【遊戯王】汎用リンクモンスター【まとめ】

この記事は2018年11月12日に更新されました

はじめに

『汎用性の高いリンクモンスターについての情報が知りたい』

『エクストラモンスターを多く展開したいが、リンク先が確保できない』

『多くのモンスターを展開できるが、採用するリンクモンスターが思いつかない』

この記事はそんな方へ向けて書かれたエクシーズモンスター紹介記事です。

特に汎用性の高い、デッキを選ばずに採用できるリンク1から4までのリンクモンスターを紹介します。

目次をタップすれば、そのリンク別にモンスターを見つけやすくなっていますので、ぜひ活用してください。

■【汎用リンク1モンスター】

リンク・スパイダー

リンク・スパイダー

【地属性/サイバース族/リンク/効果】

通常モンスター1体

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。


ATK/1000   LINK-1

[amazonjs asin=”B06XTWS233″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 ST17-JP043 リンク・スパイダー (スーパーレア)”]

リンク素材:通常モンスター1体

通常モンスターに加えてトークンもリンク素材として調達できます。

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。

この効果で更にモンスターを展開し、次のリンク召喚へと繋げられます。

マーカーも下に向いているため、次の展開へと繋がるリンクモンスターであると言えます。

リンクリボー

リンクリボー

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

レベル1モンスター1体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールド上のレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


ATK/300   LINK-1

[amazonjs asin=”B074NRHH48″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 最強ジャンプ9月号 新品未使用リンクリボーノーマルパラ”]

リンク素材:レベル1モンスター1体

レベル1モンスターであればリンク素材にできる破格の緩さ。

(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。

相手モンスター1体の攻撃をこの効果で無力化できます。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールド上のレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

「レベル1モンスターをリリースする」という容易な条件で墓地から蘇生できます。

リンク召喚の素材として「効果モンスター」や「リンクモンスター」が必要な場合にレベル1のトークン等をリリースしてこのカードを特殊召喚したり、フリーチェーンでこの効果を使用できるため、壁モンスターとしての役割も果たせます。

リンクマーカーが下に向いているため、展開をサポートできるリンクモンスターでもあります。

サクリファイス・アニマ

【闇属性/魔法使い族/リンク/効果】

トークン以外のレベル1モンスター1体

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。


ATK/0   LINK-1

[amazonjs asin=”B07CKSVF1T” locale=”JP” title=”遊戯王 WJMP-JP028 サクリファイス・アニマ”]

リンク素材:トークン以外のレベル1モンスター1体

【リンクリボー】とは違い、トークンはリンク素材に使用できません。

(1):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。

サクリファイス系のモンスター恒例の相手モンスターを装備する効果ですが、このカードはこのカードのリンク先のモンスターしか対象に取ることができません。

相手フィールドのモンスターを対象に取りたい場合、それなりの工夫をする必要があります。

(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。

元々の攻撃力は0ポイントなので、この効果で攻撃力の強化を狙います。

副話術士ふくわじゅつしクララ&アンドルーシカ

副話術士クララ&ルーシカ

【地属性/魔法使い族/リンク効果】

通常召喚されたモンスター1体

このカードのリンク召喚はメインフェイズ2でしか行えない。


ATK/0   LINK-1

[amazonjs asin=”B076FCVFYR” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/副話術士クララ&ルーシカ(スーパーレア)/エクストリーム・フォース”]

リンク素材:通常召喚されたモンスター1体

リンク素材の指定としては破格の緩さですが、モンスター効果での誓約が少し重いのが難点。

このカードのリンク召喚はメインフェイズ2でしか行えない。

リンクマーカーは上に伸びているため、展開を補助することも難しいです。

このカードを採用する場合は、「魔法使い族」である事を活かしたいところ。

【遊戯王】「魔法使い族」汎用サポートカード【一覧】
この記事では「魔法使い族」のモンスターをサポートする効果を持ったモンスター・魔法・罠カードをそれぞれ紹介します。 また、「魔法使い族」のモンスターを素材とした融合・シンクロ・エクシーズ・リンクモンスター等もあれば紹介します。 「魔法...

