*

効果を知っておこう!「召喚獣」ってどんなテーマ?

   

11月12日発売予定の、「フュージョン・エンフォーサーズ」に収録される融合召喚をメインとするテーマ「召喚獣しょうかんじゅう」について書きます。

ブースターパックのエクシーズテーマ「超量」、シンクロテーマの「PSYフレーム」に続く融合テーマ!



スポンサーリンク

メインデッキモンスター編

召喚師しょうかんしアレイスター

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcjd

効果モンスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800

(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

 

召喚獣しょうかんじゅう」デッキの主人公。これでもかと言うほどに活躍します。

融合モンスターが判明している現在6種類いるのですが、その内の5種類はこのカードを融合素材に指定しています。

そして、融合召喚を行うための「召喚魔術」をサーチする効果も内蔵!

融合したモンスターの打点不足を解消するための効果も内蔵されています。

まさしく、召喚獣を操る召喚師と言った感じの効果です。

魔法・罠カード編

召喚魔術しょうかんまじゅつ

f4aa9727

通常魔法

「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。

(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

 

「召喚師アレイスター」の効果によってサーチが可能な専用融合カード。
召喚獣しょうかんじゅう以外も融合召喚できますが、その場合融合素材は全て手札から墓地に送らなければいけません。
召喚獣しょうかんじゅう融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド、または自分、相手の墓地から融合素材を除外して融合召喚する事も出来ます。
注意したいのは、自分のフィールドから融合素材を使う場合にも除外しなければいけない点ですね。

召喚師しょうかんしアレイスター」の効果でこのカードをサーチして、そのまま「召喚師しょうかんしアレイスター」を融合素材にした場合にはそのまま墓地には送られず除外されてしまいます。

そのデメリットをリカバリーするのが(2)の効果!
除外されている「召喚師しょうかんしアレイスター」を手札に加え、墓地に存在する「召喚魔術しょうかんまじゅつ」をデッキに戻します。
相手の墓地の墓地から融合素材を指定していれば、手札の枚数を変えずに融合モンスターを融合召喚する事が出来ますね~。

そして次のターン、「召喚師しょうかんしアレイスター」の効果で「召喚魔術しょうかんまじゅつ」をサーチして融合召喚を行う事が出来ます。

召喚獣融合モンスターは素材に「光属性モンスター」、「闇属性モンスター」などの属性を指定したものが殆どなので、相手の墓地のモンスターを除外しつつ融合したいところ。


暴走魔法陣

4fb0eedd54d0db3d209498d686d1e34f

フィールド魔法

「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

召喚師しょうかんしアレイスター」をサーチする事が出来るフィールド魔法カード。
このサーチする効果は「ユニオン格納庫」と似ていますね。

このカードで「召喚師アレイスター」をサーチ出来ますが、「召喚師アレイスター」は「召喚魔術しょうかんまじゅつ」をサーチする事が出来るので、実質このカード一枚があれば融合召喚まで繋げる事が出来ます。
このフィールド魔法一枚で多くの役割をこなすので、このカードをサーチできる「テラ・フォーミング」は必須カードになると思います。

また、(2)の効果によってこちらの融合召喚に対して相手は魔法・罠・モンスター効果を発動できないので、妨害もされません。

 

ほう聖典せいてん

せいてn

速攻魔法

「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

自分フィールドの「召喚獣」モンスターをリリースする事で、エクストラデッキの元々の属性が異なる「召喚獣」モンスターを融合召喚扱いとして特殊召喚する事が出来ます。

「召喚獣エリュシオン」の融合素材を墓地に落とす事も出来ますし、バトルフェイズ中に使えば追撃の手段として用いる事も出来ます。

また、破壊や除外の対象となったときにサクリファイスエスケープに使えたりと便利すぎる1枚。

サーチが出来ないとは、発動出来れば大きな活躍を期待できます。


魔法名まほうめいー「大いなる獣ト・メガ・セリオン」-

card100042999_1

通常罠

①:除外されている自分の「召喚獣」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

効果は除外されている「召喚獣」モンスターを任意の数だけ守備表示で特殊召喚するというもの。

決まれば強いが、罠カードでありサーチも効かないので発動する機会は意外と少ない。

相手モンスターを全て除外する事が出来る「召喚獣エリュシオンン」を再利用するのが強力!
また、「召喚獣」モンスターは攻撃力よりも守備力の方が高いモンスターが多く、守備表示で特殊召喚されても壁モンスターとして機能する事が出来ます。


