【遊戯王】汎用「ドローソース」カード【一覧】

汎用ドローソースカード

★【ドローソース】とは?

デッキからカードをドローする効果を持ったカード。

この記事では汎用性の高く、様々なデッキに採用できるドローソースカードから、色々な誓約を持つ代わりに強力な効果を持ったドローソースなども紹介します。

■【壺】カード

強欲ごうよく貪欲どんよくつぼ

強欲で貪欲な壺

通常魔法

「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

デッキの上からカードを裏側表示で10枚除外し、デッキからカードを2枚ドローできるカード。

結果だけ見れば1枚のカードを消費して2枚のカードを得ているのでアドバンテージを得られますが、デッキの10枚ものカードを、再利用の難しい「裏側表示」で除外するので、デッキにキーカードが眠っている場合はそのまま全て除外されるリスクがあります。

なので、デッキのキーカードを他のカードでサーチした後発動するなどのプレイを心がけましょう。

強欲ごうよく謙虚けんきょつぼ

強欲で謙虚な壺

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。

発動ターンモンスターを特殊召喚できないという誓約を持った通常魔法カード。
デッキの上からカードを3枚めくり、好きなカード1枚を手札に加える事ができます。

この効果は正確にはドロー効果ではないですが、ドローソースカードと役割が近いのでこの記事で紹介しました。
特殊召喚を多用しないデッキに採用したい1枚。

貪欲どんよくつぼ

貪欲な壺

通常魔法

(1):自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

自分の墓地のモンスター5体を対象として発動可能な通常魔法カードで、対象とした5枚のカードをデッキへ戻しシャッフルし、その後デッキからカードを2枚ドローします。

墓地へモンスターが多く送られ、かつ再利用したいデッキなら採用したい1枚。

■ノーコストでデッキのカードをドローできるカード

ここでは発動条件が無く、ノーコストで発動できるドローソースカードを紹介します。

成金なりきんゴブリン

成金ゴブリン

通常魔法

(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

ノーコストでデッキからカードを1枚ドローできる通常魔法カード。
相手のライフを回復してしまいますが、直接的なカードアドバンテージを相手に与えないのが強みです。

予見通帳よけんつうちょう

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカード3枚を裏側表示で除外する。
このカードの発動後3回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカード3枚を手札に加える。

1ターンに1枚しか発動できない通常魔法カード。
自分のデッキの上からカード3枚を裏側表示で除外し、カードの発動後3回目のスタンバイフェイズに、この効果で除外したカード3枚を手札に加えます。

除外したカードを手札に加えることができれば強力ですが、発動から手札に加えるまでのラグが非常に大きいため、採用できるデッキは限られてきます。

また、除外されている裏側表示のカードが1枚でも減れば、除外されているカードを1枚も手札に加えられなくなる点にも注意。

八汰烏ヤタガラスむくろ

八咫烏の骸

通常罠

次の効果から1つを選択して発動する。
●自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

デッキからカードを1枚ドローできる通常罠カード。
ブラフとして伏せておき、相手がこのカードを破壊しようとしたタイミングで発動するなどすれば良いと思います。

また、相手がスピリットを扱うデッキなら2枚のカードをドローする事ができます。

無謀むぼう欲張よくば

通常罠

(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後の自分ドローフェイズは2回スキップされる。

ノーコストでデッキからカードを2枚ドローできますが、その後の自分のドローフェイズが2回スキップされてしまいます。

■相手プレイヤーと一緒にカードをドローするカード

ここではドロー効果を持ちますが、相手プレイヤーもカードをドローできてしまうデメリット?を持ったドローソースカードを紹介します。

チキンレース

チキンレース

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

1ターンに1度、1000ポイントのライフを支払いデッキからカードを1枚ドローすることができるフィールド魔法カード。
しかし相手プレイヤーもこの効果を使用してドローすることができるので、相手ターンまでにはこのカードを破壊するか、相手もドローしても良いと割り切って使用しましょう。

また、このカードはフィールド魔法カードなので【テラ・フォーミング】などのカードで簡単にて普段に加えることが可能です。

一時休戦いちじきゅうせん

一時休戦

通常魔法

(1):お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。

お互いのプレイヤーが1枚のカードをデッキからドローする通常魔法カード。
発動後次のターン終了時までお互いた受ける全てのダメージを0にする効果も持ちます。

ターンを稼ぎつつデッキの回転率を上げたい時に採用したいカード。

暗黒界あんこくかい取引とりひき

暗黒界の取引

通常魔法

お互いのプレイヤーはデッキからカードを1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。

お互いのプレイヤーがカードを1枚ドローし、それぞれのプレイヤーが手札のカードを1枚墓地へ捨てるカード。

基本的にディスアドバンテージなので、「墓地へ捨てる」事が有効活用できるデッキに採用したいカード。

また、相手プレイヤーもカードをドローし墓地へ捨てるので相手のデッキの回転率を上げてしまうリスクもあります。

手札断殺てふだだんさつ

手札断殺

速攻魔法

(1):お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る。
その後、それぞれデッキから2枚ドローする。

