【遊戯王】汎用リンク2モンスター【一覧】

汎用リンクモンスター

この記事では、様々なデッキに採用できる汎用リンク2モンスターを紹介します。

エクストラデッキにリンク2のリンクモンスターを採用する際の参考にしてみてください。

■モンスター2体でリンク召喚可能なモンスター

ここではトークンを含むモンスター2体でリンク召喚可能なモンスターを紹介します。

リンクルベル

リンクルベル

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/天使族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体

このカードのリンク召喚は自分のEXデッキの枚数が相手よりも3枚以上多い場合にしか行えない。

相手のよりエクストラデッキの枚数が3枚以上多い場合にしかリンク召喚できないという召喚ルール効果を持つため、他のリンクモンスターに比べると扱いづらさが目立つカード。

LANランフォリンクス

LANフォリンクス

リンクモンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体

効果は何も持ちませんが、素材の縛りが一切なく自分フィールドにマーカーが2つ向いている点が優秀。

スペース・インシュレイター

スペース・インシュレイター

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体

(1):このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は800ダウンする。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにサイバース族リンクモンスターがリンク召喚された時に発動できる。
そのモンスターのリンク先となる自分フィールドにこのカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはリンク素材にできず、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

(1)の効果はこのカードのリンク先のモンスターの攻守を800ダウンする永続効果。

(2)の効果はサイバース族のリンクモンスターがリンク召喚された時に発動可能な誘発効果で、そのリンク先に墓地の自身を蘇生します。

蘇生後は自身をリンク素材にできないため、他の方法で活用する必要があります。

プロキシー・ドラゴン

プロキシー・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:左/右】
モンスター2体

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

自分の場のカードが破壊される場合に、代わりに自身のリンク先のモンスターを破壊できる永続効果を持ちます。

セキュリティ・ドラゴン

セキュリティ・ドラゴン

リンクモンスター
リンク2/光属性/サイバース族/攻1100
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードが相互リンク状態の場合に相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

自身が相互リンク状態の場合に1度だけ相手の場のモンスター1体を対象として発動できる起動効果を持ち、対象としたモンスターを手札に戻します。

リプロドクス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/恐竜族/攻 800
【リンクマーカー:上/下】
モンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●種族を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。
●属性を1つ宣言して発動できる。
このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。

モンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は、2つの効果の内の1つを選択して発動可能な起動効果で、効果は以下の2つとなります。

  • 種族を1つ宣言して発動できる。
    このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。
  • 属性を1つ宣言して発動できる。
    このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。

リンク先のモンスターの種族または属性を変更します。

限られた種族・属性でのリンク召喚やその他をサポート可能。

■効果モンスター2体でリンク召喚可能なモンスター

ここでは「効果モンスター2体」を素材としたリンクモンスターを紹介します。

コード・トーカー

コード・トーカー

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

自身の攻撃力をリンク先のモンスターの数×500ポイントアップする永続効果に加え、リンク先にモンスターが存在する限り自身に戦闘及び効果破壊耐性を付与する永続効果を持ちます。

アンダークロックテイカー

アンダークロックテイカー

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体

(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

リンク先の表側表示モンスターと相手の場の表側表示モンスターの2体を対象として発動できる起動効果を持ち、対象とした相手モンスターの攻撃力を自分の場の対象としたモンスターの攻撃力分だけダウンします。

■トークン以外のモンスターをリンク素材に指定したモンスター

バイナル・ソーサレス

バイナル・ソーサレス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/サイバース族/攻1600
【リンクマーカー:左/右】
トークン以外のモンスター2体

(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復する。
●2体:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスター2体の内1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体の攻撃力をアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

自身と相互リンク状態であるモンスターの数によって効果を順次に得るモンスター。

1体以上の場合は自身と相互リンクしているモンスターが相手モンスターとの戦闘によって相手にダメージを与えた場合にそのダメージ分のライフを回復する誘発効果、2体の場合は相互リンク先のモンスターの攻撃力の半分をもう一方の相互リンク先のモンスターにターン終了時まで譲渡する誘発即時効果を使用可能になります。

■【トロイメア】モンスター

ここでは「カード名が異なるモンスター2体」という素材縛りを持った【トロイメア】モンスターを3体紹介します。

【トロイメア】を解説した記事も書いてるので、気になる方はこちらの記事からどうぞ

【遊戯王】5分で分かる「トロイメア」デッキ【テーマ解説】

トロイメア・フェニックス

トロイメア・フェニックス

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/悪魔族/攻1900
【リンクマーカー:上/右】
カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。

