*

【またザボルグか】「集いし願い」の評価、運用方法などについて

   

今回の記事では、「20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE」に新規収録される事が判明した「集いし願い」について、運用方法などについて書いてみました。


スポンサーリンク

カード情報

つどいしねが

通常罠

(1): 自分の墓地にドラゴン族Sモンスターが5種類以上存在する場合に発動できる。
エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚し、このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。

(2): 装備モンスターの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族Sモンスターの攻撃力の合計分アップする。

(3): 装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、自分の墓地のドラゴン族Sモンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。

 

カード効果解説

自分の墓地にドラゴン族シンクロモンスターが5種類以上存在する場合に発動可能な通常罠カード。

エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」をシンクロ召喚扱いで特殊召喚し、このカードを装備します。
特殊召喚した「スターダスト・ドラゴン」はターンのエンドフェイズに除外。

また、このカードを装備した「スターダスト・ドラゴン」の攻撃力は墓地に存在するドラゴン族シンクロモンスターの攻撃力分アップします。

元々の攻撃力も2500ポイントと低くないので、爆発的な攻撃力を得る事が可能です。

そして、このカードを装備した「スターダスト・ドラゴン」が戦闘で相手モンスターを破壊する度に、自分の墓地のドラゴン族シンクロモンスターを1体除外する事で相手モンスターに続けて攻撃する事が出来ます。

一度でもダイレクトアタックが決まれば余裕で8000ポイントのライフを削りきる事も出来ます。

またしても「豪雷帝ザボルグ」の出番

このカードの発動条件である、「墓地に5種類のドラゴン族・シンクロモンスター」は普通にシンクロ召喚をしているだけでは満たしづらいです。

ですが、「豪雷帝ザボルグ」の効果を使用する事によって簡単に条件を満たす事が出来ます。

豪雷帝ザボルグ

効果モンスター

星8/光属性/雷族/攻2800/守1000

このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。

(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。
破壊したモンスターが光属性だった場合、その元々のレベルまたはランクの数だけ、お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る。
このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。

●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

 

このカードをアドバンス召喚し、自身を対象とすることで8枚のカードをエクストラデッキから直接墓地へ叩き込む事が出来ます。

その時にドラゴン族シンクロモンスター5体と、「旧神ヌトス」3体を墓地へ送れば、相手の場を荒らしつつ「集いし願い」の発動条件を満たす事が出来ます。

そこで攻撃力を最大限にあげた「スターダスト・ドラゴン」で相手プレイヤーに直接攻撃!できれば強いと思います。

終わりに

決まれば凶悪なコンボですが、「集いし願い」自体のサーチ手段が乏しいので悪用はそこまでされなさそうですね。

「豪雷帝ザボルグ」を使用しない前提だと、このカードを発動するよりシンクロ召喚したモンスターで攻撃した方が早そうなのが少し瑕ですね~。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

記事をSNSなどで拡散してくださると、ブログを書くモチベーションに繋がるのでぜひお願いします!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王