■【汎用リンク2モンスター】

LANランフォリンクス

LANフォリンクス

【光属性/サイバース族/リンク】

モンスター2体


ATK/1200   LINK-2

[amazonjs asin=”B07813L1XP” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/LANフォリンクス(ノーマルパラレル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-“]

リンク素材:モンスター2体

効果を持ちませんが、非常に緩いリンク素材でリンク召喚することが可能。

また、自身がエクストラモンスターゾーンに展開された際、リンクマーカーが全て自分フィールドに向いているのも強み。

プロキシー・ドラゴン

プロキシー・ドラゴン

【光属性/サイバース族/リンク/効果】

モンスター2体

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。


ATK/1400   LINK-2

[amazonjs asin=”B071RDXMG3″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 プロキシー・ドラゴン ウルトラレア VJMP-JP131 Vジャンプ”]

リンク素材:モンスター2体

【LANフォリンクス】と同じリンク素材でリンク召喚可能。

リンクマーカーは左右に伸びているため、メインモンスターゾーンに出したいモンスター。

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

【ハーピィの羽根帚】のように複数枚のカードが破壊されてしまう場合であっても、この効果を使用すればモンスター1体の破壊で済みます。

セキュリティ・ドラゴン

セキュリティ・ドラゴン

【光属性/サイバース族/リンク/効果】

モンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードが相互リンク状態の場合に相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。


ATK/1100   LINK-2

[amazonjs asin=”B076Q1PRVC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/VJMP-JP139/セキュリティ・ドラゴン/ウルトラレア/Vジャンプ12月号付録”]

リンク素材:モンスター2体
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードが相互リンク状態の場合に相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

相互リンク状態であれば、ノーコストで相手フィールドのモンスターをバウンスできます。

このバウンス効果の使用は1度きりなので、場に維持するのではなくリンク召喚の中継ぎとしての役割を持ちます。

トロイメア・フェニックス

トロイメア・フェニックス

【炎属性/悪魔族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。


ATK/1900   LINK-2

[amazonjs asin=”B078YXR4DX” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トロイメア・フェニックス レア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp046″]

リンク素材:カード名が異なるモンスター2体

名前が異なればどんなモンスターでもリンク素材として使用可能。

トークンもリンク素材できます。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。

自身のリンク召喚時限定で、手札コスト1枚でフィールドの魔法・罠カードを破壊できます。

効果の発動時にこのカードが相互リンク状態ならデッキからカードを1枚ドローできるため、相互リンク状態でのリンク召喚なら実質ノーコストで相手フィールド上の魔法・罠カードを除去できます。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。

自分フィールドの相互リンク状態のモンスター全体に戦闘破壊耐性を付与します。
攻撃力の低いリンクモンスターは相手のサンドバックにされかねないので少し注意が必要かも。

トロイメア・ゴブリン

トロイメア・ゴブリン

【風属性/悪魔族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、自分はデッキから1枚ドローできる。
自分は通常召喚に加えて1度だけ、このターンのメインフェイズにこのカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果の対象にならない。


ATK/1300   LINK-2

[amazonjs asin=”B078YXPLQX” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トロイメア・ゴブリン スーパーレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp044″]

リンク素材:カード名が異なるモンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、自分はデッキから1枚ドローできる。
自分は通常召喚に加えて1度だけ、このターンのメインフェイズにこのカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。

召喚権を増やせるため、召喚時に効果を発動するモンスターを多く採用しているデッキとは相性が良いです。

リンクマーカーは左右に伸びているため、この効果を使用するためには、このカードをメインモンスターゾーンにリンク召喚する必要があります。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果の対象にならない。

自分フィールド上の相互リンク状態のモンスター全体に効果対象耐性を付与します。

トロイメア・ケルベロス

トロイメア・ケルベロス

【地属性/悪魔族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。


ATK/1600   LINK-2

[amazonjs asin=”B078YYJXM7″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トロイメア・ケルベロス レア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp045″]

リンク素材:カード名が異なるモンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。

【トロイメア・フェニックス】とは対照的にモンスターを破壊する効果を持ちますが、「メインモンスターゾーンに特殊召喚されたモンスター」しか破壊できない点に注意。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。

自分フィールドの相互リンク状態のモンスター全体に効果破壊耐性を付与します。

コード・トーカー

コード・トーカー

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。


ATK/1300   LINK-2

[amazonjs asin=”B075GV3N83″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/コード・トーカー(ノーマル)/リンクモンスターGET! キャンペーン”]

