*

全カードまとめて解説「十二獣」ってどんなテーマ?

   

今回は「レイジング・テンペスト」で登場した「十二獣じゅうにしし」がどんなテーマであるのか、各カード1枚ずつ解説していきたいと思います。

 



スポンサーリンク

どんな特徴を持っているか

テーマ内のモンスターは全て地族性・獣戦士族モンスターで構成されており、メインデッキに入るモンスター全てのレベルが4で、ランク4エクシーズモンスターを並べる事に特化したテーマです。

また、それぞれがエクシーズ素材となった場合にそのエクシーズモンスターに固有の効果を付与する効果を持っています。
以下がメインデッキに入る「十二獣じゅうにしし」モンスターの共通効果です。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●(固有の効果)

本来、エクシーズモンスターは同じレベルのモンスターを2体以上展開しないと特殊召喚できませんが、「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターは1体のモンスターでもエクストラデッキから重ねてエクシーズ召喚を行う事が出来ます。

なので、テーマ内で複数体のモンスターを展開することに特化した「RR」や「BK」などの他のエクシーズテーマとは根本的に違う動きをします。

また、「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターの攻撃力・守備力は定まっておらず、エクシーズ素材のモンスターの攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値となります。

以下が「十二獣」エクシーズモンスターの共通効果となっています。

「十二獣~~~」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

 

それでは、メインデッキの「十二獣じゅうにしし」モンスター効果から解説していきます。

メインデッキ十二獣じゅうにししモンスターカード編

十二獣じゅうにししモルモラット

card100041229_1

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻 0/守 0

(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

 

召喚時にデッキから「十二獣じゅうにしし」カードを墓地に送る効果を持っています。

基本的には墓地で発動する事ができる「十二獣の方合」などを墓地へ送ります。
また、墓地の「十二獣じゅうにしし」モンスターをエクシーズ素材とすることができる「十二獣じゅうにししタイグリス」のために「十二獣じゅうにしし」モンスターを墓地に送るのも良いですね。

(2)の効果は、このカードが獣戦士エクシーズモンスターのエクシーズ素材となっている場合に、効果を付与する効果。

1ターンに一度エクシーズ素材と一つ取り除き、手札・デッキから「十二獣じゅうにししモルモラット」を特殊召喚する事ができます。

この効果が強力で、展開した「十二獣じゅうにししモルモラット」から更なるエクシーズモンスターへと繋げる事が出来ます。

しかしこのカードの攻撃力は0なので、このカードをエクシーズ素材としても「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターの攻撃力は上昇しないので注意しましょう。

十二獣じゅうにししサラブレード

card100041163_1

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻1600/守 0

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「十二獣」カード1枚を捨て、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

召喚・特殊召喚に成功した場合に、手札の「十二獣じゅうにしし」カードを捨て、デッキからカードを1枚ドローする手札入れ替えの効果を持っています。

墓地へ送ったモンスターは「十二獣じゅうにししタイグリス」の効果などによってエクシーズ素材にしましょう。

また、このカードをエクシーズ素材としている獣戦士族エクシーズモンスターに、相手の守備表示モンスターを攻撃した場合、貫通ダメージを与える効果を付与する事が出来ます。

このカードの攻撃力は1600ポイントあるので、「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターの攻撃力を上げるカードとしても活躍できますし、貫通効果とも相性が良いです。

十二獣じゅうにししヴァイパー

card100041319_1

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守 400

(1):自分フィールド上の獣戦士族Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターを除外する。

 

手札・フィールドに存在するこのカードを獣戦士エクシーズモンスターのエクシーズ素材とする事が出来る効果を持っています。
また、この効果はフリーチェーンで発動できる効果です。

使用方法としては、このカードで相手プレイヤーに攻撃した後に「十二獣じゅうにしし」エクシーズ素材とすれば、そのモンスターの攻撃力を上昇させた後に追撃する事が出来ます。

他には「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターが戦闘を行う場合に、手札に存在するこのカードをエクシーズ素材とすれば相手の不意を突き相手モンスターを返り討ちにする事も出来ますね。

(1)の効果には発動回数の制限が無いので、手札に複数枚あれば全てをエクシーズ素材とし大幅な攻撃力の上昇を狙う事も出来ますね。

そしてこのカードをエクシーズ素材としている獣戦士族エクシーズモンスターに、戦闘を行った相手モンスターをダメージ計算後に除外する効果を付与します。

十二獣じゅうにししラビーナ

card100041316_1

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻 800/守 800

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラビーナ」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●このカードを対象とする相手の魔法カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1枚取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 

