【遊戯王】「純構築不知火(しらぬい)」【デッキレシピ】

【デッキレシピ】

今回の記事では「純構築不知火」のデッキレシピについて紹介と解説をします。

ガチとか大会用のではなく、管理人の好みで構築しています。

まず【不知火】がどんなテーマか分からないという方は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

【遊戯王】5分で分かる「不知火(しらぬい)」【テーマ解説】

■デッキレシピ

メインデッキ(全40枚)

採用カード詳細

モンスターカード(26枚)
魔法カード(8枚)
罠カード(6枚)

エクストラデッキ(全15枚)

採用カード詳細

シンクロ(10枚)
エクシーズ(1枚)
リンク(4枚)

■このデッキレシピについての備考

このデッキのコンセプト

他のテーマを混ぜずに【不知火】カードで戦いたい

■各カードの採用理由について

封印ふういん黄金櫃おうごんひつ

封印の黄金櫃

通常魔法

(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

通常魔法カード。
デッキからカードを1枚選んで除外し、発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に除外したカードを手札に加える効果を持ちます。

手札に加えるのを目的にしている訳ではなく、デッキの好きなカードを除外するのを主な目的にしています。

【不知火】モンスターを除外することで、【不知火】モンスターの除外された際に発動する誘発効果の発動を狙います。

また、次に紹介する【ジャイアント・レックス】を除外する場合もあります。

ジャイアント・レックス

ジャイアント・レックス

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻2000/守1200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は、除外されている自分の恐竜族モンスターの数×200アップする。

(2)の効果は、このカード自身が除外された場合に発動可能な誘発効果で、このカードを特殊召喚します。

除外されれば効果を発動できるため、【封印の黄金櫃】でこのカードをデッキから除外すればそのままこのカードを特殊召喚することができます。

召喚権を使用せずに展開できるレベル4モンスターとして採用しています。

水晶機巧クリストロン-ハリファイバー

水晶機巧-ハリファイバー

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

チューナーを含むモンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

(1)の効果は、このカード自身がリンク召喚に成功した場合に発動可能な誘発効果で、手札またはデッキのレベル3以下のチューナーモンスター1体を特殊召喚します。

このデッキでは【妖刀-不知火】や、【幽鬼うさぎ】を中心にフィールドに特殊召喚します。

特に【幽鬼うさぎ】はフィールドでも効果を発揮できるため、先行で取り敢えず展開しておくモンスターとして優秀。

【水晶機巧ーリオン】を展開して、相手ターンでのシンクロ召喚を狙うこともあります。

また、【不知火流 燕の太刀】の発動コストとしてアンデット族のチューナーを調達することも可能。

(2)の効果は、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカード自身を除外して発動可能な誘発即時効果で、エクストラデッキからシンクロチューナーモンスター1体をシンクロ召喚扱いで特殊召喚します。

このデッキではお決まりの【TG ワンダー・マジシャン】や【瑚之龍】、または次に紹介する【シューティング・ライザー・ドラゴン】を特殊召喚します。

シューティング・ライザー・ドラゴン

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベルの分だけこのカードのレベルを下げる。
このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及び同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

(1)の効果は、このカード自身がシンクロ召喚に成功した場合に発動可能な誘発効果で、このカードよりレベルの低いモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げます。

レベル変動効果も強力ですが、メインとするのは墓地肥やし効果。
この効果でデッキのモンスターであれば任意のモンスターを1体墓地へ送ることができるため、【馬頭鬼】、【妖刀ー不知火】等のモンスターを墓地へ送ります。

■このデッキの基本的な回し方

【不知火の隠者】が最初に引けていれば、召喚して自身をリリースして【ユニゾンビ】をデッキから特殊召喚し、【水晶機巧ーハリファイバー】の展開へと繋げます。

【牛頭鬼】や【ユニゾンビ】を引いていた場合は、デッキから【ゾンビキャリア】を墓地へ送ることで【水晶機巧ーハリファイバー】のリンク召喚へと繋げられます。

中盤は墓地の【妖刀ー不知火】などを素材としてシンクロ召喚を行ったりして闘うのが基本的な戦術となります。

終わりに

以上、「純構築不知火」のデッキレシピの紹介と解説でした。

これに加えて採用した方が良いカードとか、減らした方が良いカードとかあったら理由と一緒にコメント欄で教えてくれると嬉しいです。

Twitterのアカウントもあるんで、そっちで言ってもらってもかまいません。

管理人Twitterアカウント

■併せて読みたい記事

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード【一覧】

【遊戯王】5分で分かる「不知火(しらぬい)」【テーマ解説】

【遊戯王】「不知火(しらぬい)」デッキと相性が良いカード【一覧】

■管理人が構築したデッキレシピ一覧

コメント