リンク素材:効果モンスター2体
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

エクストラモンスターゾーンにこのカードを展開し、リンク先に2体のモンスターが揃えば最大1000ポイント攻撃力を強化可能。

ただし、このカードをエクストラモンスターゾーンに展開した際、1つのリンクマーカーは相手フィールドに向いているため、最大値の強化はあまり期待できません。

(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

このように、このカードは【セキュリティ・ドラゴン】のようにリンク召喚の中継ぎのような役割ではなく、場に維持することを目的としたモンスター。

アンダークロックテイカー

アンダークロックテイカー

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体

(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。


ATK/1000   LINK-2

[amazonjs asin=”B076DSL6TY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 / アンダークロックテイカー(スーパーレア) / EXFO-JP039 / EXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)”]

リンク素材:効果モンスター2体
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

戦闘をサポートする効果。

リンクマーカーはエクストラモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンでも有効に扱えるため、この効果は基本的に腐りません。

ペンテスタッグ

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、リンク状態の自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。


ATK/1600   LINK-2

[amazonjs asin=”B07BNXQ52G” locale=”JP” title=”遊戯王/第10期/スターターデッキ/ST18-JP042 ペンテスタッグ【スーパーレア】”]

リンク素材:効果モンスター2体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、リンク状態の自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

自分フィールドのリンク状態のモンスター全体に貫通効果を付与します。

アカシック・マジシャン

アカシック・マジシャン

【闇属性/魔法使い族/リンク/効果】

トークン以外の同じ種族のモンスター2体

自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。


ATK/1700   LINK-2

[amazonjs asin=”B073S2NXX8″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 / アカシック・マジシャン(スーパーレア) / CIBR-JP051 / CIRCUIT BREAK(サークット・ブレイク)”]

リンク素材:トークン以外の同じ種族のモンスター2体
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

このバウンス効果は強制発動する誘発効果のため、自分のモンスターをバウンスしたくない場合はリンク先の自分フィールドを空けておく必要があります。

また、【壊獣】や【トーチ・ゴーレム】のような、使いまわしたい相手フィールド上に特殊召喚されるモンスターを、あらかじめこのカードをリンク召喚するリンクマーカーの先に特殊召喚しておくのも良いでしょう。

(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

宣言したカードが手札に加えられなかった場合でも、墓地肥やしを行える点が優秀。

水晶機巧クリストロン-ハリファイバー

水晶機巧-ハリファイバー

【水属性/機械族/リンク/効果】

チューナー1体以上を含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。


ATK/1500   LINK-2

[amazonjs asin=”B0784H3JQZ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/水晶機巧-ハリファイバー(ウルトラレア)/LINK VRAINS PACK”]

リンク素材:チューナー1体以上を含むモンスター2体

チューナーを採用していないデッキでは展開できませんが、昨今のデッキは殆んどがチューナーを採用しているため(手札誘発も含む)、このカードは出しやすくなっています。

仮に採用していないとしたら、下記の記事で汎用的なチューナーモンスターを調べられるので参考にしてみてください。

【遊戯王】汎用チューナーモンスター【一覧】
この記事は2018年11月6日に更新されました はじめに 『汎用性の高いチューナーモンスターについての情報が知りたい』 『デッキに新たにチューナーモンスターを採用し、シンクロ召喚のギミックを取り入れたい』 この記事はそんな方...
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

ノーコストでデッキから新たなチューナーモンスターを展開できます。

特殊召喚されたチューナーはそのターン限定で効果を発動できませんが、シンクロ・リンク素材等の素材として使用することは可能。

また、【幽鬼うさぎ】のような相手ターンであってもフィールドで役割を果たせるモンスターを特殊召喚するのも良いでしょう。

[amazonjs asin=”B079QGF4WW” locale=”JP” title=”幽鬼うさぎ アルティメットレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp008″]

 

(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

シンクロチューナーモンスターには優秀なモンスターが多いため、デッキに合ったモンスターを採用すると良いでしょう。

採用率が高いシンクロチューナーは以下の通り。

[amazonjs asin=”B06WLHKVPS” locale=”JP” title=”遊戯王OCG フォーミュラ・シンクロン ノーマルパラレル 20AP-JP080-P 遊☆戯☆王ARC-V 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE”]

[amazonjs asin=”B079Q91RHG” locale=”JP” title=”TG ワンダー・マジシャン スーパーレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp027″]

