シグルド(CV 津田健次郎)

【遊戯王】「機械族」汎用サポートカード【一覧】

種族別サポート

(※この記事は2018年5月17日に更新されました)

はじめに

「『機械族』デッキと相性が良いカードが知りたい」

「『機械族』デッキを強化したい」

この記事はそんな方へ向けて書かれています。

「機械族」デッキに採用率の高いカード、「機械族」デッキなら無理なく採用できる汎用性の高いカードや、コメント欄で教えていただいたカードなどを紹介します。

「機械族」を主軸としたテーマを組む際の参考にしてみてください。

効果の種類ごとにカードを紹介しているので、ぜひ目次も活用してみてください。

■デッキの回転率を上げるカード

ここではドロー効果やサーチ効果などのデッキの回転率を上げる効果を持った「機械族」サポートカードを紹介します。

ジェネクス・ニュートロン

★★★★

【光属性/機械族/効果】

(1):このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから機械族チューナー1体を手札に加える。


ATK/1800   DEF/1200

発動タイミングは少し遅いですが、ノーコストでデッキの「機械族」チューナーモンスターをサーチできます。

また、この効果でサーチできるモンスターは以下のリンクから確認できます。

ギアギガント クロス

★★★★

【地属性/機械族/エクシーズ/効果】

機械族レベル4モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル4以下の機械族モンスター1体を選んで手札に加える。
また、このカードがフィールド上から離れた時、自分の墓地からレベル3以下の「ギアギア」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。


ATK/2300   DFE/1500
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地からレベル4以下の機械族モンスター1体を選んで手札に加える。

貴重なサーチ・サルベージ効果を持つため、ランク4エクシーズモンスターを展開できる「機械族」デッキなら必ず採用したいモンスター。

アイアンドロー

【通常魔法】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドのモンスターが機械族の効果モンスター2体のみの場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。

(1):自分フィールドのモンスターが機械族の効果モンスター2体のみの場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

機械族の展開が得意なテーマなら無理なく発動条件を満たせます。

このカードの発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを特殊召喚できない。

1回であれば特殊召喚が許されるため、2体のモンスターを素材としたエクシーズ・リンク召喚等を行っても良いでしょう。

ブレイク・ドロー

【装備魔法】

機械族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
このカードは発動後3回目の自分のエンドフェイズ時に破壊される。

複数回の攻撃を行える「機械族」モンスターに装備すれば、1ターンの内に複数枚のドローも狙えます。

クリフォート・ゲニウス

クリフォート・ゲニウス

【地属性/機械族/リンク/効果】

機械族モンスター2体

(1):リンク召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けずこのカード以外のリンクモンスターが発動した効果も受けない。
(2):1ターンに1度、このカード以外の、自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカード2枚の効果をターン終了時まで無効にする。
(3):このカードのリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に発動できる。
デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に加える。


ATK/1800   LINK-2
(3):このカードのリンク先にモンスター2体が同時に特殊召喚された時に発動できる。
デッキからレベル5以上の機械族モンスター1体を手札に加える。

発動条件を満たしやすいのはペンデュラム召喚でしょうか。

「機械族」デッキかつペンデュラム召喚を主軸とするデッキなら無理なく採用できるでしょう。

■墓地肥やし効果を持った「機械族」関連カード

「機械族」モンスターをデッキから墓地へ送る効果を持ったモンスターを紹介します。

スクラップ・リサイクラー

★★★

【地属性/機械族/効果】

このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから機械族モンスター1体を選択して墓地へ送る事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する機械族・地属性・レベル4モンスター2体をデッキに戻す事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。


ATK/900   DEF/1200
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから機械族モンスター1体を選択して墓地へ送る事ができる。

「機械族」版の【終末の騎士】のようなカード。

「機械族」モンスターであればデッキから墓地へ送ることができます。

■「機械族」の展開をサポートするカード

ここでは場に展開しやすい「機械族」モンスターや、「機械族」の展開をサポートするカードを紹介します。

ディープ・スペース・クルーザー・ナイン

★★★★★★★★★

【光属性/機械族/効果】

このカードは手札からこのカード以外の機械族モンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。


ATK/900   DFE/900
このカードは手札からこのカード以外の機械族モンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。

