【遊戯王】5分で分かる「オルターガイスト」デッキ【テーマ解説】

オルターガイストアイキャッチ 効果テキスト・回し方解説

★最初に

今回は【オルターガイスト】の解説を行います。

記事の最後には【オルターガイスト】デッキと相性の良いカードを書いた記事へのリンクもあるので、気になる方は参考にしてみてください。

■【オルターガイスト】についての概要

メインデッキの【オルターガイスト】モンスターについての概要

まずステータスの話ですが、【オルターガイスト】モンスターの種族は「魔法使い族」で統一されています。

それ以外の「属性」、「レベル」等のステータスは統一されておらずバラバラです。

オルターガイストは魔法使い族!

モンスター効果の特徴としては、「モンスターの除去」や「テーマカードのサーチ・サルベージ効果」等の強力な効果を持ちます。

その代わりに打点が低いのが弱点となっています。

【オルターガイスト】罠カードについての概要

【オルターガイスト】罠カードは「モンスターの蘇生」「モンスター効果の無効化」 等の妨害からサポートまで幅広い効果で【オルターガイスト】をサポートします。

また、【オルターガイスト】モンスターはこの【オルターガイスト】罠カードを回収またはアクセスできる効果を持っているのが強み。

何度も使いまわしたり、デッキから直接場にセットしたりすることができます。

■主要となるメインデッキの【オルターガイスト】モンスターの解説

ここでは主要となるメインデッキの【オルターガイスト】モンスターに関しての解説を行います。

オルターガイスト・メリュシーク

オルターガイスト・メリュシーク

効果モンスター
星1/水属性/魔法使い族/攻 500/守 300

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト・メリュシーク」以外の「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

(1)の効果は、「このカードは直接攻撃できる」というもの。
(2)の効果は、「このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手の場のカード1枚を対象として発動可能。そのカードを墓地へ送る。」という誘発効果。

(1)の効果で直接攻撃が可能なので(2)の効果の発動条件である「戦闘ダメージを与えた時」を容易に満たす事ができます。
また、カードの除去方法も「破壊」ではなく「墓地へ送る」なので対象に取れるカードなら大抵のカードを除去できるのが強み。

(3)の効果は、「このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動可能。デッキから【オルターガイスト・メリュシーク】以外の【オルターガイスト】モンスター1体をサーチする」というもの。

発動条件は「墓地へ送られた時」なのでリンク素材にするなどして能動的に発動条件を満たすことが可能。
特にレベル1のモンスター1体をリンク素材とする【リンクリボー】とは非常に相性が良いです。

オルターガイスト・マリオネッター

オルターガイスト・マリオネッター

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1700

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「オルターガイスト」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
(2):自分フィールドの「オルターガイスト」カード1枚と、自分の墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのカードを墓地へ送り、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。

(1)の効果は、「召喚成功時に発動可能、デッキから【オルターガイスト】罠カード1枚を選んで魔法・罠ゾーンにセットする」という誘発効果。

【オルターガイスト】デッキは罠カードを中心としたプレイが基本となるため、召喚するだけで罠カードを持ってこれる効果は重宝します。

また、今後の新規カードで【オルターガイスト】罠カードが登場する度に価値が上がっていくカードといえるでしょう。

ちなみに、現在このカードでアクセスできる【オルターガイスト】罠カードは4種類。

(2)の効果は、「自分の場の【オルターガイスト】カード1枚と、自分の墓地の【オルターガイスト】モンスター1体を対象として発動可能。対象にしたフィールドの【オルターガイスト】カードを墓地へ送り、対象とした墓地の【オルターガイスト】モンスター1体を特殊召喚する」という起動効果。

蘇生するのは【オルターガイスト】モンスターですが墓地へ送るカードの種類は問わないため、罠カードを墓地へ送り蘇生効果を使用することもできます。

オルターガイスト・クンティエリ

効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻 0/守2400

(1):自分フィールドに「オルターガイスト」カードが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
このモンスターが表側表示で存在する間、そのカードの効果は無効になる。

(1)の効果は、「自分の場に【オルターガイスト】カードが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動可能。このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする」という誘発効果。

名称を指定した効果の発動回数制限が設けられていないため、手札に複数体の【オルターガイスト・クンティエリ】が存在する場合は、その回数分相手の攻撃を防ぐ事ができます。

(2)の効果は、「このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動可能。このカードが表側表示で存在する間、そのカードの効果を無効化する」という誘発効果。

基本的には(1)の効果でこのカードを展開した後でこの効果を使用します。

また、このカードは次に紹介する【オルターガイスト・シルキタス】と非常に相性が良いです。

オルターガイスト・シルキタス

効果モンスター
星2/風属性/魔法使い族/攻 800/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの「オルターガイスト」カード1枚を持ち主の手札に戻し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「オルターガイスト」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

