【遊戯王】「アンデット族」汎用サポートカード【一覧】

種族別サポート

この記事では「アンデット族」のモンスターをサポートする効果を持ったモンスター・魔法・罠カードをそれぞれ紹介します。
また、「アンデット族」のモンスターを素材とした融合・シンクロ・エクシーズ・リンクモンスター等もあれば紹介します。

「アンデット族」を主軸としたテーマを組む際の参考にしてみてください。

■デッキの回転率を上げるカード

最初に、ドロー効果やサーチ効果を持った「アンデット族」関連カードを紹介します。

酒呑童子しゅてんどうじ

酒呑童子

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1500/守 800

1ターンに1度、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分の墓地に存在するアンデット族モンスター2体を
ゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●ゲームから除外されている
自分のアンデット族モンスター1体をデッキの一番上に戻す。

起動効果で墓地のアンデット族モンスターを2体除外し、デッキからカードを1枚ドローする事ができます。

また、除外されているアンデット族モンスターをデッキトップに戻すことも可能。

ゴブリンゾンビ

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1100/守1050

(1):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。
相手のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから守備力1200以下のアンデット族モンスター1体を手札に加える。

効果は自身が戦闘で相手にダメージを与えた時に、相手のデッキの一番上のカードを1枚墓地へ送る効果。
二つ目は、自身がフィールドから墓地へ送られた時、デッキから守備力1200ポイント以下のアンデット族モンスター1体を手札に加える効果。

貴重なサーチ効果を持ったアンデット族モンスターです。

■墓地肥やし効果を持った「アンデット族」関連カード

ここではデッキから「アンデット族」モンスターを墓地へ送る効果を持ったカードを2枚紹介します。

牛頭鬼ごずき

牛頭鬼

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800

「牛頭鬼」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

起動効果でデッキからアンデット族モンスターを墓地へ送る事ができます。

また、自身が墓地へ送られた場合には手札のアンデット族モンスターを展開できる効果も持ちます。

堕ち武者デス・サムライ

堕ち武者

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守 0

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「堕ち武者」以外のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

効果を2つ持つモンスター。

(1)の効果は、「このカードの召喚成功時にデッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送ることができる」というもの。

アンデット族版の【終末の騎士】のようなカードですね。

(2)の効果は、「表側表示のこのカードが相手のカードの効果でフィールドから離れた場合に、デッキから【堕ち武者】以外のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる」というもの。

相手に依存する効果ではありますが、比較的簡単に効果を発動することができます。

■「アンデット族」の展開をサポートするカード

ここでは場に展開しやすい「アンデット族」モンスターや、「アンデット族」の展開をサポートするカードを紹介します。

地獄じごくの門番もんばんイル・ブラッド

デュアルモンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2100/守 800

このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

●1ターンに1度、手札・自分または相手の墓地に存在するアンデット族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、この効果で特殊召喚したアンデット族モンスターを破壊する。

レベル6、闇属性の上級デュアルモンスター。
再度召喚する事によって、毎ターン、手札・自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する事が出来ます。

自身がフィールドを離れると特殊召喚したモンスターは破壊されてしまいますが、毎ターンノーコストでアンデット族を呼び出せる効果は強力です。

ゾンビ・マスター

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 0

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、手札のモンスター1体を墓地へ送る事で、自分または相手の墓地のレベル4以下の
アンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

レベル4、闇属性アンデット族の下級モンスター。
効果は、手札のモンスター1体を墓地へ送り、自分または相手の墓地のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する効果。

このカード自身のレベルも4なので、このカードの効果でレベル4のモンスターを特殊召喚すれば、そのままランク4のエクシーズ召喚へと繋げる事が出来ます。

馬頭鬼めずき

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800

(1):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

レベル4、地属性の下級アンデット族モンスター。
自分のメインフェイズに墓地の自身を除外する事により、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を特殊召喚出来る効果を持っています。

単純で強力な効果なので、殆どのアンデット族デッキで採用される事が多いです。

ファラオの化身けしん

ファラオの化身

効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 400/守 600

このカードがシンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、自分の墓地に存在するレベル4以下のアンデット族モンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

自身がシンクロ素材として墓地へ送られた場合に、自分の墓地のレベル4以下のアンデット族モンスターを蘇生できる誘発効果を持ちます。

このカード自身もレベル4以下のアンデット族のため、シンクロ素材とした自身を蘇生する事も可能。

ピラミッド・タートル

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1200/守1400

このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキから守備力2000以下のアンデット族モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

レベル4、地属性の下級アンデット族モンスター。
効果は、自身が戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、デッキから守備力2000以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚出来る誘発効果。