デッキに多くの「機械族」モンスターを採用しているデッキなら容易に手札から特殊召喚できます。

レベルが9なので、ランク9エクシーズモンスターの召喚をサポートするカードとして採用しても良いと思います。

ネジマキシキガミ

★★★★★★★★

【闇属性/機械族/効果】

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地のモンスターが機械族のみの場合に特殊召喚できる。

1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで0になる。


AKT/100   DEF/100
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地のモンスターが機械族のみの場合に特殊召喚できる。

「機械族」で統一されたテーマなら特殊召喚条件を満たせるでしょう。

「機械族」テーマ、かつランク8のエクシーズ召喚を主軸とするデッキなどに採用すると良いでしょう。

マシンナーズ・カノン

★★★★★★★★

【地属性/機械族/効果】

このカードは通常召喚できない。
手札から機械族モンスターを任意の枚数墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、このカードの特殊召喚時に墓地へ送ったモンスターの数×800ポイントアップする。


ATK/0   DFE/2200
このカードは通常召喚できない。
手札から機械族モンスターを任意の枚数墓地へ送った場合に特殊召喚する事ができる。

任意の枚数なので、手札の「機械族」モンスター1体を墓地へ送るだけでも手札から特殊召喚できます。

比較的特殊召喚しやすいレベル8モンスターなので、ランク8エクシーズモンスターを主体とする「機械族」デッキへ採用すると良いでしょう。

ゴールド・ガジェット

★★★★

【光属性/機械族/効果】

「ゴールド・ガジェット」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ゴールド・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。


ATK/1700   DEF/800
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

このカード自身はレベル4の「機械族」モンスターなので、手札からレベル4のモンスターを展開することでランク4のエクシーズ召喚へと繋げられます。

例えば、冒頭で解説した【ギアギガントX】をエクシーズ召喚可能です。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ゴールド・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

【グリーン・ガジェット】、【イエロー・ガジェット】、【レッド・ガジェット】や、次に解説する【シルバー・ガジェット】を特殊召喚できます。

シルバー・ガジェット

★★★★

【光属性/機械族/効果】

「シルバー・ガジェット」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「シルバー・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。


ATK/1500   DEF/1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
手札から機械族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

【ゴールド・ガジェット】と同じ誘発効果。

この効果で手札の【ゴールド・ガジェット】を特殊召喚すれば、【ゴールド・ガジェット】の(1)の効果で手札のレベル4機械族モンスターを更に特殊召喚可能。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「シルバー・ガジェット」以外のレベル4の「ガジェット」モンスター1体を特殊召喚する。

こちらもほぼ【ゴールド・ガジェット】と同様の効果ですね。

No.ナンバーズ27 弩級戦艦どきゅうせんかん-ドレッドノイド

★★★★

【水属性/機械族/エクシーズ/効果】

レベル4モンスター×2体以上

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
ランク10以上の機械族Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。


ATK/2200   DFE/1000
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
ランク10以上の機械族Xモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

元々の攻撃力があまり高くないため、何らかの補助が無いと発動条件を満たすのは難しいですが、レベル4モンスター2体から、本来ならエクシーズ召喚が難しいランク10以上のエクシーズ召喚へと繋げられます。

この効果で重ねてエクシーズ召喚できるモンスターは以下のリンクから確認できます。

機械複製術きかいふくせいじゅつ

【通常魔法】

(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

対象にできるモンスターの範囲は狭いですが、このカード1枚でデッキから最大2体のモンスターを特殊召喚できます。

対象としたい「機械族」モンスターの攻撃力を敢えて下げ、このカードで対象に取ることも可能ではあります。

アイアンコール

【通常魔法】

(1):自分フィールドに機械族モンスターが存在する場合、自分の墓地のレベル4以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族モンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