効果を2つ持ったモンスター。

(1)の効果は、「このカード以外の自分フィールドの【オルターガイスト】カード1枚を手札に戻し、相手の場のカード1枚を対象として発動可能。対象とした相手の場のカードを手札に戻す」という誘発即時効果。

このカード単体でこの効果が機能しないのが欠点ですが、フリーチェーンでバウンス効果を発動できるのは強力。

自分の場の【オルターガイスト】カードをバウンスする場合は、先程の【オルターガイスト・クンティエリ】をバウンスすれば、相手の場のカードをバウンスしつつ、【オルターガイスト・クンティエリ】の相手の攻撃を無効化する効果をもう一度使用できるようになります。

(2)の効果は、「このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の【オルターガイスト】罠カード1枚を対象として発動可能。その対象とした罠カードを手札に加える」というもの。

繰り返しになってしまいますが、【オルターガイスト】は罠カードを重視するテーマなので、この回収効果は重要になってきます。

オルターガイスト・マルチフェイカー

オルターガイスト・マルチフェイカー

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が罠カードを発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト・マルチフェイカー」以外の「オルターガイスト」モンスター1枚を守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「オルターガイスト」モンスターしか特殊召喚できない。

(1)の効果は「自分が罠カードを発動した場合に発動可能。このカードを手札から特殊召喚する」という誘発効果。

罠カードを主体とする【オルターガイスト】では簡単に発動条件を満たせます。

(2)の効果は「このカードが特殊召喚に成功した場合に発動可能。デッキから【オルターガイスト・マルチフェイカー】以外の【オルターガイスト】モンスター1体を守備表示で特殊召喚する」という誘発効果。

相手ターンにこのカードを特殊召喚した場合は【オルターガイスト・シルキタス】をデッキから特殊召喚してバウンス効果の発動を狙うことができますし、自分のターンに展開した場合は墓地へ送られた場合に効果を発動する【オルターガイスト】モンスターを特殊召喚し、リンク召喚の準備を整えられます。

◆【オルターガイスト】モンスターについての重要なポイントまとめ

  • 魔法使い族で統一されているが、レベル・属性はバラバラ
  • ステータスは低いが、妨害とアドバンテージを稼ぐ効果が優秀

■主要となる【オルターガイスト】リンクモンスターについて解説

オルターガイスト・ヘクスティア

オルターガイスト・ヘクスティア

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/魔法使い族/攻1500
【リンクマーカー:右/下】
「オルターガイスト」モンスター2体

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の「オルターガイスト」モンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):魔法・罠カードの効果が発動した時、このカードのリンク先の「オルターガイスト」モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト」カード1枚を手札に加える。

リンク素材に「【オルターガイスト】モンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
リンクマーカーはエクストラモンスターゾーン、メインモンスターゾーンのどちらでも機能するようになっています。

モンスター効果を三つ持つので、1つずつ見ていきましょう。

(1)の効果は、「このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の【オルターガイスト】モンスターの元々の攻撃力分アップする」というもの。

メインデッキで一番攻撃力の高い【オルターガイスト・マリオネッター】をリンク先に置けば攻撃力3100ポイントとなり上級モンスターでも問題なく処理できる数値になります。

(2)の効果は、「魔法・罠カードの効果が発動した時、このカードのリンク先の【オルターガイスト】モンスター1体をリリースして発動可能。その発動を無効にして破壊する」という誘発効果。

(1)の効果との兼ね合いで打点は下がってしまいますが、「魔法・罠カードの効果の発動」を無効にするための対価としては安いくらい。
リリースするモンスターは【オルターガイスト・メリュシーク】などの、「墓地に送られた場合」に効果を発動するモンスターにしたいところ。
また、この効果の発動には回数制限が無いため、効果を使用した後に何らかの方法でリンク先に【オルターガイスト】モンスターを展開すればそのターン中にもう一度効果を使用できます。

(3)の効果は、「このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動可能。デッキから【オルターガイスト】カード1枚を手札に加える」という誘発効果。

発動条件も緩く、モンスター・罠等のカードの種類を問わずに【オルターガイスト】をサーチできます。

■【オルターガイスト】罠カードについて解説

【オルターガイスト】をサポートする罠カードの解説をします。

ここで解説する1枚を除くカードは全て【オルターガイスト】の名を持つため、テーマ内の効果でサーチ、サルベージ、リクルート可能。

オルターガイスト・カモフラージュ

通常罠
(1):自分フィールドの「オルターガイスト」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは相手モンスターの攻撃対象にされない。
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる。)
(2):装備モンスターを対象として発動した相手モンスターの効果は無効化される。
(3):自分フィールドの「オルターガイスト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

