*

【対策の対策】~「次元障壁」対策カード8枚紹介!~使用方法解説

   

今回の記事では、以前リクエストをいただいた「次元障壁」に対する対策カードを8枚紹介し、各カードの効果と使用方法について解説していきます。

最近のテーマは1つの召喚方法に頼る傾向が強く、「次元障壁」1枚で動けなくなってしまうテーマも多いので、なるべく対策はしておきたいですよね・・。

それと、最後に紹介する3枚はどのデッキでも採用できるカードではないので、自分のデッキと相談してみてくださいね。

カード情報

ナイトショット

ナイトショット

通常魔法

(1):相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを破壊する。
このカードの発動に対して相手は対象のカードを発動できない。

 

相手のセットされている魔法・罠カードを1枚対象にし発動し、破壊する通常魔法カード。

このカードの発動に対して、対象としたカードを発動することはできないので、もし伏せカードが「次元障壁」なら発動をさせずに破壊することが可能です。

弱点としては、相手がスタンバイフェイズに「次元障壁」を発動すればなす術がないという事ですかね・・・・。

トラップ・スタン

トラップスタン

通常罠

このターン、このカード以外のフィールド上の罠カードの効果を無効にする。

 

このカードを発動したターン、このカード以外フィールド上の罠カードの効果を無効化する事ができる通常罠カード。

相手の「次元障壁」に対してチェーンして発動することによって効果を無効化する事ができる上に、そのターンそれ以降の罠カードを恐れなくて済む点も良いですね。

逆に、相手がこのカードに対して発動した罠カードは、チェーン解決時に効果が発動してしまうので、できる限り相手の罠カードに対して発動するようにしましょう。

盗賊とうぞくなな道具どうぐ

盗賊の七つ道具

カウンター罠

(1):罠カードが発動した時、1000LPを払って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

ライフを払う事によって罠カードをの発動を無効にする事ができるカウンター罠カード。

このカードのスペルスピードは3なので、相手の罠カードならどんなカードでも無効にする事ができます。

「神の通告」などの強力なカードも無効化できる点が良いですね。

王宮おうきゅうのお

王宮のお触れ

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。

 

永続罠になった「トラップ・スタン」のような効果を持つカード。

「トラップ・スタン」とは違い永続的に罠カードを無効化する事ができますが、自分も罠カードを発動できない点と、破壊されると効力を失う点が弱点です。

最近は相手ターンにもカードを破壊する「十二獣ドランシア」などが存在するので、永続罠カードであるこのカードを採用するよりは、フリーチェーンで発動できる「トラップ・スタン」の方が良いと思います。

魔宮まきゅう賄賂わいろ

魔宮の賄賂

カウンター罠

(1):相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
相手はデッキから1枚ドローする。

 

相手の魔法・罠カードを無効にすることが出来るカウンター罠カード。

カウンター罠カードなので殆どのカードの効果を無効化する事が可能ですが、相手プレイヤーにカードを1枚ドローさせてしまいます。

ですが、「神の宣告」、「神の通告」、「次元障壁」など1度発動が決まるだけで戦況が大きく変わるカードは相手の手札が1枚増えようが無効にする価値があります。

紫光の宣告者バイオレット・デクレアラー

紫光の宣告者

効果モンスター

星2/光属性/天使族/攻 300/守 500

自分の手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地に送って発動する。
相手の罠カードの発動を無効にし、そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

 

手札からこのカードを天使族モンスターを墓地へ送ることによって、相手の罠カードの発動を無効にする事が可能なモンスターカード。

相手のカード1枚に対してこちらは2枚のカードを消費するのでディスアドバンテージになりがちな点が弱点です。

PSYフレームギア・ε

PSYフレームギア・<ruby>ε<rt>イプシロン</rt></ruby>

特殊召喚・チューナー・効果モンスター

星2/光属性/サイキック族/攻1500/守 0

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。

(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、相手の罠カードが発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

自分フィールド上にモンスターが存在しない状態で相手が罠カードを発動した時に手札で発動し、手札の自身と手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」を1体選んで特殊召喚し、その罠カードの発動を無効にします。

相手の罠カードの発動を無効にしながらフィールドにレベル2のチューナーとレベル6の非チューナーモンスターを並べられるので決まれば強いですが、デッキに「PSYフレーム・ドライバー」を投入しなくてはいけない点と、自分フィールドにモンスターがいない状態という条件からどんなデッキでも投入する事ができるギミックでは無いですね。

薔薇の聖弓手ローズ・アーチャー

薔薇の聖弓手

効果モンスター

星3/地属性/戦士族/攻1000/守 100

自分フィールド上に植物族モンスターが存在し、相手が罠カードを発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

自分フィールドに植物族モンスターが存在し、相手が罠カードを発動した時に、手札からこのカードを墓地へ送ることによってその発動を無効にして破壊する事が出来ます。

また、このカードは戦士族モンスターなので「増援」によってデッキから手札に加える事も一応可能です。

終わりに

「次元障壁」の対策は「次元障壁」という考えもありますね。

相手が「次元障壁」でこちらの行動を妨害するなら、こちらも「次元障壁」を使って相手の行動を妨害してやろうという魂胆です。

まあ相手がエクストラデッキに頼らないデッキだと効果は無いのですがね・・・。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 - その他