戦闘・効果で破壊された場合に、墓地の「十二獣じゅうにしし」カードを手札に加える事ができます。

しかし、相手に破壊されるのを待っているのでは発動のタイミングが遅いので、能動的に使用するなら「十二獣じゅうにしし会局かいきょく」や「ゾディアックSサイン」の効果を使用しましょう。

またこのカードをエクシーズ素材としている獣戦士族エクシーズモンスターに、このカードを対象とする相手の魔法カードの発動を、エクシーズ素材と一つ取り除くことで無効にする効果を与えます。

十二獣じゅうにししラム

card100041322_1

効果モンスター

星4/地属性/獣戦士族/攻 400/守2000

(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣ラム」以外の自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

(2):このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

●このカードを対象とする相手の罠カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 

十二獣じゅうにししラビーナ」と同じく、戦闘・効果での破壊をトリガーとして発動する効果で、墓地から「十二獣じゅうにしし」モンスターを特殊召喚する事が出来ます。

このカードも効果を上手く使いたいなら、「十二獣じゅうにしし会局かいきょく」や「ゾディアックSサイン」を使用しましょう。

またこのカードをエクシーズ素材として持っている獣戦士エクシーズモンスターに、このカードを対象とした罠カードが発動したとき、エクシーズ素材と一つ取り除いてその発動を無効にする効果を付与します。


スポンサーリンク

十二獣じゅうにししエクシーズモンスター編

十二獣じゅうにししブルホーン

card100041199_1

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?

レベル4モンスター×2

「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

1ターンに1度、同名カード以外の「十二獣じゅうにしし」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚する事も出来ますが、レベル4のモンスター2体でもエクシーズ召喚する事が出来ます。

(1)の効果は「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスター共通の攻撃力・守備力の増減効果。

そして(2)は1ターンに1度エクシーズ素材を一つ取り除き、デッキから通常召喚が可能な獣戦士族モンスターを手札に加える事が出来る効果!

十二獣じゅうにしし」モンスターは全て獣戦士族モンスターなので、デッキから好きな「十二獣」モンスターを手札に加える事が出来ます。

十二獣じゅうにしし」モンスターではなくても、幅広いモンスターをサーチ可能なので汎用ランク4モンスターとして活躍する事も可能です。

十二獣じゅうにししタイグリス

card100041355_1

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?

レベル4モンスター×3

「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。
その「十二獣」モンスター1体をそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

このカードも同名カード以外の「十二獣じゅうにしし」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚する事が出来ます。
この効果を使わない場合はレベル4のモンスターが3体必要ですが、素材を揃えるのが大変なので、主にこのカードの効果で重ねてエクシーズ召喚します。

例によって(1)の効果は「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスター共通の攻撃力・守備力の増減効果。

(2)の効果はエクシーズ素材を一つ取り除き、フィールドのエクシーズモンスター1体と墓地の「十二獣じゅうにしし」モンスターを対象とし、対象のエクシーズモンスターの下にその「十二獣じゅうにしし」モンスターを重ねてエクシーズ素材とする事が出来る効果。

少しややこしいですが、簡単に言うと墓地の「十二獣じゅうにしし」モンスターを再びエクシーズ素材として活用する事が出来る効果です。

状況に合わせた「十二獣じゅうにしし」モンスターを墓地から選ぶ事が出来るので強力です。

十二獣ドランシア

ドラン氏

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?

レベル4モンスター×4

「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

このカードも他のカード同様に、1ターンに1度同名以外の「十二獣じゅうにしし」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚する事も出来ます。

(1)の効果は「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスター共通の攻撃力・守備力の増減効果。(n回目)

(2)は1ターンに1度エクシーズ素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカードを対象として破壊する事が出来る効果。
しかも相手ターンにも発動する事が出来ます。

表側表示のカードしか破壊できませんが、このカードの出しやすさとフリーチェーンでの発動できる点を考えるとお釣りが来る性能です。

十二獣ワイルドボウ

card100041262_1

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/地属性/獣戦士族/攻 ?/守 ?