リンク召喚成功時に手札を1枚捨てる事で相手の場の魔法・罠カード1枚を破壊できる誘発効果を持ちます。
効果の発動時に相互リンク状態だった場合は更にデッキからカードを1枚ドロー可能。

また、自身が場に存在する限り自分の場の相互リンク状態のモンスター全体に戦闘破壊耐性を付与する永続効果を持ちます。

トロイメア・ゴブリン

トロイメア・ゴブリン

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/悪魔族/攻1300
【リンクマーカー:左/右】
カード名が異なるモンスター2体

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、自分はデッキから1枚ドローできる。
自分は通常召喚に加えて1度だけ、このターンのメインフェイズにこのカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果の対象にならない。

リンク召喚成功時に手札を1枚捨てて発動可能な誘発効果を持ち、そのターン通常の召喚権に加えて自身のリンク先にモンスターを召喚する事が可能となります。
また、この効果の発動時に相互リンク状態だった場合はデッキからカードを1枚ドロー可能。

また、自身が場に存在する限り自分の場の相互リンク状態のモンスター全体に対象耐性を付与します。

トロイメア・ケルベロス

トロイメア・ケルベロス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/悪魔族/攻1600
【リンクマーカー:上/左】
カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。

リンク召喚成功時に手札を1枚捨てて相手の場のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる誘発効果を持ち、対象としたモンスターを破壊します。
この効果の発動時に自身が相互リンク状態だった場合は更にデッキからカードを1枚ドロー可能。

また、自身が場に存在する限り自分の場の相互リンク状態のモンスターに対して効果破壊耐性を付与します。

■特定の「レベル」をリンク素材に指定したモンスター

彼岸ひがん黒天使くろてんし ケルビーニ

彼岸の黒天使 ケルビーニ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル3モンスター2体

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。
(2):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。
(3):デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

レベル3のモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身のリンク先のモンスターに効果破壊耐性を付与する永続効果。

(2)の効果は自身が戦闘または効果で破壊される場合に代わりに自分の場のカード1枚を墓地へ送る事ができる永続効果。

このカードの攻撃力は500しか無いため、この効果を使用しても貫通する戦闘ダメージには注意。

(3)の効果はデッキからレベル3のモンスターをコストとして墓地へ送りフィールドの【彼岸】モンスター1体を対象として発動可能な起動効果で、対象とした【彼岸】モンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで墓地へコストとして送ったレベル3モンスターの攻撃力・守備力分アップします。

このカード自身を対象としてこの効果を発動する事もできます。
自身の打点を強化しつつデッキの好きなレベル3モンスターを墓地へ送る事が可能。

このカードが属する【彼岸】の解説記事も書いているので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

【遊戯王】5分で分かる「彼岸(ひがん)」デッキ【テーマ解説】

■「種族」と「属性」をリンク素材に指定したモンスター

ここでは「属性」や「種族」をリンク素材に指定したリンクモンスターを紹介します。

暴走召喚師ぼうそうしょうかんしアレイスター

暴走召喚師アレイスター

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
種族と属性が異なるモンスター2体

(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「魔法名-「大いなる獣」」1枚を手札に加える。

種族と属性がそれぞれ異なるモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身が場か墓地に存在する限り【召喚師アレイスター】として扱う永続効果。

【召喚獣】モンスターを融合召喚する場合に自身を融合素材として活用する事が可能。

(2)の効果は自身が場に存在する場合に融合モンスターが融合召喚された場合に発動可能な誘発効果で、手札を1枚捨ててデッキから【召喚魔術】または【法の聖典】1枚をサーチします。

(3)の効果は自身がフィールドから相手の効果によって離れた場合に発動できる誘発効果で、デッキから【魔法名-「大いなる獣」】1枚をサーチします。

このカードが属するカテゴリである【召喚獣】の解説を行った記事もあるので気になる方はこちらからどうぞ。

【遊戯王】5分で分かる「召喚獣(しょうかんじゅう)」デッキ【テーマ解説】

アカシック・マジシャン

アカシック・マジシャン

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1700
【リンクマーカー:上/下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