スポンサーリンク

融合モンスター編

召喚獣しょうかんじゅうエリュシオン

f7245278

融合・効果モンスター

星10/光属性/天使族/攻3200/守4000

「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター

このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。

(2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

打点が高いのに対して守備力も驚きの高さ。
そしてイラストのモンスターの下が地球ならとんでもない大きさのモンスターですね・・・。

素材は「召喚獣しょうかんじゅう」モンスターと、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター。
他の「召喚獣しょうかんじゅう」融合モンスターと比較すると素材が重いです。

素材が重い分、効果も迫力のあるものとなっています。

(2)の効果はフリーチェーンで、場か墓地の召喚獣を対象として、そのモンスターと属性が同じ相手モンスターをすべて除外する事が出来ます。
自身を対象にすれば、神属性以外の相手全てのモンスターを除外できます!しかし勿体ないのが、このカード自身も除外されてしまうので再び「召喚魔術しょうかんまじゅつ」の素材に出来ない点ですかね・・・。


召喚獣しょうかんじゅうメルカバー

8b9d59f9

融合・効果モンスター

星9/光属性/機械族/攻2500/守2100

「召喚師アレイスター」+光属性モンスター

(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

このカードは光属性モンスターと召喚師しょうかんしアレイスターを融合素材に指定しています。

モンスター効果・魔法・罠カードが発動した時に同じ種類のカードを捨てることによって、その発動を無効にして除外する効果を持っています。

最近は墓地から除外して発動する魔法・罠カードが多いので、それを防止する事が出来ます。

ただ、モンスター効果を無効にする場合、そのモンスターを除外してしまうので「召喚魔術しょうかんまじゅつ」の相手の墓地のモンスターを融合素材とする効果と効果がかみ合っていません。

また、カウンター罠カード「神の摂理」と似たような効果を持っていますが、こちらはモンスター効果なのでスペルスピードに注意しましょう。


召喚獣しょうかんじゅうカリギュラ

card100042969_1

融合・効果モンスター

星4/闇属性/獣族/攻1000/守1800

「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれのバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。

 

このモンスターは「召喚師しょうかんしアレイスター」と闇属性モンスターを融合素材としています。

闇属性テーマ自体の数が多いですし、墓地を活用するテーマも多いので「召喚魔術しょうかんまじゅつ」の発動で一番融合召喚しやすいモンスターだと思います。

効果としては、モンスター効果の発動回数の制限、そしてバトルするモンスターの数の制限の二つです。

お互いのプレイヤーにこの効果は適用されるので、自分のターンの最後にだして相手にターンを渡すことによって相手に大きなプレッシャーを与える事が出来ます。

打点は低めの印象を受けますが、「召喚師アレイスター」の(1)の効果を発動すればリカバリー出来ます。
攻撃モンスターも一体に限定されているので、このカードを守備表示で特殊召喚していれば攻撃力2800までのモンスターでは破壊されません。

強力なモンスターですが自分のターンには邪魔になるので、「法の聖典」で別の「召喚獣」モンスターに変えましょう。


召喚獣しょうかんじゅうコキュートス

card100042975_1

融合・効果モンスター

星6/水属性/ドラゴン族/攻1800/守2900

「召喚師アレイスター」+水属性モンスター

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、攻撃力の数値を適用してダメージ計算を行う。

 

