*

【通常召喚を不可能に!】「ドン・サウザンドの契約」の効果、運用方法などについて解説

   

今回の記事では、「ドン・サウザンドの契約」の効果解説、そしてデッキに採用する際の運用方法などについて書いていきます。

私は遊戯王ゼアルを1話以降見ていないので詳しいことは分からないのですが、アニメで登場したカードらしいですね~
(後で全部見よ)


スポンサーリンク

カード情報

ドン・サウザンドの契約

8728d8ab

永続魔法

「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。

(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。

(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、
モンスターを通常召喚できない。

 

カード効果解説

発動時の処理として、お互いのプレイヤーはライフを1000ポイント失い、それぞれのプレイヤーがカードを1枚ドローする永続魔法カード。

そして、(2)の効果によって、ドローしたカード及び、(1)の効果でドローしたカードをお互いに公開し続けます。

そして、手札の魔法カードを公開しているプレイヤーはモンスターを通常召喚する事が出来なくなります。

デッキに投入して運用するには

ドローカードとして運用する

このカードはライフを削ってしまいますが、カードを簡単に引く事ができるので、デッキ圧縮のカードとして運用する事が出来ます。

その場合、相手プレイヤーもカードをドローしてしまう点が少し厄介ですね。

こちらはカードを1枚使用し手札を1枚増やしますが、相手プレイヤーはカードを1枚も使用せずに手札が増えるので・・・。

バーンダメージカードとして運用する

相手のライフを単純に1000ポイント減らすカードして運用するのもアリです。

1000ポイントは馬鹿にできない数字ですし、こちらは手札を補充できるので、更なるバーンカードで相手のライフを一気に削りましょう。

通常召喚ロックカードとして運用する

このカードの効果で魔法カードを公開しているプレイヤーはモンスターを通常召喚する事ができなくなります。

ですが、魔法カードを発動するか、魔法カードをセットする、他のカードの効果で墓地に送ってしまうなどすれば通常召喚可能になるという何とも突破が簡単なロックカードです。

通常召喚はデッキの起点となる場合が多いので、なるべく妨害したいところではありますが、このカード1枚では大きな束縛力はありません。

なので、相手のカードのセットを封じる「ダーク・シムルグ」、魔法カードの発動にセットを必要とする「魔封じの芳香」などと組み合わせれば、相手は魔法カードを手札からセットできず、発動も不可能になるため、通常召喚を行う事が不可能になります。

しかし、魔法カードの有無などは相手依存になるので、魔法カードの枚数が少なかったり、そもそも魔法カードを採用していないデッキなどに対しては完全に無力なので、そこまで狙う必要はないのかもしれません。

終わりに

最初に効果を見たときは「チキン・レース」のようなカードだと思いましたが、あちらはフィールド魔法カード。

フィールド魔法というだけで様々な手段で手札に加える事ができるようになりますが、こちらは永続魔法カードです。

もしフィールド魔法なら、専用のデッキを作ってみても面白いかもしれませんが、現状だと素引きに頼るしか無いので少し厳しいですね。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王