トークンを除く同じ種族のモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身がリンク召喚に成功した場合に強制発動する誘発効果で、自身のリンク先のモンスターを全て手札に戻します。

(2)の効果はカード名を1つ宣言して発動可能な起動効果で、自身と相互リンクしているモンスターのリンクマーカーの合計分だけデッキの上からカードをめくり、宣言したカードがあった場合は手札に加え、それ以外のカードは墓地へ送ります。

宣言したカードが手札に加えられなかった場合でも墓地肥やしを行える点が優秀。

星杯神楽せいはいかぐらイヴ

星杯神楽イヴ

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体

(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

種族と属性が異なるモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身がリンク状態の場合は自身に対して戦闘・効果破壊耐性、対象耐性を付与する永続効果。

リンク状態であれば非常に場持ちが良いリンクモンスターとなります。

(2)の効果は自身のリンク先のモンスターが効果で破壊される場合に、代わりに自身を墓地へ送ることができる永続効果。

■ペンデュラム召喚をサポートするリンクモンスター

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

ペンデュラムモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身がリンク召喚に成功した場合に発動可能な誘発効果で、デッキからペンデュラムモンスター1体を選びエクストラデッキに加えることができます。

(2)の効果は1ターンに1度自分の場の表側表示のカード1枚を対象として発動できる効果で、そのカードを破壊し、更にエクストラデッキのペンデュラムモンスター1体を手札に加えます。

この効果によって(1)の効果でエクストラデッキに送ったペンデュラムモンスターを擬似的にサーチ可能。

(3)の効果は自分のペンデュラムゾーンのカードがフィールドから離れた場合に強制発動する誘発効果で、デッキからカードを1枚ドローします。

(2)の効果で自分の場のペンデュラムカードを破壊すれば能動的にこの効果の発動を狙うことができます。

また、このカードが属する【メタルフォーゼ】を解説した記事もあるので気になる方はこちらもどうぞ。

【遊戯王】5分で分かる「メタルフォーゼ」デッキ【テーマ解説】

■シンクロ召喚をサポートするリンクモンスター

水晶機巧クリストロン-ハリファイバー

水晶機巧-ハリファイバー

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

チューナーを含むモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身がリンク召喚に成功した場合に発動可能な誘発効果で、手札またはデッキからレベル3以下のチューナーモンスター1体をそのターン効果を使用できない状態かつ守備表示で特殊召喚します。

特殊召喚したモンスターから更なるリンク召喚やリンク召喚を狙っても良いですし、場に存在するだけで機能する【幽鬼うさぎ】などを展開するのも良いでしょう。

(2)の効果は相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに自身を除外して発動できる誘発即時効果で、エクストラデッキからチューナーのシンクロモンスター1体をシンクロ召喚扱いで特殊召喚します。

この効果で特殊召喚できるモンスターは以下のリンクからチェック可能。

遊戯王オフィシャルカードゲームデータベース

■リンクモンスターをリンク素材に指定したモンスター

ダブルバイト・ドラゴン

ダブルバイト・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1500
【リンクマーカー:上/下】
リンクモンスター2体

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材としたモンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リンクモンスター以外のモンスターの効果を受けず、リンクモンスター以外のモンスターとの戦闘で破壊されない。

リンクモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は自身の攻撃力を自身のリンク素材としたモンスターのリンクマーカーの合計×300ポイントアップする永続効果。

より多くのリンクマーカーを持つモンスターを素材とする事で高い攻撃力を得られます。

(2)の効果はこのカードが場に存在する限り、自身はリンクモンスター以外のモンスター効果を受けず、リンクモンスター以外オンモンスターとの戦闘で破壊されないという永続効果。

リンク版の【始祖竜ワイアーム】のような効果となっています。

リンク召喚を扱わないデッキに対しては強力なモンスターとして機能するでしょう。

終わりに

以上、汎用リンク2モンスターでした。

他にもこのカードが汎用リンク2モンスターだと思うカードが御座いましたらコメント欄で教えてくださると嬉しいです。

★併せて読みたい記事

【遊戯王】汎用トークン生成カード【リンク召喚サポート】

【遊戯王】「汎用リンク1モンスター」を紹介、解説【一覧】

【遊戯王】「汎用リンク3モンスター」を紹介、解説【一覧】

【遊戯王】「汎用リンク4モンスター」を紹介、解説【一覧】

【リンク召喚】を主軸として戦うテーマ一覧

コメント