特殊召喚出来るモンスターの範囲が広いので、デッキから直接呼び出したいアンデット族モンスターがいる場合は採用してみましょう。

蒼血鬼そうけつき

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1000/守1700

このカードは召喚・反転召喚に成功した時、守備表示になる。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するエクシーズ素材を1つ取り除く事で、自分の墓地に存在するレベル4のアンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚する。

レベル4、闇属性の下級アンデット族モンスター。
召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になる誘発効果に加え、1ターンに1度自分フィールドのエクシーズ素材を1つ取り除き、自分の墓地のレベル4のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する起動効果を持ちます。

このカード自身のレベルが4なので、そのままランク4のエクシーズ召喚へと繋げる事が出来ます。

もののけの巣すくう祠ほこら

もののけの巣くう祠

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。

アンデット族モンスターの蘇生を行う通常罠カード。

(1)と(2)のどちらの効果も自分の場にモンスターが存在しない場合のみに発動可能。

不知火流しらぬいりゅう 転生てんせいの陣じん

フィールド魔法

「不知火流 転生の陣」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、手札を1枚墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

1ターンに1度、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に、手札を1枚捨てて効果を発動できるフィールド魔法カード。
一つ目の効果は、自分の墓地の守備力0ポイントのアンデット族モンスター1体を特殊召喚出来る効果。
守備力0ポイントのアンデット族モンスターを扱うデッキなら手札コスト1枚でモンスターを完全蘇生することが出来ます。

二つ目の効果は、除外されている自分の守備力0ポイントのアンデット族モンスター1体を墓地に戻す効果
除外して効果を発動するアンデット族モンスターなどがいれば、それらのモンスターを再利用する事ができます。

ミイラの呼よび声ごえ

永続魔法

自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

自分フィールド上にモンスターが存在しない場合に、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚出来る永続魔法カード。

■相手の場のカードを除去する効果を持ったフィールド魔法カード

ヴァンパイア帝国エンパイア

フィールド魔法

フィールド上のアンデット族モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」と名のついた闇属性モンスター1体を墓地へ送り、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

フィールドのアンデット族モンスターの攻撃力を、ダメージ計算時のみ500ポイントアップするフィールド魔法カード。
また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」闇属性モンスター1体を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を破壊しなければいけません。

この効果は相手のデッキからカードが墓地へ送られれば強制発動する効果なので、発動タイミングによっては自分フィールド上のカードを破壊しなければいけなくなるかもしれないので少し注意です。

■相手のプレイを妨害する効果を持った「アンデット族」関連カード

精気せいきを吸すう骨の塔ボーンタワー

精気を吸う骨の塔

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 400/守1500

自分フィールド上にこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、このカードを攻撃する事はできない。
アンデット族モンスターが特殊召喚に成功する度に、相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

他のアンデット族がいる場合に自身への攻撃を封じる永続効果と、アンデット族モンスターの特殊召喚に反応して相手のデッキトップからカードを2枚墓地へ送る誘発効果を持ちます。

生者せいじゃの書しょ-禁断きんだんの呪術じゅじゅつ-

通常魔法

自分の墓地に存在するアンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚し、相手の墓地に存在するモンスター1体を選択してゲームから除外する。

自分の墓地のアンデット族モンスター1体を特殊召喚し、相手の墓地のモンスター1体をゲームから除外する通常魔法カード。

相手の墓地のモンスターを除外しつつ、自分はアンデット族モンスターを蘇生出来る優秀なカードです。
弱点を挙げるなら、相手の墓地にモンスターが存在しない場合は効果を発動出来ないという点ですね。

不知火流しらぬいりゅう 燕つばくろの太刀たち

通常罠

「不知火流 燕の太刀」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから「不知火」モンスター1体を除外する。

自分フィールド上のアンデット族モンスター1体をリリースし、フィールドのカードを2枚破壊、その後デッキから「不知火」モンスター1体を除外する通常罠カード。

メインデッキに「不知火」モンスターを入れないと発動できませんが、効果自体はアンデット族版の「ゴットバードアタック」に該当するので強力な1枚です。

アンデット・ワールド

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上及び墓地に存在する全てのモンスターをアンデット族として扱う。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

このカードを発動していれば、フィールド及び墓地に存在する全てのモンスターをアンデット族モンスターとして扱います。

相手のデッキがアンデット族以外のデッキなら相手の種族サポートカードを妨害する事が出来ます。
また、このカードがフィールドに存在する限り、アンデット族モンスター以外のアドバンス召喚を不可能にします。
アドバンス召喚を主軸とした「クリフォート」、「真竜」、「帝」などのテーマへの対策カードとして運用できますね。