レベル4モンスター×5

「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

(2):このカードは相手に直接攻撃できる。

(3):持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。

 

このカードは素材が重すぎて、もはや重ねてエクシーズ召喚する事が前提のカードです。

他の「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスター達とは違い、相手プレイヤーに直接攻撃する事が出来る効果を持っています。

そして、相手に戦闘ダメージを与えた時にこのカードのエクシーズ素材が12枚以上だと相手の手札・フィールドのカードを全て墓地に送る事が出来ます。

その後自身を守備表示にします。

決まれば派手な効果ですが、エクシーズ素材が12以上というのは少し厳しい条件なので、発動の機会は少ないと思います。(今後の新規カード次第では分かりませんが)

魔法カード編

十二獣じゅうにしし会局かいきょく

かいきょく

永続魔法

「十二獣の会局」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「十二獣」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

(1)の効果によって、フィールドの表側表示のカードを破壊しデッキから「十二獣」モンスターを特殊召喚する事が出来ます。

破壊するカードはこのカード自身を破壊してもデッキから「十二獣」モンスターを特殊召喚する事が出来るので、このカード1枚が手札にあればモンスターを展開する事が出来ます。

(2)の効果はこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に、このカードを自分フィールドの「十二獣」エクシーズモンスターのエクシーズ素材とする効果。

「十二獣」エクシーズモンスターの打点アップに繋げる事は出来ませんが、それぞれの「十二獣」エクシーズモンスターの効果発動のコストとする事が出来ます。

ゾディアックSサイン

card100041367_1

フィールド魔法

(1):自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの攻撃力が一番高い獣戦士族モンスター以外の自分の獣戦士族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。

(3):1ターンに1度、自分フィールドの「十二獣」モンスターが効果で破壊される場合、その「十二獣」モンスター1体の代わりに自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊できる。

 

(1)は自分フィールドの「十二獣」モンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップする効果。
最近のフィールド魔法には必ずと言っていいほど搭載されている効果ですね。

(2)の効果は、自分フィールドの攻撃力が1番高い獣戦士族モンスター以外の獣戦士族モンスターへの攻撃を不可能にする効果。

攻撃力を1体の「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターへ集中させれば相手に大きなプレッシャーを与える事が出来ますね。

(3)の効果は1ターンに1度「十二獣じゅうにしし」モンスターが効果で破壊される場合に、そのモンスターの代わりに自分の手札・フィールドのモンスターを破壊する事が出来る効果。

十二獣じゅうにししラビーナ」や「十二獣じゅうにししラム」などを破壊すれば効果の発動のトリガーにする事が出来ます。

罠カード編

十二獣じゅうにしし方合ほうごう

card100041391_1

通常罠

(1):自分フィールドの「十二獣」Xモンスター1体を対象として発動できる。
デッキから「十二獣」モンスター1体を選び、そのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣」カード5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

(1)の効果は自分フィールドの「十二獣じゅうにしし」エクシーズモンスターを対象とし、デッキから「十二獣じゅうにしし」モンスター1体をそのエクシーズモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする効果!

十二獣じゅうにしし」モンスターはエクシーズ素材となっている「十二獣じゅうにしし」モンスターの攻撃力・守備力それぞれを合計した値になるので、このカードの発動によって攻撃力を上げる事が出来る上、それぞれの効果を付与する事も出来ます。

(2)の効果は墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「十二獣じゅうにしし」カードを5枚対象としデッキに加えてシャッフルし(同名カードは1枚まで)、デッキからカードを1枚ドローする効果。

十二獣じゅうにしし」モンスターは次々にエクストラデッキから特殊召喚され墓地へ送られていくので発動の機会は多いです。
しかし、同名カードは1枚までしか戻せないので「十二獣じゅうにししモルモラット」などの展開の起点となるカードは「貪欲な壺」などによって回収しましょう。

終わりに

アニメではよく使われる「このカードは1体で2体分のエクシーズ素材にできる!!!」を平気で行っているテーマ。

元ネタは干支だと思うので新規カードは約束されているようなものですね。
現在判明しているカードだけでも十分強いので、どんな新規カードが来るのか少し興味があります。

現在は様々なテーマに出張要因として活躍しているこのテーマ、次回の記事では「十二獣じゅうにしし」を出張させるならどうするかについての記事を書きます。


スポンサーリンク

関連記事

 - テーマ別解説, 遊戯王 ,