*

【遊戯王】「純構築ティンダングル」【デッキレシピ】

      2018/01/14

あけましておめでとうございます。
今年は戌年らしいですね、ということで今回の記事では、管理人が構築したティンダロスの猟犬がモチーフとなっている【ティンダングル】デッキののデッキレシピについて紹介と解説をします。

ガチとか大会用のレシピではないのでそこのところはご了承ください。

まず【ティンダングル】がどんなテーマか分からないという方は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

【遊戯王】5分で分かる「ティンダングル」デッキ【テーマ解説】

■デッキレシピ

メインデッキ(全40枚)

採用カード詳細

モンスターカード(26枚)
魔法カード(10枚)
罠カード(4枚)

エクストラデッキ(全15枚)

採用カード詳細

リンク(15枚)

■このデッキレシピについての備考

基本的な回し方

理想としては【レスキュー・キャット】の効果でデッキの【ライトロード・ハンター・ライコウ】を2体特殊召喚し、その2体のモンスターを素材として【サブテラーマリスの妖魔】をリンク召喚します。

【サブテラーマリスの妖魔】はデッキのリバースモンスターを墓地へ送りつつ手札のモンスターを裏側で展開できるので、墓地肥やしが重要になる【ティンダングル】とは非常に相性が良いです。

リバースデッキという事で展開が遅く、相手の大量に展開されたモンスターに対処するのが大変なために【増殖するG】、【ブラック・ホール】等は3枚ずつ採用しています。

各カードの採用理由について

・【百万喰らいのグラットン】

相手の厄介なモンスターを除去するのに便利なので採用。
また、【闇の誘惑】の除外要員とすることもあります。

・【スケープ・ゴースト】

トークンを生成する壁モンスター、【水晶機巧-ハリファイバー】での特殊召喚要員、【闇の誘惑】の除外要員としての役割があります。

・【ライトロード・ハンター・ライコウ】

【レスキューキャット】の効果でデッキから特殊召喚するために採用しています。

素引きしてしまっても「対象を取らずにカードを破壊し、デッキの上からカードを3枚墓地へ送る」という優秀なリバース効果を持っているので問題ありません。

1枚でも素引きしてしまうと【レスキューキャット】の効果が使えなくなるのが嫌なので3枚採用しています。

終わりに

以上、「純構築ティンダングル」のデッキレシピの紹介と解説でした。

これに加えて採用した方が良いカードとか、減らした方が良いカードとかあったら理由と一緒にコメント欄で教えてくれると嬉しいです。

Twitterのアカウントもあるんで、そっちで言ってもらってもかまいません。

管理人Twitterアカウント

■他の【ティンダングル】に関する記事

【遊戯王】5分で分かる「ティンダングル」デッキ【テーマ解説】

【遊戯王】「ティンダングル」デッキと相性が良いカード【一覧】

■管理人が構築したデッキレシピ一覧

 - デッキレシピ