■「アンデット族」モンスターを素材として融合召喚するモンスター

冥界龍めいかいりゅう ドラゴネクロ

冥界龍 ドラゴネクロ

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
アンデット族モンスター×2

このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。
また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、そのモンスターの攻撃力は0になり、そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

アンデット族モンスター2体で融合召喚可能なカード。

このカードは戦闘で相手モンスターを破壊する事ができませんが、モンスターへ攻撃する度にステータスをコピーしたトークンを生成します。

■優秀な「アンデット族」チューナーモンスター

妖刀ようとう-不知火しらぬい

妖刀-不知火

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/アンデット族/攻 800/守 0

「妖刀-不知火」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、チューナー以外の自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを墓地から除外し、その2体のレベルの合計と同じレベルを持つアンデット族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

墓地の自身とチューナー以外のアンデット族モンスターを除外し、擬似的なシンクロ召喚を行う事が可能。

墓地肥やしを行うだけでシンクロ召喚へと繋げられるのは優秀。

ゾンビキャリア

ゾンビキャリア

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200

(1):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚デッキの一番上に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

手札1枚をデッキトップに戻す事で墓地に存在する自身を蘇生する事が可能。

自己蘇生できるチューナーモンスターはかなり便利です。

ユニゾンビ

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0

「ユニゾンビ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

レベル3、闇属性の下級アンデット・チューナーモンスター。
効果を2つ持ち、一つ目は、フィールドのモンスターのレベルを、手札を1枚捨てる事によって1つあげる効果。
シンクロ召喚する時のレベル調整や、手札の捨てたいカードを捨てる時に役立ちます。
二つ目の効果は、フィールドのモンスター1体を対象とし、デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つあげる効果。
デメリットとして、ターン終了時までアンデット族モンスター以外のモンスターの攻撃が不可能になりますが、デッキから直接アンデット族モンスターを墓地へ送れるこの効果は非常に強力です。

■「アンデット族」モンスターを素材としてシンクロ召喚するモンスター

蘇よみがえりし魔王まおう ハ・デス

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2450/守 0
「ゾンビキャリア」+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のアンデット族モンスターが戦闘で破壊した効果モンスターの効果は無効化される。

レベル6、闇属性・アンデット族の中級シンクロモンスター。
ゾンビキャリアと、チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上を素材としてシンクロ召喚する事が出来ます。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分のアンデット族モンスターが戦闘で破壊したモンスターの効果を無効化する永続効果を持ちます。

戦闘破壊後、墓地で効果を発動する厄介なモンスターを多く持ったデッキなどに対しては強力なカードとなります。

アンデット・スカル・デーモン

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2500/守1200
「ゾンビキャリア」+チューナー以外のアンデット族モンスター2体以上

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のアンデット族モンスターは、カードの効果では破壊されない。

レベル6、闇属性・アンデット族のシンクロモンスター。
ゾンビキャリアと、チューナー以外のアンデット族モンスター2体以上を素材としてシンクロ召喚する事が出来ます。
自身がフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上のアンデット族モンスターに対し
てカード効果で破壊されなくなる耐性を与えます。
このカード自身がアンデット族モンスターなので、このカードも破壊耐性を得ます。

デスカイザー・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/アンデット族/攻2400/守1500
「ゾンビキャリア」+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

(1):このカードが特殊召喚に成功した時、相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

レベル6、炎属性・アンデット族の中級シンクロモンスター。
ゾンビキャリアと、チューナー以外のアンデット族モンスターを素材としてシンクロ召喚します。
特殊召喚に成功した時、相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる誘発効果を持ち、対象としたモンスターを自分フィールド上に攻撃表示で特殊召喚します。

相手の墓地にアンデット族モンスターがいるとは限らないので、「アンデット・ワールド」を発動する必要があります。
お膳立てが必要なシンクロモンスターですが、「アンデット・ワールド」さえあれば相手の墓地のモンスターを自由に使う事が出来ます。
また、効果の発動条件も「特殊召喚に成功した時」なので、このカードを墓地から特殊召喚した場合でも効果を発動する事が可能です。

刀神かたながみ-不知火しらぬい

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/アンデット族/攻2500/守 0
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

自分は「刀神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):1ターンに1度、除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻し、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。

レベル6、炎属性・アンデット族の中級シンクロモンスター。
アンデット族チューナーモンスターと、チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上を素材としてシンクロ召喚します。
(1)の効果は1ターンに1度、除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる誘発即時効果で、そのモンスターをデッキに戻し、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手モンスターを全て守備表示にする事が出来ます。

相手ターンでも効果を発動できるので、相手の攻撃宣言時に発動したりする事で、相手の攻撃を防ぐことも出来ます。
しかし、リンクモンスターは守備表示にならないので、リンクモンスターデッキにはあまりその戦略は効きません。