効果を三つ持った通常罠カード。

(1)の効果は、「自分の場の【オルターガイスト】モンスターを対象としてこのカードを発動可能。このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターは相手の攻撃対象にされない」というもの。

【オルターガイスト】を相手の攻撃から守る事ができるため、打点の低い【オルターガイスト】の場持ちの良さを格段に向上させます。

(2)の効果は、「装備モンスターを対象として発動した相手モンスターの効果は無効化される」というもの。

(1)の効果の合わせると、「攻撃対象に選択されず、自身と対象としたモンスター効果を受け付けない」という状態になります。

(3)の効果は、「自分の場の【オルターガイスト】カードが破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる」というもの。

モンスターだけではなく罠カードの破壊もこの効果で守る事が可能。
また、【復活の福音】と同じく同時に2枚以上の【オルターガイスト】カードが破壊される場合でもこのカード1枚を除外すれば複数枚の破壊を防げます。

オルターガイスト・マテリアリゼーション

オルターガイスト・マテリアリゼーション

通常罠

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
このカードがフィールドを離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「オルターガイスト」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

(1)の効果は、「自分の墓地の【オルターガイスト】モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとして装備する。このカードがフィールドを離れた時にそのモンスターは破壊される。」というもの。

ちなみに、この効果の発動にチェーンして【オルターガイスト・シルキタス】の効果を発動すれば、墓地の【オルターガイスト】を完全蘇生しつつこのカードを手札に戻し、更に相手の場のカード1枚をバウンス可能。

 

(2)の効果は、「墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の【オルガーガイスト】罠カード1枚を対象として発動可能。そのカードを手札に加える。」というもの。

基本的にはこのカードは【オルターガイスト・シルキタス】の回収効果で何度も再利用したいのでなるべく墓地から除外しないほうが良いですが、保険用と考えれば優秀な効果。

オルターガイスト・プロトコル

永続罠

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの「オルターガイスト」カードの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、このカード以外の自分フィールドの表側表示の「オルターガイスト」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

<

永続罠カード。

(1)の効果は、「このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、自分の場の【オルターガイスト】カードの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない」というもの。

安全に【オルターガイスト】カードの効果を発動する事ができます。

(2)の効果は「相手がモンスター効果を発動した時に、このカード以外の自分の場の表側表示の【オルターガイスト】カード1枚を墓地へ送って発動可能。その発動を無効にして破壊する。」というもの。

リンク状態の【オルターガイスト・ヘクスティア】と合わせるとスペルスピード2以下のモンスター・魔法・罠カード全ての効果を無効化できる状態になります。

初動で【オルターガイスト・マリオネッター】から持ってくれば、1度はモンスター効果を無効化できる状態に持ち込めるのが強力。

オルターガイスト・エミュレルフ

オルターガイスト・エミュレルフ

永続罠

(1):このカードは発動後、効果モンスター(魔法使い族・光・星4・攻1400/守1800)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
(2):このカードの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの「オルターガイスト」罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。

発動後に効果モンスターとしてモンスターゾーンに特殊召喚される永続罠カード。

(2)の効果で特殊召喚した自身がモンスターゾーンに存在する限り、自身以外の【オルターガイスト】罠カードの対象にならず、効果では破壊されないという耐性を付与します。

自分の場の【オルターガイスト】罠カードが破壊されそうになった場合にチェーンして発動し、破壊から防ぐと良いでしょう。

また、【オルターガイスト】の名を持つモンスターとして特殊召喚されるため、【オルターガイスト・ヘクスティア】のリンク素材、またはリンク先に出すためのモンスターとしても優秀。

パーソナル・スプーフィング

永続罠

(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「オルターガイスト」カード1枚を持ち主のデッキに戻して発動できる。
デッキから「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

永続罠カード。

効果は、「1ターンに1度、手札か自分の場の表側表示のカードの中から、【オルターガイスト】カード1枚をデッキに戻して発動可能。デッキから【オルターガイスト】モンスター1体を手札に加える」というもの。

フリーチェーンでこの効果を使用できるため、その時々で必要な【オルターガイスト】モンスターをデッキから調達できます。
サーチできるのは【オルターガイスト】モンスターですが、デッキに戻すのは【オルターガイスト】罠カードでも大丈夫です。