(1):自分フィールドに機械族モンスターが存在する場合、自分の墓地のレベル4以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族モンスターを特殊召喚する。

発動条件や蘇生できるモンスターのレベルも定められていますが、ノーコストで墓地の「機械族」モンスターを蘇生できます。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

エンドフェイズまでに蘇生したモンスターを各種召喚法の素材とすれば問題ありません。

マグネット・リバース

【速攻魔法】

(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

正規召喚した後墓地へ送られたエクストラモンスターや特殊召喚モンスターを蘇生できます。

速攻魔法なのでスペルスピード2で発動できる点も優秀。

機甲部隊の最前線マシンナーズ・フロントライン

【永続魔法】

機械族モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の機械族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

機械族モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の機械族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。

「機械族」デッキかつ「属性」が同じに統一されているデッキなら採用したいカード。

モンスターが戦闘破壊れても後続の「機械族」をデッキから呼び出せます。

敢えて自爆特攻して発動条件を満たすこともできます。

ブンボーグ001ゼロゼロワン

ブンボーグ001

【地属性/機械族/チューナー/効果】

(1):このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。


ATK/500   DEF/500
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

若干発動条件が厳しいように思われますが、ペンデュラム召喚であれば比較的簡単に発動条件を満たせます。

このカードはチューナーモンスターなので、蘇生した後はシンクロ召喚や【水晶機巧ーハリファイバー】のリンク召喚へと繋げられます。

マシンナーズ・フォートレス

★★★★★★★

【地属性/機械族/効果】

このカードは手札の機械族モンスターをレベルの合計が8以上になるように捨てて、手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手の効果モンスターの効果の対象になった時、相手の手札を確認して1枚捨てる。


ATK/2500   DEF/1600
このカードは手札の機械族モンスターをレベルの合計が8以上になるように捨てて、手札または墓地から特殊召喚する事ができる。

このカードはレベル7なので、手札のこのカード自身とレベル1以上の機械族モンスターを同時に手札から捨てれば、墓地のこのカードをそのまま特殊召喚することができます。

一度破壊されても手札の「機械族」モンスターをレベル8以上になるように捨てれば再び墓地からこのカードを蘇生できます。

このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。

自身の戦闘破壊と一緒に相手の場のカードを道連れにする効果。

モンスター・魔法・罠等のカードの種類を問わずにカードを除去できます。

また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手の効果モンスターの効果の対象になった時、相手の手札を確認して1枚捨てる。

相手の手札を確認して捨てさせるため、ピンポイントで相手の重要なカードを墓地へ送ることができるでしょう。

戦闘で除去されても効果の対象になっても相手のカードを除去する効果を発揮できるため、取り敢えずフィールドに出しておくだけでも相手にプレッシャーを与えられます。

■「機械族」の戦闘をサポートするカード

リミッター解除かいじょ

【速攻魔法】

(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。

「機械族」全体の攻撃力を倍にできるため、状況によっては相手のライフを一気に削れる状況になります。

非常に強力な効果ですが、それ相応のデメリットも持ちます。

この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

自分フィールドが「機械族」モンスターのみだとターン終了時にフィールドががら空きになってしまうため、できるだけそのターン中に相手のライフポイントをゼロにするか、破壊耐性を持つ「機械族」モンスターが存在する状況でこのカードを発動すると良いでしょう。

■「機械族」の融合召喚をサポートするカード

サイバネティック・フュージョン・サポート

【速攻魔法】

ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。

このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、これらを融合素材にできる。

融合素材は除外されてしまいますが、手札・フィールド・墓地という広いゾーンから「機械族」融合モンスターの融合素材を調達できます。

オーバーロード・フュージョン

【通常魔法】

自分フィールド上・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

自分フィールド上・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

融合素材は除外されてしまいますが、フィールドだけでなく墓地の「機械族」モンスターも融合素材として調達できます。

この効果で融合召喚できる融合モンスターは以下のリンクから確認できます。

パワー・ボンド

【通常魔法】

自分の手札・フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、機械族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、自分はこのカードの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