[amazonjs asin=”B07BKNVBZK” locale=”JP” title=”遊戯王 シューティング・ライザー・ドラゴン ウルトラレア VJMP-JP146 Vジャンプ”]

[amazonjs asin=”B01DZHEXTI” locale=”JP” title=”遊戯王OCG 瑚之龍 ウルトラレア TDIL-JP051-UR 遊戯王アーク・ファイブ ザ・ダーク・イリュージョン”]

■【汎用リンク3モンスター】

トラフィックゴースト

トラフィックゴースト

【闇属性/サイバース族/リンク】

モンスター3体


ATK/1800   LINK-3

[amazonjs asin=”B07813Z1CK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/トラフィックゴースト(ノーマルパラレル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-“]

リンク素材:モンスター3体

素材の指定は緩いですが要求数が多いリンクモンスター。

効果を持ちませんが、リンクマーカーが全て自分フィールドへ向いているのが強み。

パワーコード・トーカー

パワーコード・トーカー

【炎属性/サイバース族/リンク/効果】

モンスター3体

(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。


ATK/2300   LINK-3

[amazonjs asin=”B07816BRF3″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/パワーコード・トーカー(ウルトラレア)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-“]

リンク素材:モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

厄介な永続効果等を持つモンスター効果を無効化できます。

(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

この効果を使用すれば、攻撃力4600までのモンスターをこのカードで戦闘破壊できるようになります。

スリーバーストショット・ドラゴン

スリーバーストショット・ドラゴン

【闇属性/ドラゴン族/リンク/効果】

トークン以外のモンスター2体以上

(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。


ATK/2400   LINK-3

[amazonjs asin=”B076FBDK77″ locale=”JP” title=”遊戯王/スリーバーストショット・ドラゴン(ウルトラレア)/エクストリーム・フォース”]

リンク素材:トークン以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

光属性の戦闘をサポートする【オネスト】、墓地へ送られた時に効果を発動する【彼岸】、【閃刀姫ーレイ】の墓地効果、リバース効果など、様々なカード効果に刺さります。

(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

貫通効果。

守備表示の下級モンスターを扱うデッキに対して強いです。

(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。

リンク2以下であればリンクモンスターを蘇生できます。

また、「ドラゴン族」を扱うデッキであれば追加的に手札の「ドラゴン族」を展開できるため、そのまま次のリンク召喚へと繋げるのも良いでしょう。

トライゲート・ウィザード

【地属性/サイバース族/リンク/効果】

トークン以外のモンスター2体以上

(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。

●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。


ATK/2200   LINK-3

[amazonjs asin=”B071H28DQ9″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 SD32-JP042 トライゲート・ウィザード (ウルトラレア)”]

リンク素材:トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。

リンクしててるモンスターの数が増えるほど追加的に、より強力な効果を得ます。

●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

【オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン】に似た超過した戦闘ダメージを2倍にする効果。

●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

毎ターン、ノーコストで相手フィールドのカードを除外できます。

●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

毎ターン、1ターンに1度、ノーコストでカードの効果を無効化できます。

特に2体、3体のモンスターと相互リンクしている時の効果が強力なので、2体以上の相互リンクを狙えるデッキに採用したいところ。

デコード・トーカー

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体以上

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。


ATK/2300   LINK-3

[amazonjs asin=”B06XT8GKWN” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王OCG デコード・トーカー ウルトラレア ST17-JP041-UR 遊戯王VRAINS STARTER DECK 2017″]

リンク素材:効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

元々の攻撃力も低くなく、強化できる数値の値も大きいため、リンク先のモンスターの数によってはアタッカーとしての活躍が期待できます。

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

カバーできる範囲が非常に広いため、積極的にこのカードのリンク先にモンスターを展開したいところ。

トポロジック・トゥリスバエナ

トポロジック・トゥリスバエナ

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体以上

(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。


ATK/2500   LINK-3

[amazonjs asin=”B078YYQ338″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トポロジック・トゥリスバエナ ウルトラレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp036″]

