【遊戯王】汎用モンスター蘇生カード【一覧】

汎用モンスター蘇生

■【モンスター蘇生】とは?

墓地に存在するモンスターをフィールドに特殊召喚すること。

中には相手の墓地のモンスターを自分の場に特殊召喚できるカードもあります。

■カード情報

死者蘇生ししゃそせい

死者蘇生

通常魔法

(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

自分または相手の墓地のモンスター1体を蘇生する通常魔法カード。

発動条件やコストが無いため汎用性が非常に高いです。

取捨蘇生しゅしゃそせい

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター3体を対象として発動できる。
相手は対象のモンスターの中から1体を選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのモンスターは全て除外する。

自分の墓地のモンスター3体を対象として発動可能な通常魔法カード。
相手プレイヤーは対象としたモンスターの中から一体を選び、そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのカードは除外します。

相手プレイヤーが蘇生するモンスターを選ぶので、狙ったモンスターを蘇生するのが難しいのが難点。

敢えて墓地のモンスターを除外したいデッキなどに採用しても良いかも知れません。

ソウル・チャージ

ソウル・チャージ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。

発動ターンバトルフェイズを行えない誓約を持った通常魔法カード。
墓地のモンスターを任意の数だけ蘇生し、蘇生したモンスターの数×1000ポイントのライフを失う効果を持ちます。

誓約やライフコストがかなり大きいですが、モンスターを任意の数だけ蘇生できる通常魔法カードはかなり強力。

星遺物せいいぶつを継つぐもの

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

自分の墓地のモンスター1体を対象として発動可能な通常魔法カード。
対象としたモンスターをフィールドのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚します。

リンクモンスターが存在しなければ発動できませんが、ノーコストでモンスターを完全蘇生できます。

このカードは【星遺物の醒存】カードなので、同時に墓地も肥やせる【星遺物の醒存】と一緒に採用すると良いでしょう。

シャッフル・リボーン

シャッフルリボーン

通常魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻してシャッフルし、その後自分はデッキから1枚ドローする。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を1枚除外する。

(1)の効果は、自分の場にモンスターが存在しない場合に、墓地のモンスターを効果を無効にして特殊召喚する効果。
特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外されてしまうので、それまで融合、シンクロ、エクシーズ、リンクモンスターなどの素材にしてしまいましょう。

(2)の効果は墓地のこのカードを除外して発動する効果で、自分の場のカード1枚をデッキに戻し、デッキから1枚ドローします。
エンドフェイズに自分の手札のカード1枚を除外する効果を持ちます。

 

リビングデッドの呼よび声ごえ

リビングデットの呼び声

永続罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

墓地のモンスターを攻撃表示で蘇生する永続罠カード。

このカードが場を離れてしまえば蘇生したモンスターが破壊されてしまうのが欠点です。
逆に言えばこのカードを能動的に破壊したりバウンスする事で、【破壊された場合に効果を発動するモンスター】の効果の発動条件を満たすのも良いかもしれません。

竜魂りゅうこんの幻泉げんせん

竜魂の源泉

永続罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
特殊召喚したそのモンスターの種族は幻竜族になる。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

墓地のモンスターを守備表示で蘇生する永続罠カード。
特殊召喚したモンスターの種族を【幻竜族】に変更する効果も持ちます。

【幻竜族】モンスターをシンクロ素材として指定している【輝竜星-ショウフク】のシンクロ召喚へと繋げる事もできますね。

また、守備表示で蘇生するという都合上【リンクモンスター】は蘇生する事ができません。

強化蘇生きょうかそせい

強化蘇生

永続罠

(1):自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
そのモンスターは、レベルが1つ上がり、攻撃力・守備力が100アップする。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

墓地のレベル4以下のモンスターをレベル1つ上げ、攻撃力・守備力も100ポイントアップした状態で蘇生する永続罠カード。

これまでの永続罠カードとは違いこのカードが破壊された場合でも蘇生したモンスターは破壊される事はありません。

戦線復帰せんせんふっき

戦線復帰

通常罠

(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

墓地のモンスター1体を守備表示で蘇生する通常罠カード。

このカードも守備表示で特殊召喚するという都合上【リンクモンスター】を蘇生する事はできませんが、モンスターを完全蘇生する事ができるので汎用性が高いです。

深ふかすぎた墓穴はかあな

通常罠

(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
次の自分スタンバイフェイズにそのモンスターを墓地から自分フィールドに特殊召喚する。

