*

絶対「EMガトリングール」出すマン「EMユーゴーレム」効果考察。

   

今回の記事では「マキシマム・クライシス」に収録される事が判明した「EMガトリングール」について色々書いてみました。

記事の最後に関連する記事などへのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧ください。


スポンサーリンク

カード情報

EMユーゴーレム

ユーゴーレム

ペンデュラム・効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族族/攻1600/守1000

【Pスケール:青1/赤1】

(1):1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
自分の墓地のPモンスターまたは自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から「EM」モンスター、「オッドアイズ」モンスター、「魔術師」モンスターの内いずれか1枚を選んで手札に加える。

【モンスター効果】

(1):このカードがP召喚に成功したターンの自分メインフェイズに1度だけ発動できる。
融合モンスターカードによって決められたこのカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
その際、他の融合素材モンスターはドラゴン族モンスターでなければならない。

 

カード効果解説

ペンデュラム効果について

1ターンに1度、自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる誘発効果を持ち、自分の墓地のペンデュラムモンスター、または自分の自分のエクストラデッキのペンデュラムモンスターの中から、「EM」、「オッドアイズ」、「魔術師」モンスターの内のいずれか1体を選んで手札に加える事が出来ます。

回収範囲が広い上に、エクストラデッキからも手札に戻す事が出来る点が良いですね。

ペンデュラムスケールも1でデメリットも無いので、スケール要因としても優秀です。

モンスター効果について

自身をペンデュラム召喚に成功したターンのメインフェイズという限られたタイミングで発動できる起動効果を持ち、融合モンスターカードによって決められた自身を含む融合素材をフィールドから墓地へ送り、その融合モンスターをエクストラデッキから融合召喚する事が出来ます。

「融合」魔法カードを必要としない融合召喚なので強力な効果ですが、条件として他の融合素材モンスターは「ドラゴン族」である必要があります。

このカードの運用方法について考える

このカードの魅力はやはりモンスターゾーンで発揮される「融合」魔法カード無しでの融合召喚ですよね。

しかし中々条件も厳しく融合召喚する際は「EMユーゴーレム」を使用し、他の融合素材はドラゴン族である必要があります。

現状このカードによって融合召喚したい融合モンスターは以下の2体でしょう。



EMガトリングール

ガトリングール

融合・効果モンスター

星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守 900

「EM」モンスター+レベル5以上の闇属性モンスター

「EMガトリングール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。
このカードがPモンスターを素材として融合召喚していた場合、さらに相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

殺意マシマシのエンタメイト融合モンスター。

「EMユーゴーレム」のモンスター効果を使用してこのカードを融合召喚するには、ペンデュラム召喚した「EMユーゴーレム」の他にレベル5以上の闇属性のドラゴン族モンスターが必要となります。

「EMユーゴーレム」を無理なく採用できるデッキでペンデュラム召喚を用いるテーマで、レベル5以上のドラゴン族を含むテーマ・・・。
そんなの「オッドアイズ」しか無いですよね!

「EMガトリングール」を「EMユーゴーレム」のモンスター効果によって融合召喚したい場合は「オッドアイズ」と混ぜましょう!


 

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

融合・効果モンスター

星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000

トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。

(2):1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

 

「イマコソヒトツニー!!!!」しか最近言ってないユーリくんのドラゴン。

「EMユーゴーレム」は闇属性モンスターなので問題なくこのカードの融合素材とする事が可能です。

「EMユーゴーレム」の効果を使用し「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚するには、ペンデュラム召喚した「EMユーゴーレム」とトークン以外のフィールドの闇属性ドラゴン族モンスターが必要になります。

先ほども述べた「オッドアイズ」はペンデュラム召喚を用いるテーマですし、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を初めとするモンスターは殆どが闇属性なので相性が良いです。

加えて、「マキシマム・クライシス」で登場する「覇王門」、「覇王眷竜」、「覇王龍」などのカードなどを使っても良いです。
「覇王眷竜ダークヴルム」は闇属性のドラゴン族なので「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の融合素材とする事が可能ですし、「覇王門」ペンデュラムモンスターのスケールで問題なく「EMユーゴーレム」もペンデュラム召喚する事が可能です。

「ズァーク」のキャラデッキなら採用してみても良いかもしれませんね。

終わりに

現状では「EM」と「オッドアイズ」を組み合わせたテーマか、「オッドアイズ」デッキでの活躍が期待できそうなカードですね。

他の融合素材はドラゴン族から選ばなくてはいけないという縛りが結構キツい縛りだと思いましたが、縛りが無いと、どの闇属性ペンデュラムデッキでも「EMガトリングール」が出てくる可能性があります。
そう思うとゾッとするので良調整のカードだと思います・・・。

今後レベル5以上のドラゴン族を扱うペンデュラムテーマが登場したらこのカードも価値も上がるかもしれませんね。

それでは、最後まで読んでくださりありがうございました!


スポンサーリンク

関連記事へのリンク

それなりの制約があるよ「覇王門零」、「覇王門無限」効果考察、運用方法について解説

殺意のエンタメ!「EMガトリングール」を評価、運用方法について考察する。

 - カード評価, 遊戯王 ,