自分の手札・フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、機械族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

この効果自体は通常の【融合】とほぼ変わりませんが、このカードは「機械族」の融合召喚にしか使用することができません。

この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は、その元々の攻撃力分アップする。

2倍の攻撃力になるため、出来るだけ元々の攻撃力が高い「機械族」融合モンスターを融合召喚したいところ。(デメリットもその分大きくなるのですが・・・)

このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、自分はこのカードの効果でアップした数値分のダメージを受ける。

攻撃力を上昇させた分だけ代償が大きくなるため、残りライフポイントに注意。

ヘルカイザー
ヘルカイザー

オレに介錯はいらん・・・・

■墓地の機械族モンスターを手札に加える効果を持ったカード

超重剣聖ちょうじゅうけんせいムサ-C

★★★★★

【地属性/機械族/シンクロ/効果】

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。

(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
自分の墓地に魔法・罠カードが存在する場合、このターン自分はそのモンスター及びその同名モンスターを召喚・特殊召喚できない。
(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。


ATK/300   DEF/2300
(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
自分の墓地に魔法・罠カードが存在する場合、このターン自分はそのモンスター及びその同名モンスターを召喚・特殊召喚できない。

フルモンデッキ以外では回収したモンスターのそのターン中の召喚・特殊召喚制限が設けられてしまう可能性が高いですが、墓地の「機械族」モンスターを回収できるだけでも汎用性の高い「機械族」サポートであるといえます。

■「機械族」のレベルを変動させるカード

ここでは「機械族」モンスターの持つレベルを変動させる効果を持ったカードを紹介します。

穿孔重機せんこうじゅうきドリルジャンボ

★★★★

【地属性/機械族/効果】

このカードが召喚に成功した時、自分フィールド上の全ての機械族モンスターのレベルを1つ上げる事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。


ATK/1800   DEF/100
このカードが召喚に成功した時、自分フィールド上の全ての機械族モンスターのレベルを1つ上げる事ができる。

「機械族」全体のレベルを同時に1つ上げるため、ランクが1つ高いエクシーズモンスターを展開したい場合などに便利。

マーシャリング・フィールド

【永続罠】

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、5~9までの任意のレベルを宣言して発動できる。
自分フィールドのレベル5以上の機械族モンスターのレベルは宣言したレベルになる。
(3):自分フィールドの機械族Xモンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(4):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「RUM-アージェント・カオス・フォース」1枚を選んで手札に加える。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。

かなり大きなデメリット。

「機械族」のレベルを自由に変動でき、エクシーズ召喚をサポートできますが、このカードがフィールドに存在する限りは「機械族」のエクシーズモンスターしか特殊召喚できません。

(2):1ターンに1度、5~9までの任意のレベルを宣言して発動できる。
自分フィールドのレベル5以上の機械族モンスターのレベルは宣言したレベルになる。

レベル5以上の「機械族」モンスターが2体以上存在すれば、ランク5~9までの「機械族」エクシーズモンスターのエクシーズ召喚を狙えます。

■「機械族」をコストに相手の場のカードを除去する効果を持ったカード

SRスピードロイドパチンゴーカート

★★★★

【風属性/機械族/効果】

(1):1ターンに1度、手札から機械族モンスター1体を捨て、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。


ATK/1800   DEF/1000

手札の「機械族」モンスターをコストにフィールドのモンスターをはかいできます。

攻撃力も高いため、下級アタッカーとしての活躍も期待できます。

■「機械族」へ耐性を付与するカード

ここでは機械族モンスターへ耐性を付与する効果を持ったカードを紹介します。

マグネット・フォース

【通常罠】

(1):このターン、元々の種族が機械族または岩石族のフィールドのモンスターは、自身以外の相手モンスターの効果を受けない。

フリーチェーンで「機械族」全体に相手モンスターの効果を受けない耐性を付与できます。

■「機械族」モンスターを素材とするエクシーズ

ここでは「機械族」モンスターを素材とすることでエクシーズ召喚可能なモンスターを紹介します。

重装甲列車じゅうそうこうれっしゃアイアン・ヴォルフ

★★★★

【地属性/機械族/エクシーズ/効果】

機械族レベル4モンスター×2

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル4モンスター1体を手札に加える。


ATK/2200   DEF/2200
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは直接攻撃できる。