お互いのプレイヤーがカードを2枚ドローし、2枚のカードを墓地へ送る速攻魔法カード。

【暗黒界の取引】と似た効果を持ちますが、こちらは「2枚のカード」、「速攻魔法カード」、「墓地へ送る」などの点が異なっています。

あちらと比べて一度にドローできるカードも墓地へ送るカードも多いのが魅力ですが、同時に相手も同じ恩恵を得られてしまうのが欠点。

手札抹殺てふだまっさつ

手札抹殺

通常魔法(制限カード)

(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
その後、それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。

通常魔法カード。
お互いの手札を全て捨て、捨てた枚数と同じ枚数をお互いのプレイヤーがドローします。

墓地肥やしかつデッキの回転率を上げてくれます。

メタモルポット

リバース・効果モンスター(制限カード)
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600

(1):このカードがリバースした場合に発動する。
お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

リバース効果で、お互いの手札を全て捨て、お互いのプレイヤーが5枚のカードをドローします。

効果の発動時の手札の枚数に関わらずに5枚のカードをドローできるのが魅力的。

ドン・サウザンドの契約けいやく

永続魔法

「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。
(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

発動時の効果処理としてお互いに1000のライフを失い、お互いにカードをドローする永続魔法カード。

更にこのカード発動後にドローしたカードはこのカードが存在する間、お互いに公開し続け、手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは通常召喚を行うことができなくなります。

ディーラーズ・チョイス

通常罠

(1):お互いのプレイヤーは、デッキをシャッフルし、デッキから1枚ドローする。
その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで捨てる。

 

 

■相手の行動に依存してカードをドローするカード

ここでは相手の行動に反応してドローできるドローソースカードを紹介します。

増殖ぞうしょくするジー

増殖するG

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

汎用手札誘発モンスターの1体。

相手の特殊召喚に反応してカードをドローし続けることができるため、刺さるデッキには刺さる。

サイバー・ヴァリー

サイバー・ヴァリー

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0

以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された時、このカードを除外して発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、バトルフェイズを終了する。
●自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードと自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して除外し、その後デッキからカードを2枚ドローする。
●自分のメインフェイズ時に、自分の墓地のカード1枚を選択して発動できる。
このカードと手札1枚を除外し、その後選択したカードをデッキの一番上に戻す。

相手モンスターの攻撃対象に選択された時、このカード自身を除外することでデッキからカードを1枚ドローし、更にバトルフェイズを終了させます。

または、自分の場のこのカードと自分の場の表側表示モンスターの2体を除外することでデッキのカードを2枚ドロー可能。

便乗びんじょう

永続罠

相手がドローフェイズ以外でカードをドローした時に発動する事ができる。
その後、相手がドローフェイズ以外でカードをドローする度に、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

相手のドローフェイズ以外のドローに反応して発動可能な永続罠カード。
その後に相手がドローフェイズ以外のドローをする度に、自分のデッキからカードを1枚ドロー可能。

先程の相手プレイヤーもドローしてしまうカードと共に採用すると良いでしょう。

■様々な誓約を持ったドローソースカード

カードカー・ディー

カードカー・D

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 800/守 400

このカードは特殊召喚できない。
このカードの効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した自分メインフェイズ1にこのカードをリリースして発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、このターンのエンドフェイズになる。

効果の発動ターン、モンスターを特殊召喚できない誓約を持った効果モンスター。

召喚に成功した自身をメインフェイズ1にリリースし、デッキからカードを2枚ドローします。
その後、ターンは終了します。

命削いのちけずりの宝札ほうさつ

命削りの宝札

通常魔法

「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

同じく発動ターン特殊召喚できない誓約を持った通常魔法カード。
手札が3枚になるようにデッキからカードをドローする事ができます。

デメリットとして発動後ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0ポイントとなり、エンドフェイズに自分の手札を全て墓地へ送らなくてはなりません。

特殊召喚を多様せず、手札のカードをセットなどの方法で処理できるデッキに採用したいカードです。

■自分モンスターの破壊をトリガーにドローするカード

補給部隊ほきゅうぶたい

補給部隊

永続魔法

(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

1ターンに1度、自分の場のモンスターが破壊される事でドローを可能とする永続魔法カード。

相手プレイヤーがこのカードを放置するとも限りませんが、このカードが場にある限りモンスター破壊によって減ってしまうカードアドバンテージを取り返す事が可能となります。

終わりに

以上、汎用ドローソースカード一覧でした。

これらのカードの他にも汎用ドローソースだと思うカードがございましたら、コメント欄にて教えてくださると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード【一覧】

コメント

  1. 匿名 より:

    闇の誘惑やカードカーDも凡庸性が結構あると思います

    • コメンタ コメンタ より:

      カード紹介ありがとうございます。
      闇の誘惑は闇属性サポートカードに加えています~

      カードカーDは良いですね!記事に追記させていただきます。