【遊戯王】「ヴァレット」デッキと相性が良いカード【一覧】

ヴァレットと相性が良いカード一覧 相性が良いカード

この記事では、【ヴァレット】デッキに採用率の高い、相性の良いカード 枚を紹介します。
相性が良い理由についても解説しています。

【ヴァレット】がどんなテーマか分からないという方は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください

【遊戯王】5分で分かる「ヴァレット」デッキ【テーマ解説】

■カード情報(全4種類)

アンダークロックテイカー

アンダークロックテイカー

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体

(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

[amazonjs asin=”B076DSL6TY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王 / アンダークロックテイカー(スーパーレア) / EXFO-JP039 / EXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)”]

リンク素材に「効果モンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
【ヴァレット】デッキでも容易に素材を調達できます。

リンクマーカーは左と下に伸びているので、エクストラモンスターゾーンとメインモンスターゾーンのどちらでもリンクマーカーは機能します。

モンスター効果は、「1ターンに1度、リンク先の自分のモンスター1体と、相手の場の表側表示モンスター1体を対象として発動できる起動効果で、対象とした相手モンスターの攻撃力を、対象とした自分の場のモンスターン数値分ダウンする」というもの。

ここで肝心になるのは、「自分の場のモンスターを対象にとれる」ということ。

下級【ヴァレット】モンスターはリンクモンスターの対象になることで効果を発動することができるため、この効果で発動条件を満たしつつ、相手の場のモンスターを弱体化できます。

闇やみの誘惑ゆうわく

闇の誘惑

通常魔法

(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

[amazonjs asin=”B01JRHPE20″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王カード SPDS-JP044 闇の誘惑 ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V デステニー・ソルジャーズ”]

【ヴァレット】モンスターは全て闇属性なので、ドローソースとして採用します。

補給部隊ほきゅうぶたい

補給部隊

永続魔法

(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

[amazonjs asin=”B00J7KD7UO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”★ 3枚セット ★遊戯王 日本語版 ST14-JP022 海外未発売 補給部隊 (ノーマル)”]

【ヴァレット】モンスターは破壊される事を条件にデッキから新たな【ヴァレット】モンスターを展開する共通のモンスター効果を持ちます。

このカードが場に存在すれば、その「破壊」をトリガーにカードをドローすることができるため、場に維持すればアドバンテージを稼ぐことができます。

激流葬げきりゅうそう

激流葬

通常罠

(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。

[amazonjs asin=”B00ZWBP5CU” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”遊戯王OCG 激流葬 ノーマル SD29-JP039 遊戯王アーク・ファイブ STRUCTURE DECK -マスター・オブ・ペンデュラム-“]

繰り返しになってしまいますが、【ヴァレット】モンスターは「破壊された場合」にデッキから新たな【ヴァレット】モンスターを呼び出します。

そのため、このカードの発動で場の【ヴァレット】モンスターを巻き込みつつ相手の場のモンスターを除去し、デッキから新たな【ヴァレット】モンスターを展開します。

終わりに

以上、【ヴァレット】デッキと相性が良いカード一覧でした。

これらのカードの他にも相性が良いと思うカードが御座いましたらコメント欄にて相性が良いと思う理由と共に教えてくださると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】5分で分かる「ヴァレット」デッキ【テーマ解説】

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード集【一覧】

コメント