*

「召喚獣」と組み合わせ易いテーマの特徴について考える

   

今回は「フュージョン・エンフォーサーズ」で登場したテーマ「召喚獣」。

「召喚獣」はメインデッキに入るカードが少ないので、他のテーマと組み合わせる事を前提にしたようなテーマとなっています。

そこで、どんなテーマなら相性が良いのかなどを考察していきます。


スポンサーリンク

召喚権を使わないデッキ、または重視しないテーマ

「召喚獣」を融合召喚するために必要な「召喚魔術」。

「召喚魔術」をサーチするためには「召喚師アレイスター」を通常召喚するか、セットしてリバースする必要があります。

召喚師アレイスター

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcjd

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800

(1):このカードを手札から墓地へ送り、
自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

 

毎ターン「召喚魔術」を使用するためには、毎ターンこのカードを通常召喚する必要があります。

よって、「召喚師アレイスター」に召喚権を毎ターン使うことの出来るテーマ、または召喚権が余りがちなテーマは相性が良いと思います。

沼地の魔神王を有効活用する事が出来るテーマ

沼地の魔神王

51ayovf6rcl-_sl500_

効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 500/守1100

(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):自分メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

 

このカードは融合モンスターにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりに出来る効果と、手札から墓地に捨てる事によってデッキから「融合」を手札に加える効果を持っています。

「召喚獣」モンスターは、「召喚獣エリュシオン」を除き全ての融合素材モンスターに、「召喚師アレイスター」を指定しています。
よって、このカードを「召喚師アレイスター」の代わりとして融合し、「召喚獣」モンスターを融合する事が出来ます。

「召喚魔術」は墓地のモンスターを融合素材として扱うことも出来るので、(2)の効果でデッキから「融合」をサーチした後にも融合素材として有効活用しましょう。

また、このカード自身は水属性なので「召喚獣コキュートス」の融合素材となる事も出来ます。

テーマ内で「融合」魔法カードを扱うテーマなら、「沼地の魔神王」と共に「召喚獣」を出張させる事が出来そうです。


スポンサーリンク

色々な属性を利用するテーマ

「召喚獣」は神属性を除く全ての属性の融合モンスターが存在するので、色々な種類の「召喚獣」で戦うためには、色々な種類のモンスターをデッキに入れる必要があります。

相手の墓地を除外して融合出来るのが「召喚魔術」の強みですが、相手だけに依存している状態では不安定なので、ある程度は自分の墓地から融合素材を調達する必要があります。

「壊獣」は神属性を除く6属性をテーマ内に持っていて、かつ墓地に溜まりやすいモンスター群なので「召喚獣」との相性が良いかもしれません。

g3155594

終わりに

いかがだったでしょうか。

今後もテーマが増え続けると思いますが、その度に「召喚獣」との相性を考えてみるのも面白いかもしれません。


スポンサーリンク

関連記事:出張セット!簡易融合で出せる「召喚獣」融合モンスター運用方法

関連記事:シャドールと召喚獣の相性について考える

関連記事:効果を知っておこう!「召喚獣」ってどんなテーマ?

 

 - その他, 遊戯王 ,