*

殆どの悪魔チューナーをサーチ可能!「風来王 ワイルド・ワインド」効果考察。

   

今回の記事は、「プレミアムパック19」で登場した「風来王ふうらいおう ワイルド・ワインド」についての記事です。

このカードの効果について考察、採用する事が出来るデッキについてなどを書いています。


スポンサーリンク

カード情報

風来王ふうらいおう ワイルド・ワインド

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89

効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300

(1):自分フィールドに攻撃力1500以下の悪魔族チューナーが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したターン、自分はSモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の悪魔族チューナー1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

カード効果考察

(1)の効果によって自分フィールドに攻撃力1500ポイント以下の悪魔族チューナーモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚する事が出来ます。

条件が満たしやすいため特殊召喚しやすいモンスターですが、効果の発動後、自分はエクストラデッキからシンクロモンスターしか特殊召喚出来なくなる制限が発生します。

恐らくこの縛りはエクシーズ召喚へ利用される事を危惧しての対策だと思います。
(レベルも4ですし・・・)

また、墓地に存在するこのカードを除外する事によってデッキから攻撃力1500ポイント以下の悪魔族チューナーモンスターを手札に加える事が可能です。

しかしこの効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使えないため、シンクロ召喚した後すぐにアドバンテージを得る事が出来ない仕組みになっています。

「攻撃力1500ポイント以下の悪魔族チューナーモンスター」

このカードの効果を見ていると、「攻撃力1500以下の悪魔族チューナー」に凄くこだわっているカードですよね。

そこで、このカードによってサーチが可能な「攻撃力1500ポイント以下の悪魔族チューナー」モンスターを調べてみました。

すると殆どの悪魔族チューナーモンスターは攻撃力が1500ポイント以下だったので、殆どの悪魔族チューナーはこのカードの効果によってサーチ可能となっています。
(チューナーモンスターの攻撃力は元々低く設定しているモンスターが多いのもありますね)

このカードの使用者「ジャック・アトラス」の「リゾネーター」モンスターも全てサーチが可能ですし、「赤馬零児」が使用する「DD」チューナーモンスターも全て攻撃力1500ポイント以下なのでサーチが可能です。

他には「魔轟神」、「インフェルニティ」、「彼岸」、「インフェルノイド」などのチューナーモンスターも攻撃力が1500ポイント以下です。

「トラップ・イーター」もサーチする事が出来たら今後流行るかもしれない「王宮の勅命」対策にはもってこいだったのですがね・・・・。

終わりに

私はこのカードをシンクロ召喚軸の「DD」デッキに採用してみようかな、と考えています。

悪魔族チューナーを扱うデッキならどんなデッキでも採用を検討できるカードだと思いますので、現在手元に悪魔族チューナーモンスターを扱うデッキがあるなら是非採用を検討してみてはどうでしょう!


スポンサーリンク

 - カード評価, 遊戯王