*

シャドールと召喚獣の相性について考える

      2017/08/21

今回は、デッキから融合素材を墓地に送るのが特徴の「シャドール」と自分と相手の墓地から融合素材を選ぶ事が出来る召喚獣しょうかんじゅう」の相性について色々考察していきたいと思います。

それぞれのテーマの専用融合カードについて

影依融合シャドール・フュージョン

img_7967-2

通常魔法

「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

 

普通に使えば、「融合」の下位互換の様なカードですが、相手フィールドにエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいればデッキから融合素材モンスターを墓地に送る事が出来ます。

墓地に送るカードは、シャドール融合モンスターカードによってきめられた融合素材モンスターとなります。
現状では、デッキから墓地に送れるカードは、シャドールモンスター+神属性と光属性を除くモンスターとなっています。

召喚魔術しょうかんまじゅつ」は墓地のカードを除外して融合を行うので、このカードの効果でデッキから融合素材モンスターを墓地に送った後に「召喚魔術しょうかんまじゅつ」を使い墓地のモンスターで融合すれば、手札消費を大幅に抑えられます。

召喚魔術しょうかんまじゅつ

f4aa9727

通常魔法

「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

 

普通に使えば、手札からしか融合できない「融合」魔法カードと同じですが、「召喚獣しょうかんじゅう」融合モンスターを特殊召喚する場合は、フィールドと自分または相手の墓地から融合素材を除外する事で融合召喚を可能にします。

召喚魔術しょうかんまじゅつ」の特徴や使い方については過去に記事にしているので、参考にしてください。

デッキから墓地に送り融合を可能にするシャドール、そして墓地から除外して融合する召喚獣しょうかんじゅう
専用融合カードの二枚は相性が良さそうです。

メインデッキのモンスターの相性

主にシャドールモンスターはデッキや手札から融合素材として墓地に送られる事によって効果を発動する効果と、リバースした時の二つ目の効果を持っています。

召喚師しょうかんしアレイスター」に召喚権を使う事を考えると、シャドールモンスターをセットするのは難しいかもしれません。

召喚権の奪い合いという面から考えると、「召喚獣しょうかんじゅう」と「シャドール」の相性はあまり良くなさそうです。

暴走魔法陣ぼうそうまほうじん」について

暴走魔法陣ぼうそうまほうじん4fb0eedd54d0db3d209498d686d1e34f

フィールド魔法

「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、
その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

(2)の効果は「召喚魔術しょうかんまじゅつ」の発動だけでなく、「影依融合シャドール・フュージョン」の発動もサポートしてくれます。
相手にエクストラデッキから融合されたモンスターが存在する状態でこのカードを発動すれば、確実にデッキから融合素材モンスターを墓地に送る事が出来ます。

シャドールには専用フィールド魔法も無いので、喧嘩もしませんね

訂正いたします。

「シャドール」には専用フィールド魔法が存在しました・・・・・。

 

融合モンスターの打点について

シャドール融合モンスター、召喚獣しょうかんじゅう融合モンスターのどちらも打点が低いです。
なので、「召喚師しょうかんしアレイスター」の効果で補助する必要がありますが、手札に「召喚魔術しょうかんまじゅつ」が無い場合は手札の「召喚師しょうかんしアレイスター」は温存しておきたいところ。

「エルシャドール・ネフィリム」がいてくれれば、打点問題も解決だったのですがね・・・。

終わりに

この二つのテーマの相性は悪くは無いと思いますが、凄く良い!って訳でも無さそうです。

しかし、「影依融合シャドール・フュージョン」と「召喚魔術しょうかんまじゅつ」の相性は良いと思っているので今後の新規カードに期待ですね!地属性と炎属性のの召喚獣融合モンスターを期待したいところ・・・。

全ての召喚獣カードの効果が判明したら、「召喚獣しょうかんじゅうシャドール」を組んでみたいと思います。
その時に記事を書くと思うので、そちらでお会いしましょう・・・!

関連記事:出張セット!簡易融合で出せる「召喚獣」融合モンスター運用方法

関連記事:10月30日追記!相手の墓地と融合!召喚獣ってどんなテーマ?

関連記事:現状評価!実際「召喚獣」って強いの?

 - その他