水属性と「召喚師しょうかんしアレイスター」で融合するモンスター。守備力が非常に高いです。

(2)の効果で守備表示のままで攻撃出来ますが、適用する数値は攻撃力なので戦闘要員として期待するのはちょっと厳しいです。

(1)の対象にならず、効果で破壊されない点から、壁モンスターとして扱うのが良さそう。


召喚獣しょうかんじゅうライディーン

card100042972_1

融合・効果モンスター

星5/風属性/戦士族/攻2200/守2400

「召喚師アレイスター」+風属性モンスター

(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

風属性と「召喚師しょうかんしアレイスター」を融合素材に指定している融合モンスター。

フリーチェーンでフィールドの表側表示のモンスターを裏側守備表示に変更できます。
フィールドの表側表示モンスターなので、自身のモンスターも対象に出来ます。

召喚師しょうかんしアレイスター」の(2)のサーチ効果はリバースした時にも発動するので、このカードの隣に「召喚師しょうかんしアレイスター」がいれば、「召喚師しょうかんしアレイスター」を裏側守備表示にするのも良いですね。

また、「簡易融合」に対応しているモンスターでもあります。

召喚獣しょうかんじゅうメガラニカ

めがにか

岩石族・融合 ATK/3000 DEF/3300

「召喚師アレイスター」+地属性モンスター

 

モンスター効果を持たない「召喚獣」モンスター。

バニラモンスターではあるのですが、他の「召喚獣」モンスターと比べると打点も守備力も高い!

現在は「十二獣」などの地属性テーマも暴れているので比較的相手の墓地を除外しつつ融合出来る融合モンスターなのでは無いのでしょうか。

また、シャドールに出張すれば、打点不足のシャドールの戦力を補う事も出来ますね。

召喚獣プルガトリオ

card100042978_1

星7 炎属性

悪魔族・融合 ATK/2300 DEF/2000

「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター

①:このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。

②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

殺意ましましの「召喚獣」融合モンスター。

相手フィールドのカード1枚につき攻撃力を200ポイントアップします。

ペンデュラムテーマや、「DD」などの永続魔法・罠を多用するテーマが相手なら大きな攻撃力の上昇を期待できます。

またこのカードは相手モンスター全てに攻撃を可能で、しかも貫通ダメージを与えます。

相手モンスターを破壊する度に攻撃力が下がるので、なるべく攻撃力が高いモンスターから攻撃しましょう。

運用方法としては、バトルフェイズに「法の聖典」によって融合召喚すれば相手フィールドのモンスター全てを破壊する事も出来ます(相手フィールドのカードの枚数と攻撃力によりますが・・・)


スポンサーリンク

相性の良いカード

超融合

20150212201524

速攻魔法

このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

素材ゆるゆる融合モンスターのお供。

場に「召喚師しょうかんしアレイスター」が存在すれば相手の場の殆どのモンスターと一緒に融合できます。

相手が闇属性モンスターなら、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」も融合召喚する事もできますね~。


簡易融合

instant-fusion

通常魔法

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

召喚獣しょうかんじゅうエリュシオン」の融合素材が重いため、このカードの発動によりエクストラデッキから「召喚獣しょうかんじゅうライディーン」や「召喚獣しょうかんじゅうカリギュラ」を特殊召喚することによって融合しやすい状況を作ります。
召喚獣しょうかんじゅうライディーン」は効果も使う事が出来るので相性が良いですね。

終わりに

メインデッキに入るモンスターカードは「召喚師アレイスター」のみ、そして他のカードは魔法・罠カードという他のテーマと組み合わせる事が前提のテーマとなっています。

「召喚師アレイスター」に召喚権を使っても問題が無いテーマなら、問題なく組み込めると思います。


スポンサーリンク

関連記事:出張セット!簡易融合で出せる「召喚獣」融合モンスター運用方法

関連記事:シャドールと召喚獣の相性について考える

 - テーマ別解説, 遊戯王 , ,