*

あけまして十二獣「十二獣クックル」の評価、運用方法について考察。

   

みなさん明けましておめでとうございます(出遅れた)

今年は酉年ということで、今回の記事では「十二獣クックル」についての記事を書こうと思います。

記事の最後には他の「十二獣」に関する記事へのリンクも貼ってあるので、興味のある方はご覧下さい。


スポンサーリンク

カード情報

十二獣じゅうにししクックル

クックルw

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻800/守1200

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

モンスター効果解説

自身が戦闘・効果によって破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カードを1枚をデッキに戻す効果。

(2)の効果は、「十二獣」モンスター共通効果である、自身をエクシーズ素材としている獣戦士エクシーズモンスターに追加効果を与える効果。

与える効果は、そのエクシーズモンスターを対象とする相手モンスーの効果が発動したとき、エクシーズ素材を1つ取り除く事によって、その発動を無効にする効果。

現在まで、自身を対象にして発動した罠カードを無効にする「十二獣ラム」、自身を対象にして発動した魔法カードを無効にする「十二獣ラビーナ」と似た効果ですね。

戦闘を行ったモンスターを除外する「十二獣ヴァイパー」も存在するので、これらのカードをエクシーズ素材にした「十二獣」モンスターを処理するのは骨が折れそうです・・。

十二獣デッキでの運用方法について考察

このカードを通常召喚し、エクシーズ素材を複数持った「十二獣ドランシア」を展開するだけでもモンスター効果への耐性を持たせる事ができるのは強力だと思います。

しかし、(1)の戦闘・効果で破壊され場合に発動する効果は少し扱いずらい印象を受けます。

墓地の「十二獣」モンスターを手札に加える効果ならまだ使いやすかったのですが、デッキに戻すとなると「ダイガスタ・エメラル」の方が枚数を多くデッキに戻せるうえにドローも可能なので、主に使用する効果は(2)の効果になりそうです。

終わりに

「十二獣」はまだ新規カードが登場するのが確定しているようなものなので、どんなカードが来るのか楽しみですね~。

個人的には新たなエクシーズモンスターが登場すると睨んでいるのですが、どうでしょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク

他の「十二獣」に関する記事へのリンク集

「十二獣」対策カード4枚紹介、そして使用方法解説!

 

 - カード評価, 遊戯王 ,