*

【遊戯王】「天気(てんき)」デッキに対するメタ・対策方法

      2017/10/15

天気デッキのメタ・対策カード一覧

この記事では、【天気】デッキに対するメタ・対策カードや、プレイングなどを紹介します。

まず【天気】デッキがどんなテーマなのかがわからない人は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

5分で分かる「天気(てんき)」【テーマ解説】

最初に【天気】デッキの弱みについて解説し、その弱みを踏まえた上で対策カードを紹介します。

■【天気】デッキの弱み

1、「除外」に依存した戦術

【天気】モンスターは、【天気模様】カードによって「自身を除外して発動する効果」を得ます。

除外で場からフリーチェーンで離れられるのが【天気】モンスターの強みです。

逆に言えば、「除外」できない状況を作ってしまえば、【天気】デッキは回らなくなります。

天気模様」への依存

【天気】モンスターは【天気模様】カードによってサーチ効果や除去効果を得るため、単体では強力な効果を発動できません。

魔法・罠ゾーンに【天気模様】カードがなければまともに戦えないという事です。

「魔法・罠カード」を除去するカードが【天気】デッキには有効です。

■モンスター除去

海亀壊獣かいきかいじゅうガメシエル

ガメシエル

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

【天気】モンスターの強みは、「フリーチェーンで場から離れられる」点です。
なので、チェーンブロックを組める効果ではなかなか除去できません。

【壊獣】のリリースはチェーンブロックを組まないため、確実に【天気】モンスターを除去できます。

■除外対策

王宮おうきゅう鉄壁てっぺき

王宮の鉄壁

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードを除外できない。

場に存在する限り、「お互いにカードを除外できない」状態にする永続罠カード。

先述の通り、【天気】デッキは「除外」を基本戦術とするため、このカード1枚で完封できます。

■魔法・罠カードの除去

ツインツイスター

ツインツイスター

速攻魔法

(1):手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

手札コスト1枚で、場の魔法・罠カード2枚を除去できる速攻魔法カード。

先述の通り【天気】モンスターは場に【天気模様】カードが無ければバニラモンスター同然となるため、魔法・罠カードの除去が有効です。

中でも汎用性の高い1枚を紹介しましたが、このカードではなくても「魔法・罠カードを除去するカード」であれば大丈夫です。

めない悪夢あくむ

醒めない悪夢

永続罠

「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):1000LPを払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊する。

場の表側表示の魔法・罠カードを、ライフの許す限り破壊し続ける事ができる永続罠カード。
【天気模様】カードが場に現れたら即時破壊する事で、デッキの動きを鈍らせます。

しかし、【雨の天気模様】によってこのカードがバウンスされたり、場に【曇天気スレット】が存在する場合はリカバリーされてしまい、このカードのみでの対策は不可能。


これらのカードの他にも、「魔法・罠カードを破壊」するカードは【天気】デッキに対して有効なので採用すると良いでしょう。

→ 【遊戯王】メインデッキに採用したい汎用カード【魔法・罠除去編】

■帰還対策

増殖するG

増殖するG

効果モンスター  (準制限カード)
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

【天気】モンスターは自身の効果で除外され、「スタンバイフェイズにまとめて帰還する」という性質を持っています。

しかもチェーンブロックを組むため、複数体の【天気】モンスターが除外されている場合、最初の1体に対してこのカードを発動すれば確実に1枚ドローでき、それ以降の【天気】が場に出る度に1枚ドローできます。

相手が特殊召喚を1体で止めればボードアドバンテージを得られ、展開を止めなければこちらはカードアドバンテージを得られます。

■普通に刺さる

拮抗勝負きっこうしょうぶ

拮抗勝負

通常罠

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

【天気】デッキは、「場に永続続魔法・罠カードが並べる」という性質と、「永続魔法・罠カードに相性が良いカードが多い」という2つの性質を持っているため、場に並ぶカードが必然的に多くなります。

そして【天気】デッキは初動が遅いために先行を取る場合多いです。

【拮抗勝負】は「場に出るカードの枚数が多いデッキ」に対して刺さるため、【天気】デッキに対しても有効。

終わりに

以上、【天気】デッキに対するメタ・対策方法でした。

これらの他にもこのテーマに対する弱点やメタカードが御座いましたらコメント欄にて教えてくださると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

5分で分かる「天気(てんき)」【テーマ解説】

【遊戯王】「天気(てんき)」デッキと相性が良いカード【一覧】

 - メタ・対策カード紹介