(2)の効果は、墓地のこのカード自身が除外された場合に、相手フィールド上のモンスター1体を対象として発動できる誘発効果で、対象としたモンスターの攻撃力を500ポイントダウンします。

ダウンする数値が地味ですが、効果は永続的に続くものです。

戦神いくさがみ-不知火しらぬい

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/アンデット族/攻3000/守 0
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

自分は「戦神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

レベル8、炎属性・アンデット族の上級シンクロモンスター。
アンデット族チューナーモンスターと、チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上を素材としてシンクロ召喚します。
(1)の効果は、このカード自身が特殊召喚に成功した場合に、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる誘発効果で、ターン終了時まで自身の攻撃力を、対象としたモンスターの攻撃力分アップします。
このカードの攻撃力は元々3000ポイントあるので、攻撃力を少しでもあげれば殆どのモンスターを戦闘破壊できるようになります。
(2)の効果は、フィールドに存在するこのカード自身が戦闘・効果で破壊された時に、除外されている守備力0ポイントのアンデット族モンスター1体を対象として発動できる誘発効果で、対象としたモンスターを墓地に戻します。

(1)の効果で除外したモンスターを墓地に戻す事で、もう一度このカードを特殊召喚した時に除外するモンスターの確保には困りません。

炎神ほむらがみ-不知火しらぬい

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/アンデット族/攻3500/守 0
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上

自分は「炎神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、アンデット族Sモンスターを任意の数だけ選んでエクストラデッキに戻す。
その後、戻した数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊できる。
(2):自分フィールドのアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の「不知火」モンスター1体を除外できる。

レベル10、炎属性・アンデット族の上級シンクロモンスター。
アンデット族チューナーモンスターと、チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上を素材としてシンクロ召喚します。

(1)の効果は、特殊召喚に成功した場合に発動できる誘発効果で、自分の墓地及び除外されている自分のアンデット族シンクロモンスターを任意の数だけ選んでエクストラデッキに戻し、戻した枚数分、相手フィールドのカードを選んで破壊します。
対象を取らない破壊なので、対象にとられない耐性を持ったモンスターでも破壊出来ます。
(2)の効果は、自分フィールド上のアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合に、代わりに墓地の「不知火」モンスターを除外できる永続効果。

墓地に「不知火」がいる限り、戦闘・効果耐性を得る事ができる強力な効果です。

■「アンデット族」モンスターを素材としてエクシーズ召喚するモンスター

紅貴士エーデルリッター-ヴァンパイア・ブラム

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/アンデット族/攻2500/守 0
アンデット族レベル5モンスター×2

このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手の墓地のモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する。
「紅貴士-ヴァンパイア・ブラム」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
この効果で特殊召喚に成功した場合、このターンそのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。
また、フィールド上のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、次のターンのスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。

ランク5、闇属性・アンデット族のエクシーズモンスター。
レベル5のアンデット族モンスター2体を使用してエクシーズ召喚します。
モンスター効果は、エクシーズ素材を1つ取り除いて発動する起動効果で、相手の墓地からモンスター1体を選択して自分フィールドに特殊召喚する効果。

相手依存な効果ではありますが、相手が強力なモンスターを扱っている程、こちらは強力なモンスターを扱える可能性が上がります。

デメリットとして、この効果を発動したターンは、この効果で特殊召喚したモンスターしか攻撃できなくなります。
また、フィールドのこのカード自身が相手によって破壊され墓地へ送られた場合に、次のターンのスタンバイフェイズ時に墓地から自身を特殊召喚する誘発効果を持ちます。

■「アンデット族」モンスターを素材としてリンク召喚するモンスター

ヴァンパイア・サッカー

ヴァンパイア・サッカー

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/アンデット族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
アンデット族モンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
特殊召喚したそのモンスターはアンデット族になる。
(2):自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分がモンスターをアドバンス召喚する場合、自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのアンデット族モンスターをリリースできる。

アンデット族モンスター2体でリンク召喚可能なリンク2モンスター。

相手の墓地のモンスターをアンデット族として守備表示で蘇生する起動効果と、墓地からアンデット族モンスターが蘇生する度にドローする誘発効果。加えて自分がアドバンス召喚を行う時に相手の場のモンスターをリリースできる永続効果を持ちます。

全ての効果が噛み合っており、アドバンス召喚を主軸としないアンデット族デッキでもドロー要員として優秀。

終わりに

今後新規カードで「アンデット族」サポートのカードが登場次第この記事に追加していきます。

また、このカードも「アンデット族」サポートカードなのでは?というカードがございましたらコメントで教えていただけると嬉しいです。

■あわせて読みたい記事

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード集【一覧】

コメント