードをそのモンスターに装備する。その後、相手に1000ダメージを与える。

 

このカードも同じく通常モンスターにしか装備出来ない装備魔法カード。

(1)の効果によって装備モンスターの攻撃力を500ポイントアップします。
幻煌龍げんおうりゅうスパイラル」に装備すれば攻撃力は3400ポイントとなるので、打点3000ポイントの壁を超える事が出来ます。

また、装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍スパイラル」を特殊召喚し、この装備魔法カードを特殊召喚した「幻煌龍スパイラル」へ装備します。
その後、相手プレイヤーに1000ポイントのバーンダメージ

幻煌龍げんおうりゅう螺旋波スパイラル・ウェーブ

card100046449_1

装備魔法

通常モンスターにのみ装備可能。

「幻煌龍の螺旋波」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):装備モンスターは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

(2):装備モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「幻煌龍 スパイラル」1体を選んで特殊召喚し、このカードをそのモンスターに装備する。
その後、相手の手札がある場合、相手は手札を1枚選んで捨てる。

 

通常モンスターのみに装備可能な装備魔法カード。

装備モンスターは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されなくなり、装備モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に手札・デッキ・墓地から「幻煌龍 スパイラル」を選んで特殊召喚し、このカードを特殊召喚した「幻煌龍 スパイラル」に装備します。

その後、相手の手札がある場合、相手は手札を1枚選んで捨てさせます。

他の2種類の装備魔法に比べて「幻煌龍スパイラル」を特殊召喚しやすくなっていますが、バトルフェイズ終了時に特殊召喚するので、他の装備魔法より少し特殊召喚するタイミングが遅くなってしまいます。

幻煌龍げんおうりゅう」サポート罠カード(全3種)

幻煌龍げんおうりゅう戦渦せんか

card100046392_1

通常罠

フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。

(1):自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが装備可能な自分フィールドの全ての「幻煌龍」装備魔法カードをその通常モンスターに装備する。

 

フィールドに「海」が存在する場合、手札から発動する事が可能な罠カード。
つまり、フィールドに「げんおうの都みやこ パシフィス」が存在すれば手札から発動する事が出来ますね。

(1)の効果は自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドのカードを破壊する効果。

単純な1対1交換のカードですが、幅広いゾーンからカードを破壊できる点が優秀です。

また(2)の効果は墓地で発動する効果で、このカードを墓地から除外し、自分フィールドの通常モンスターを対象とし発動します。
そのモンスターに装備可能な自分フィールドの全ての「幻煌龍」装備魔法カードをそのモンスターに装備します。

「力の集約」に似た効果を持っていますね。

幻煌龍げんおうりゅう浸渦しんか

card100046395_1

通常罠

フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。

(1):自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000ダウンし、効果は無効化される。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・墓地から「幻煌龍」装備魔法カード1枚を選んでその通常モンスターに装備する。

 

このカードも同じくフィールドに「海」存在する場合に手札から発動する事が出来る罠カード。

(1)の効果は自分フィールドのモンスターが通常モンスターのみの場合、手フィールドの効果モンスターを対象として発動し、そのモンスターはターン終了時まで攻撃力・守備力が1000ポイントダウンし、効果も無効化されます。

単純に相手の妨害カードしても優秀ですが、相手の攻撃力・守備力も下げる事が出来るので相手モンスターが攻撃してきた時に手札から不意に発動したりするなど幅広い活用方法があります。

また、このカードも墓地で発動する効果を持っており、墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの通常モンスターを対象として発動します。
自分の手札・墓地から装備魔法カードを選び、そのモンスターに装備します。

墓地からも装備魔法カードを装備する事が出来るので、フィールドで装備魔法が破壊されてもある程度のリカバリーが出来るようになっているという事ですね。

幻煌龍げんおうりゅう天渦てんか

幻煌龍の天渦

通常罠

フィールドに「海」が存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。

(1):自分フィールドの「幻煌龍 スパイラル」1体を対象として発動できる。
そのモンスターが「幻煌龍」装備魔法カード3種類以上を装備した状態で、戦闘で相手の効果モンスター3体を破壊した時、自分はデュエルに勝利する。

(2):自分フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

こちらもフィールドに「海」が存在すれば手札から発動可能な罠カードです。

自分フィールドの「幻煌龍 スパイラル」1体を対象として発動し、そのモンスターが「幻煌龍」装備魔法カードを3種類以上装備した状態で相手モンスターを3体破壊した時、デュエルに勝利する特殊勝利効果を持っています。

また、自分フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合に、墓地に存在するこのカードを除外する事ができます。

特殊勝利条件に関して、装備魔法3種類を装備した「幻煌龍スパイラル」を準備するのは容易ですが、相手モンスターを3体破壊するのは至難の技です。

「閃光の双剣ートライス」を「幻煌龍スパイラル」に装備すれば合計2回の攻撃が出来るので条件を満たしやすくなりますが、大抵の場合はその時点で相手のライフポイントが尽きている場合が多いのであまり特殊勝利は狙わなくても良いと思います。

特殊勝利を狙っている方は「閃光の双剣ートライス」と「アームズ・ホール」を一緒にデッキに投入することをお勧めします。

終わりに

このテーマはおそらくこれ以上新規カードは望めませんが、「通常モンスター」テーマが登場する度に注目されるテーマになると思うので、カードだけでも確保しておいた方がよいかもしれませんね。

ちょっとデッキを回してみて思ったのが、このデッキはフィールド魔法への依存度が非常に大きいので、なるべくフィールド魔法を破壊から守る手段を考えておいた方が勝率を上げる事が出来ると思います。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

関連記事

「幻煌龍」デッキに必須or相性の良いカード4枚紹介、そして解説!

 

 - カード評価, 遊戯王 , ,