リンク素材:効果モンスター2体以上
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

リンク先のモンスターと魔法・罠カードを一気に除去できる効果。

永続魔法カードや罠カードを中心にプレイするデッキに対して大きなプレッシャーを与えられます。

条件を満たせば強制発動する誘発効果なので、相手がこのカードのリンク先にモンスターを展開すれば、相手が任意のタイミングでこの効果を発動できます。

その点には少し注意が必要かもしれません。

ライトロード・ドミニオン キュリオス

ライトロード・ドミニオン キュリオス

【光属性/戦士族/リンク/効果】

同じ属性で種族が異なるモンスター3体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。


ATK/2400   LINK-3

[amazonjs asin=”B077QFJ47Q” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王/ライトロード・ドミニオン キュリオス(ウルトラレア)/LINK VRAINS PACK”]

リンク素材:同じ属性で種族が異なるモンスター3体
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。

任意のカードを墓地へ送ることができます。

、た、この効果は(2)の発動条件も満たす事になります。

(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

(1)の効果と合わせて、このカードをリンク召喚するだけで合計4枚のカードを墓地へ送ることができます。

(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

墓地のカードなら任意のカードを手札に加えられるため、(1)の効果で、手札に加えたいカードをあらじめ墓地へ落としておくというのも良いでしょう。

トロイメア・ユニコーン

トロイメア・ユニコーン

【闇属性/悪魔族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。


ATK/2200   LINK-3

[amazonjs asin=”B078YZ27YY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トロイメア・ユニコーン スーパーレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp047″]

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。

手札コストが必要ですが、相手フィールドのカード1枚をデッキバウンスで除去できます。

また、相互リンク状態ならこの効果の発動コストで失った手札も回復できます。

このカードが属する【トロイメア】の解説をした記事もあるので気になる方はこちらの記事もどうぞ。

【遊戯王】5分で分かる「トロイメア」デッキ【テーマ解説】
 ★最初に 今回の記事では【トロイメア】の解説を行います。 記事の最後には【剛鬼トロイメア】のデッキレシピの記事があるので、気になる方は参考にしてみてください。 ■【トロイメア】についての概要 メインデッキのモンスターに...
星杯戦士せいはいせんしニンギルス

【地属性/戦士族/リンク/効果】

リンクモンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。


ATK/2500   LINK-3

[amazonjs asin=”B071XY9JPC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王OCG 星杯戦士ニンギルス ウルトラレア COTD-JP050-UR CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)”]

リンク素材:リンクモンスター2体以上
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。

除去したいカードを対象に取らずに墓地へ送ることができるため、除去方法として非常に優秀。

■【汎用リンク4モンスター】

ファイアウォール・ドラゴン

ファイアウォール・ドラゴン

【光属性/サイバース族/リンク/効果】

モンスター2体以上

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。


ATK/2500   LINK-4

[amazonjs asin=”B06ZZRSTCD” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王OCG ファイアウォール・ドラゴン ウルトラレア COTD-JP043-UR CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)”]

リンク素材:モンスター2体以上

トークンをもリンク素材に使用でき、モンスター2体以上という非常に緩いリンク素材でリンク召喚可能。

(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードと相互リンクしているモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

1度限りの効果とはいえ、フリーチェーンで自分または相手のフィールド、または墓地のモンスターをバウンスという非常に強力な効果。

自分のアドバンテージを稼いだり、相手のプレイを妨害したりなど用途は様々です。

リンクマーカーも上下左右に伸びているため、相互リンクしやすいのも強み。

(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

この効果には発動回数が設けられていないため、条件を満たせば1ターン中に何度でも手札のモンスターを特殊召喚できます。

鎖龍蛇さりゅうじゃ-スカルデット

鎖龍蛇-スカルデット

【地属性/ドラゴン族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体以上

(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。


ATK/2800   LINK-4

[amazonjs asin=”B076FB4YYL” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 / 鎖龍蛇-スカルデット(ウルトラレア) / EXFO-JP048 / EXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)”]

リンク素材:カード名が異なるモンスター2体以上

リンク素材は【ファイア・ウォール・ドラゴン】よりも少しキツめですが、それでも緩い素材指定です。

(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。

リンク素材としたモンスターの数が多いほど強力な効果を発揮します。

●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。

強化する値は少ないですが、ノーリスクでリンク先のモンスターの攻撃力を永続的に強化できます。

強制発動する効果なので、相手がこのモンスターのリンク先にモンスターを特殊召喚すれば、そのまま相手モンスターの攻撃力・守備力を上昇させてしまう点には注意。

●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。

レベルなどの指定も特になく、手札のモンスターをフィールドに特殊召喚できます。

●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

最大の素材数を使用しなければ発動できない効果ですが、最終的には手札を1枚増やすことができる優秀な効果です。

闇鋼龍くろがねりゅう ダークネスメタル

【闇属性/ドラゴン族/リンク/効果】

同じ種族・属性の効果モンスター2体以上

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターを特殊召喚できない。


ATK/2800   LINK-4

[amazonjs asin=”B07CRX7C74″ locale=”JP” title=”遊戯王/プロモーション/VJMP-JP148 闇鋼龍 ダークネスメタル【ウルトラレア】”]

