*

モンスター全部奪取!!<スウィッチヒーロー>効果考察。

      2016/11/07

今回は、「レイジング・テンペスト」で登場した罠カード<スウィッチヒーロー>について色々考察していきたいと思いますよー!

イラストに描かれているのは桃太郎っぽいですね。
(このイラストだとどっちが鬼か分からねぇな・・・・)


スポンサーリンク

カード情報

 

<スウィッチヒーロー>s_5137861460476

通常罠
(1):お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合、
そのモンスターのコントロールを全て入れ替える。

 

カード効果考察

<強制転移>や<エネミーコントローラー>の様なコントロール奪取系の罠カード!!

このカードの面白いところは、上手く機能すれば相手フィールドのモンスター全てのコントロールを奪える点です。

発動のタイミングを掴みやすいデッキとしては、モンスターを大量に展開してから数を減らしていくシンクロテーマや、同じくモンスターを大量に展開してから数を減らしていくエクシーズ召喚を得意としたテーマには発動タイミングが掴みやすいです。
バージェストマってどんなテーマ?」の記事ではバージェストマについて詳しく解説しているので興味のある方はどうぞ~。

また、このカードは通常罠カードなのでこのカードの発動に合わせて墓地の<バージェストマ>モンスターを特殊召喚して相手のモンスターの数に合わせ、一気にコントロールを奪う事も出来ます。

相手にコントロールを移すモンスターとしては、気軽に複数体展開出来て攻撃力も低い場合が多いトークンを使うのが良いでしょう。
例えば<スケープ・ゴート>を発動し自分フィールドに4体のトークンを特殊召喚します。
恐らく相手は攻め込むために羊トークンに攻撃すると思うのですが、攻撃している最中にちょうど相手モンスターと羊トークンの数が一致するタイミングがあるので、そのタイミングでこのカードを発動しトークンと相手モンスターのコントロールを全て入れ変える事が出来ます。(相手モンスターが5体の場合は難しいですが・・・)

また、このカードの発動条件の注意点としてはこのカードの効果発動時にフィールドのモンスターの数が一緒である必要があるので相手がモンスターの数を増やしたり減らしたり、または自分の場のモンスターの数が減ったり増えたりしても不発となってしまうので気を付けましょう。

既存のデッキとの組み合わせ

私が考えて面白いなと思ったのは、<花札衛>での運用です。

花札衛は<花合わせ>などのカードで、比較的簡単に大量のモンスターを展開する事が出来ます。

強力なコンボとして、<花札衛ー松ー>を相手フィールドに押し付ける事が出来れば、相手に大きな戦闘ダメージを与えつつ自分はデッキからカードを一枚ドローする事が出来ます。

また、<札再生>の登場により<スウィッチヒーロー>もデッキから手札に加えやすくなっています。

<スウィッチヒーロー花札>なんてデッキも面白いかもしれませんね(‘ω’)!!

花札衛について>はこの記事で詳しく触れているので興味のある方はリンクからどうぞ~。

終わりに

コントロール奪取は相手がより強力なモンスターを展開する程にこちらにも旨みが出てくるので、絶好の発動タイミングで発動したいところ・・・・!

今はまだネタカードの範囲を出ませんが、今後簡単にトークンを並べるテーマの登場などにより評価が一変しそうなカードではありますね。

スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王 , , ,