対象としたモンスター以外では攻撃できなくなるため、相手フィールドの状況に左右されずに相手のライフポイントを削りたい状況で発動したい効果。

また、このカード自身も「機械族」なので、このカード自身を対象としてこの効果を発動し、このカードでダイレクトアタックすることもできます。

(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

相手に依存した効果なので、発動出来たらラッキーくらいの感覚で良いでしょう。

サーチ効果を目的に採用するなら能動的にサーチ効果を使用できる【ギアギガントX】に劣るため、(1)の「機械族」モンスターに対してのダイレクトアタックできる状態を付与できる効果を目的に採用したいところ。

サイバー・ドラゴン・ノヴァ

★★★★★

【光属性/機械族/エクシーズ/効果】

機械族レベル5モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。
また、1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、2100ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
このカードが相手の効果によって墓地へ送られた場合、機械族の融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。


ATK/2100   DEF/1600

様々な効果を持っていますが、【サイバー・ドラゴン】を主体としたデッキでない場合は活用できない効果ばかりです。

このカードの強みは、次に解説する【サイバー・ドラゴン・インフィニティ】へと繋げられることです。

サイバー・ドラゴン・インフィニティ

★★★★★★

【光属性/機械族/エクシーズ/効果】

機械族・光属性レベル6モンスター×3

「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。

(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。


ATK/2100   DEF/1600
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。

先ほど解説した【サイバー・ドラゴン・インフィニティ】に重ねてエクシーズ召喚することができるため、「機械族レベル5モンスター×2」をフィールドに揃えれば、そのままこのカードのエクシーズ召喚へと繋げられます。

(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。

「機械族レベル5モンスター×2」で【サイバー・ドラゴン・インフィニティ】をエクシーズ召喚し、そのままこのカードを重ねてエクシーズ素材とした場合、エクシーズ素材の数は3つとなるため、このカードを展開した時点での攻撃力は2700ポイントとなります。

(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

毎ターン相手モンスターを自身のエクシーズ素材として除去できます。

素材の数が増えるため、(1)の効果でこのカードの攻撃力のアップも狙えます。

(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

1ターンに1度とはいえ、カード効果であれば何でも無効化できるのは非常に強力。

エクシーズ素材を消費してしまいますが、もしこのカードのエクシーズ素材が尽きてしまっても(2)の効果で相手モンスターを自身のエクシーズ素材とすることができます。

廃品眼の太鼓竜ガラクターアイズ・ファット・ドラゴン

★★★★★★★★

【地属性/機械族/エクシーズ/効果】

機械族レベル8モンスター×2

1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は次の相手のエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。
エクシーズ素材を持っているこのカードが破壊された場合、自分の墓地の「SDロボ」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、このカードを墓地から特殊召喚する。
その後、自分の墓地の「SDロボ」と名のついたモンスター1体を選んで、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。


ATK/3000   DEF/2500
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は次の相手のエンドフェイズ時まで1000ポイントアップする。

効果を使用すれば、相手ターンのエンドフェイズまでこのカードは攻撃力4000ポイントのアタッカーとして活躍できます。

おわりに

以上、汎用「機械族」サポートカード一覧でした。

また、このカードも「機械族」サポートカードなのでは?というカードがございましたらコメントで教えていただけると嬉しいです。

■あわせて読みたい記事

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード集【一覧】
この記事は2018年6月21日に更新されました はじめに この記事では新しくデッキを組む際や、既存のデッキを強化するのに便利な汎用カードをカテゴリ別に紹介します。 目次を使用すれば自分のデッキにあった汎用カードを探しやすいと思いま...

コメント