*

「融合」使用テーマ救済フィールド魔法「Fusion Recycling Plant」の効果解説

   

今回の記事では、海外版の「レイジング・テンペスト」に収録されることが判明した「Fusion Recycling Plant」の効果、相性の良いテーマなどについていろいろ考えてみました。

また強力なフィールド魔法が登場しましたね~。


スポンサーリンク

カード情報

Fusion Recycling Plant

953bc8c9

フィールド魔法

(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分のデッキまたは墓地から「融合」1枚を手札に加える。

(2):1ターンに1度、エンドフェイズにこのターン融合召喚に使用され自分の墓地へ送られた融合素材モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

このカードについて解説

デッキから「融合」を手札に加える

このカードの(1)の効果は、1ターンに1度、手札を捨てることによって、デッキ、または墓地から「融合」を手札に加える効果。

「融合」として扱う「置換融合」も手札に加えることができますね。

特に、手札から「捕食惑星」や「捕食植物ドロソフィルムヒドラ」などを墓地へ送りたい「捕食植物」デッキなどとは相性が良さそうです。

融合素材モンスターを手札に加える

このカードの(2)の効果は、1ターンに1度、エンドフェイズにこのターン融合召喚に使用され墓地へ送られた融合素材モンスター1体を手札に加えることができる効果。

ディスアドバンテージになりがちな融合召喚全体をサポートする効果ですね。

正確なテキストが判明するまでは何とも言えませんが、「融合召喚」に使用されたモンスターを手札に加えることができるなら、「影依融合」でデッキから墓地へ送ったモンスターも手札に加えることが可能になりますし、相手ターンに「捕食惑星」の効果で融合素材を墓地へ送った場合、相手ターンのエンドフェイズにも融合素材モンスターを回収することができます。

フィールド魔法なので簡単に手札に加えることができる

このカードはフィールド魔法カードなので、「テラ・フォーミング」の効果によって簡単にデッキから手札に加えることができます。

また、日本で登場する際にどんな名前になるのかは不明ですが、「フュージョン」または「融合」と名前がつけば、「覇王門零」、「捕食植物キメラフレシア」、「捕食植物ダーリング・コブラ」などのカードによって手札に加えることができるようになります。

終わりに

最近は「融合魔法無しで融合召喚だと!?」って感じのカードが多かったので、「融合」魔法自体をサポートするカードの登場はうれしいですね~。

個人的には「捕食植物」との相性が良さそうだと思うので、今度プロキシでデッキに入れて回してみようかと思います。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王