同じ種族・属性の効果モンスター2体以上

テーマデッキであれば種族と属性が統一されている場合が多いので、比較的リンク召喚しやすいでしょう。

(1):自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターを特殊召喚できない。

ノーコストでモンスターをリンク先に墓地から蘇生、または除外から帰還させることができますが、「特殊召喚したモンスターの効果の無効化」、「フィールドを離れた場合はデッキに戻る」、「効果の発動後はターン終了時までリンクモンスターを特殊召喚できない」など、様々な誓約を持つのが難点。

トポロジック・ボマー・ドラゴン

トポロジック・ボマー・ドラゴン

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体以上

(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。


ATK/3000   LINK-4

[amazonjs asin=”B071XY6WB2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王OCG トポロジック・ボマー・ドラゴン ウルトラレア COTD-JP046-UR CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)”]

リンク素材:効果モンスター2体以上

トークンはリンク素材にできませんが、比較的緩いリンク素材と言えるでしょう。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。

強制発動する効果にしては中々癖の強い効果。

相手ターン中でも自分のモンスターをこのカードのリンク先に展開し、意図的にこの効果を発動し、相手フィールドのメインモンスターゾーンのモンスターを破壊したりすることもできます。

(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

(1)の効果の性質上、フィールドにモンスターを展開するのが難しいですが、このカード単体でも相手のライフを十分に削れる性能があります。

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

【闇属性/サイバース族/リンク/効果】

効果モンスター2体以上

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。
その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。
(2):このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。
相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨てる。
この効果で相手の手札が0枚になった場合、さらに相手に3000ダメージを与える。


ATK/3000   LINK-4

[amazonjs asin=”B07D14471R” locale=”JP” title=”遊戯王 CP18-JP043 トポロジック・ガンブラー・ドラゴン (日本語版 ウルトラレア) コレクターズパック2018″]

リンク素材:効果モンスター2体以上

【トポロジック・ボマー・ドラゴン】と同じリンク素材でリンク召喚できます。

(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
自分は手札を任意の枚数ランダムに捨てる(最大2枚)。
その後、捨てた数だけ相手は手札を選んで捨てる。

自分も手札を捨てなくてはなりませんが、相手の手札も同時に減らすことができます。

(2)の効果を強化する役割もあります。

(2):このカードがEXリンク状態の場合に発動できる。
相手は手札を2枚まで可能な限り選んで捨てる。
この効果で相手の手札が0枚になった場合、さらに相手に3000ダメージを与える。

(1)の効果で手札が減っている状況で発動すれば、3000ダメージを与えられる確率も上がります。

発動条件が「EXリンク時」と限定的なので、リンクモンスターの展開に難が無いデッキに採用したいところ。

ヴァレルロード・ドラゴン

ヴァレルロード・ドラゴン

【闇属性/ドラゴン族/リンク/効果】

効果モンスター3体以上

(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。


ATK/3000   LINK-4

[amazonjs asin=”B073S81C5C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 / ヴァレルロード・ドラゴン(アルティメットレア) / CIBR-JP042 / CIRCUIT BREAK(サークット・ブレイク)”]

リンク素材:効果モンスター3体以上

リンク4モンスターで効果モンスター3体以上を素材とするため、中々に重いリンク素材です。

(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。

単純な耐性ですが、モンスター除去をモンスター効果に頼っているデッキに対しては、攻撃力も高いため、かなり厄介なモンスターになるでしょう。

(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

フリーチェーンでモンスターの攻撃力・守備力を下げられるため、戦闘面で相手にプレッシャーを与えたり、自分の戦闘を補助します。

チェーンを封じる効果も搭載されているため、相手の発動タイミングを逃させることもプレイによっては可能です。

(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

対象を取らずにコントロールを得るため、大抵のモンスターはこの効果でコントロールを奪えます。

コントロールを奪ったモンスターはそのまま追撃にしたり、メインフェイズ2にリンク素材として活用したりできます。

ヴァレルソード・ドラゴン

【闇属性/ドラゴン族/リンク/効果】

効果モンスター3体以上

(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。


ATK/3000   LINK-4

[amazonjs asin=”B07CC9J91N” locale=”JP” title=”遊戯王 / ヴァレルソード・ドラゴン(ウルトラレア)/ CYHO-JP034 / CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)”]

