*

新規カード「常闇の契約書」の効果、運用方法について考える。

   

今回の記事では、「マキシマムクライシス」に収録される事が判明した「常闇とこやみ契約書けいやくしょ」の効果、そして「DD」デッキでの運用方法などについて考察します。

記事の最後には他の「DD」に関する記事へのリンクもあるので、興味のある方はご覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

常闇とこやみ契約書けいやくしょ

(画像は判明次第追加します。)

永続罠

(1):自分のPゾーンに「DD」カードが2枚存在する場合、相手はフィールドのモンスターを魔法・罠カードの効果の対象にできず、アドバンス召喚のリリースにできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。

(2):自分スタンバイフェイズに発動する。自分は1000ダメージを受ける。

 

カード効果考察

(1)の効果について

自分のペンデュラムゾーンに「DD」カードが2枚存在する場合、相手はフィールドのモンスターを魔法・罠・モンスター効果の対象にできず、アドバンス召喚のリリースにもできず、融合・シンクロ・エクシーズ素材とする事すら封じる効果。

まずフィールドのモンスターを対象にする事が出来ないので、自分が展開した「DD」モンスターに疑似的な耐性を与える事が出来ます。

そして次に、アドバンス召喚を封じる効果によって、「帝王」などのアドバンス召喚を主軸としたデッキは壊滅状態まで追い込まれます。

最後に、フィールドのモンスターを融合・シンクロ・エクシーズ素材にする事が出来ないので、融合デッキなら手札から融合するなどをしないと突破が不可能となります。

しかもこれらの効果は相手のみが縛られる効果なので、自分は好き勝手に融合・シンクロ・エクシーズ召喚を行う事が出来ます。

「虚無空間」より発動条件が厳しい分、こちらのカードはデッキからサーチ、墓地からのリクルートなどに対応しているので、「虚無空間」より性質が悪いかも・・・。

(2)の効果は「契約書」カード共通のダメージ効果ですね。

この効果に対しての1000ポイントは安すぎるくらいです。
今すぐにエラッタして「魔神王の禁断契約書」のダメージ量と交換するべきですね。

「DD」デッキでの運用するには

このカードは効果が決まれば非常に強力な効果を発揮しますが、自分のペンデュラムゾーンに「DD」カードが2枚存在している場合にのみ効果を発揮するカードです。

現在の「DD」デッキはペンデュラムゾーンにカードを発動する機会が少なく、たまに「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のペンデュラム効果を発動するくらいです。

または「DD魔導賢者トーマス」のペンデュラム効果の使用などでしょうか。

「常闇の契約書」の効果を無理なく発動させるためには「DD」デッキをペンデュラム召喚軸寄りに組む必要がありそうです。

今まであまり活躍の機会が無かった「闇魔界の契約書」にも光が差すと良いのですが・・・。

card100030451_1

終わりに

「契約書」カードの種類もどんどん増えてきましたね。

永続罠カードの「契約書」カードは罠カードの発動を封じる「誤封の契約書」、フィールドのカードをフリーチェーンで破壊し、自分フィールドの悪魔族の攻撃力を上げる「戦乙女の契約書」などフィールドを制圧する効果を持っていましたが、さらに相手の行動までも制限する「契約書」までもが登場しました。

今後も「契約書」カードが登場するのかは分かりませんが、永続罠の「契約書」カードは相手の行動を制限する効果になりそうですね。


スポンサーリンク

関連記事

新規カード「DDゴースト」の効果、運用方法について考察する。

新規カード「DDD盤石王ダリウス」の効果、運用方法について考察する。

「DDD識慧王トゥーム・コンキスタドール」(アニメ版)効果について考察する。

 - カード評価, 遊戯王 , , ,