自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動可能な通常罠カード。
次のスタンバイフェイズに、対象としたモンスターを墓地から自分フィールドに特殊召喚します。

発動から蘇生までのラグがあるのが弱点ですが、自分相手を問わずに墓地のモンスターを完全蘇生できます。

継承けいしょうの印しるし

装備魔法(制限カード)

自分の墓地に同名モンスターカードが3枚存在する時に発動する事ができる。
そのモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。

自分の墓地に同名モンスターが3枚存在する時に発動可能な装備魔法カード。
その同名モンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、このカードを装備します。
また、このカードは破壊された場合は装備モンスターも破壊します。

同名モンスターとして扱うモンスターが多い【ハーピィ】や【サイバー・ドラゴン】で採用すれば扱いやすいでしょう。

やりすぎた埋葬まいそう

装備魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
(2):装備モンスターの効果は無効化される。

手札からモンスター1体をコストとして捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象として発動可能な装備魔法カード。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備します。

装備モンスターの効果は無効化されます。

2枚のカードを使用して1体のモンスターを蘇生するのでディスアドバンテージになり、かつ効果も無効化されてしまうので、このカードの強みを活かせるデッキに採用したいところ。

■特定のステータスを持つモンスターを蘇生するカード

ここでは「通常モンスター」のみを蘇生できるカードや、「ペンデュラムモンスター」のみを蘇生できるカードのように、特定のスタータスを持つモンスターを蘇生できる効果を持ったカードを紹介します。

思おもい出でのブランコ

通常魔法

(1):自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動可能な通常魔法カード。
対象としたモンスターを特殊召喚します。
特殊召喚したモンスターは発動ターンのエンドフェイズに破壊されます。

破壊されるのはターンのエンドフェイズなので、それまでに各種素材などとして有効活用したいところ。

契約けいやくの履行りこう

装備魔法

800ライフポイントを払う。
自分の墓地から儀式モンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時、装備モンスターをゲームから除外する。

800ポイントライフを支払い、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動可能な装備魔法カード。
その対象としたモンスターを特殊召喚し、このカードを装備します。
このカードが破壊された時、装備モンスターはゲームから除外されます。

儀式モンスターは蘇生制限があるので、一度正規の方法で儀式召喚されたモンスターのみが蘇生対象となります。

再融合さいゆうごう

装備魔法

(1):800LPを払い、自分の墓地の融合モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時にそのモンスターは除外される。

800ライフポイントを払い、自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動可能な装備魔法カード。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備します。
このカードが破壊された時、その装備モンスターを破壊します。

このカードはカード名に【融合】と付くため、【捕食植物キメラフレシア】、【捕食植物ダーリング・コブラ】等のカード効果でデッキからサーチすることが可能。

エクシーズ・リボーン

通常罠

(1):自分の墓地のXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを下に重ねてX素材とする。

自分の墓地のエクシーズモンスター1体を対象として発動可能な通常罠カード。
対象としたモンスターを特殊召喚し、このカードをエクシーズ素材としてそのモンスターの下に重ねます。

蘇生だけでなく素材の補充もこなす罠カード。

エクシーズ素材を1つ取り除くだけで効果を発動できるモンスターを蘇生するのがオススメ。

ペンデュラム・リボーン

通常罠

(1):自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターまたは自分の墓地のPモンスター1体を選んで特殊召喚する。

自分のエクストラデッキの表側表示のペンデュラムモンスター、または自分の墓地のペンデュラムモンスター1体を選んで特殊召喚する効果を持った通常罠カード。

エクストラデッキからも特殊召喚できるため、敢えて出しづらいペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンで破壊して、このカードの効果で特殊召喚するのも良いでしょう。

終わりに

以上、汎用モンスター蘇生カード一覧でした。

これらのカードの他にも汎用モンスター蘇生カードだと思うカードがございましたら、コメント欄にて教えてくださると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード【一覧】

コメント