リンク素材:効果モンスター3体以上

【ヴァレルロード・ドラゴン】と同じ重いリンク素材を要求します。

(1):このカードは戦闘では破壊されない。

【ヴァレルロード・ドラゴン】の効果破壊耐性とは対称的に、こちらは戦闘破壊耐性を持ちます。

(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示にする。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

守備表示にならないリンクモンスターは対象に取れませんが、フリーチェーンでモンスターの表示形式を変更できるのは便利。

また、2回攻撃も攻撃力3000のこのカードからしたら恩恵が大きいです。

チェーンを封じる効果も持つため、【ヴァレルロード・ドラゴン】と似た戦法が取れます。

(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。

(1)の効果で2回攻撃が可能な状況であれば、この効果を1ターン中に2回まで使用でき、大抵のモンスターを戦闘で突破できます。

ヴァレルガード・ドラゴン

【闇属性/ドラゴン族/リンク/効果】

効果モンスター3体以上

(1):このカードは効果では破壊されない。
(2):1ターンに1度、自分の魔法&罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このターンに破壊され自分または相手の墓地へ送られたモンスター1体を選び、
効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。


ATK/3000   LINK-4

[amazonjs asin=”B07D14TTFW” locale=”JP” title=”遊戯王 CP18-JP044 ヴァレルガード・ドラゴン (日本語版 スーパーレア) コレクターズパック2018″]

リンク素材:効果モンスター3体以上

【ヴァレルロード・ドラゴン】や【ヴァレルソード・ドラゴン】と同じリンク素材。

(1):このカードは効果では破壊されない。

【ヴァレルロード・ドラゴン】と同じ効果破壊耐性を持ちます。

(2):1ターンに1度、自分の魔法&罠ゾーンのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このターンに破壊され自分または相手の墓地へ送られたモンスター1体を選び、効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。

発動コストが必要な効果ですが、条件を満たした相手モンスターも自分フィールドに蘇生できるのが珍しく、強力な効果です。

(3):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

フリーチェーンでモンスターの表示形式を表側守備表示に変更できます。

リバースモンスターを主体とするデッキに採用するのも良いでしょう。

トロイメア・グリフォン

【光属性/悪魔族/リンク/効果】

カード名が異なるモンスター2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
そのカードはこのターン発動できない。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。


ATK/2500   LINK-4

[amazonjs asin=”B078YYC9TV” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”トロイメア・グリフォン ウルトラレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp048″]

リンク素材:カード名が異なるモンスター2体以上

カード名が異なるだけで良いので、緩いリンク素材であると言えます。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
そのカードはこのターン発動できない。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。

墓地の好きな魔法・罠カードをセットできるため、【おろかな副葬】等でデッキの任意の魔法・罠カードを意図的に墓地に落としておくのも良いでしょう。

[amazonjs asin=”B07BC7VPX6″ locale=”JP” title=”遊戯王/第10期/ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-/SR06-JP026 おろかな副葬”]

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。

このカード自身もこの効果の影響を受けるため、(1)の効果を使用するためにはこのカードを何らかのモンスターのリンク先に特殊召喚する必要があります。

このカードが属する【トロイメア】の解説記事も上げているので、気になる方はこちらの記事もチェック。

【遊戯王】5分で分かる「トロイメア」デッキ【テーマ解説】
 ★最初に 今回の記事では【トロイメア】の解説を行います。 記事の最後には【剛鬼トロイメア】のデッキレシピの記事があるので、気になる方は参考にしてみてください。 ■【トロイメア】についての概要 メインデッキのモンスターに...

おわりに

以上、ランク1から4までの汎用性の高いリンクモンスター一覧でした。

これらのモンスターの他にも該当するモンスターがございましたらコメント欄にて教えていただけると助かります。

コメント