*

「召喚獣」デッキ対策カード3枚紹介、解説!

   

今回の記事では、「召喚獣」デッキの対策カードを3枚ピックアップしてみました。

この3枚は私自身が「召喚獣」デッキを使っていて相手に使われて非常に困ったカード達なので、恐らく「召喚獣」デッキ対策としては有効なカードだと思います・・・(笑)

記事の最後には他の「召喚獣」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方は御覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

コズミックサイクロン

card100034991_1

速攻魔法

(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 

このカードを「召喚魔術」の発動にチェーンして発動し、「召喚魔術」を除外する事によって相手のデッキの動きを大きく鈍らせる事が出来ます。

「召喚魔術」は墓地で発動し、デッキに戻す事によって毎ターン融合を可能とするカードなので、墓地に送らせない事によって再利用を阻止します。

次元障壁

card100038197_1

通常罠

「次元障壁」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。

 

このカードの強力な点は、「暴走魔法陣」が発動されている状況でも発動する事ができる事です。

相手の「召喚魔術」にチェーンして発動すれば、そのまま「召喚魔術」は墓地へ送られ、「召喚師アレイスター」も除外されないのでデッキに戻される事もありません。

それと、「召喚獣」と「十二獣」を組み合わせた「召喚十二獣」デッキなるものも存在しますが、「十二獣モルモラット」がフィールドに展開された時にこのカードを発動しエクシーズを宣言すれば相手はそのまま重ねてエクシーズ召喚を行う事が出来なくなるので、「十二獣」対策としても非常に有効なカードです。

 

王宮の鉄壁

card73705561_1

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードを除外できない。

 

このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードを除外する事ができなくなります。

「召喚魔術」はフィールド・墓地から融合素材を調達する場合、その融合素材をゲームから除外する必要があるので、このカードを発動する事によって相手は手札からしか融合素材を墓地へ送る事ができなくなります。

そして、「召喚師アレイスター」が除外されないという事は「召喚魔術」の再利用も不可能となるので、このカード1枚で「召喚獣」のギミックは崩壊するといっても良いでしょう。

終わりに

いかがだったでしょうか。

「召喚獣」と戦う際のサイドデッキに採用するカードして検討してみてください。


スポンサーリンク

関連記事

「召喚獣」デッキ対策カード3枚紹介&解説!

効果を知っておこう!「召喚獣」ってどんなテーマ?

シャドールと召喚獣の相性について考える

 - その他, 遊戯王 ,