非常に優秀な効果を持ちますが、カード名に【オルターガイスト】を含まないためにテーマ内でサーチやリクルートが利かないのが弱点。

■まとめ~【オルターガイスト】デッキの基本的な戦術~

打点が低い【オルターガイスト】が取る基本戦術は「相手の妨害」です。

序盤は【オルターガイスト・メリュシーク】や【オルターガイスト・マリオネッター】の効果で妨害のための準備を整えます。

中盤は【オルターガイスト・シルキタス】のバウンスや、【オルターガイスト・クンティエリ】の効果で相手を妨害しながらモンスターを増やし、【オルターガイスト・ヘクスティア】をリンク召喚を狙います。

以降は相手の場のカードを【オルターガイスト】カードの効果で除去、または相手のカード効果を無効化しながら、アドバンテージの差をつけていきます。

一度周り出せば相手の殆どの行動を封殺する事ができるようになるのが【オルターガイスト】の強みです。

終わりに

以上、【オルターガイスト】の解説でした。

他にも解説して欲しいテーマなどがございましたらコメント欄でリクエストしてくれると嬉しいです。
また、間違ってるところとかあったらそれも教えてくれると有り難いです。

ここでは解説しなかった【オルターガイスト】カードもあるため、それらのカードが気になる場合は遊戯王公式データーベースなどでご確認ください。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】「オルターガイスト」デッキと相性が良いカード【一覧】

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード集【一覧】

【遊戯王】テーマ解説記事【一覧】

DMM 電子書籍
なんでここに先生が!?
大好評「先生」シリーズ、シーズン4!今度は、笑顔がつくりたい先生と恋人がつくりたい男子の一方通行ラブコメ!「絶対零度の立花」と呼ばれる保健の立花先生は、いつも無口・無表情で何を考えているのか分からない‥‥。そんな無表情な先生だけど体のほうは表情豊か!? 知れば知るほど可愛くなる10エピソード+単行本描き下ろしの後日談16Pを収録!
効果テキスト・回し方解説
この記事をシェアする
【ENJOY遊戯王】をフォローする
DMM 電子書籍
亜人ちゃんは語りたい
僕らと少しだけ違う「亜人」、最近では「デミ」と呼ばれています。(demi-humanから来てるらしい)。キュートな悩みがあるのです。規格外新人ペトスが描く、とびきりカワイイハイスクール亜人コメディ!
ENJOY遊戯王

コメント

  1. 777 より:

    竹光や里等のロックカードを混ぜるとより妨害できますね。盆回しで相手にオレイカルコスの結界、こちらに里とかも理想の型です。
    火力不足が否めないので妖精伝姫を混ぜると平均火力は上がりますがクンティエリとマリオネッターが使いづらくなるのでほどほどにしなければなりませんね。

    VRAINSはサイバース以外は強さに反してカードプールが少なすぎますね。年明け以降に期待してます。

    • コメンタ コメンタ より:

      竹光ロックは目から鱗ですね~。確かに相性が良さそうです。

      ヴレインズのアニメテーマはカードプールが少ないには同意です。
      ですが少ないカードプールで1枚1枚にそれなりのカードの役割が設けられているのは印象が良いですね。(プライムバンシーは知ら管)

      サイバースはストラクで化けるか・・?といった感じでしょうかね

  2. rr2 より:

    マテリアリゼーションの発動にチェーンしてシルキタスのバウンス効果、このコンボ本当に強いですよね。
    所で質問なのですが、マテリアリゼーションの発動に対してパーソナルスプーフィングの効果でマテリアリゼーションを戻してオルターガイストモンスターをサーチ、その後マテリアリゼーションの効果で墓地のモンスターを蘇生することは出来ますか?

    個人的には出来ると思うのですが、、調べても出てこなかったので返答お願いします。

  3. 持ちデッキ最強は時械神になる可能性...? より:

    オルターガイストデッキ、組んでみようと思いました。
    採用するドローソースについてですが、
    コメンタさんは「強欲で謙虚な壺」と「成金ゴブリン」、
    どちらの方が適していると思いますか?

    強謙は特殊召喚が封じられるデメリット、
    成金は打点の低いオルターガイストには噛み合わないのでは、
    と悩んでいます。

    強欲で貪欲な壺は少々値が張るので…ぜひ意見が聞きたいです!

    • コメンタ コメンタ より:

      自分で【オルターガイスト】デッキを組んでみて判断したいので、少々お待ち下さい!

      少し自分で回してみてから、個人的な意見をコメントで述べたいと思います!

    • コメンタ コメンタ より:

      返信遅れました

      【オルターガイスト】デッキを使用して優勝しているデッキレシピを調べてみたところ、どちらも採用している、どちらかの場合は「強欲で謙虚な壺」のみを採用しているデッキレシピが多いため、「強欲で謙虚な壺」を採用するのが良いと思います。

      https://enjoy-yugioh.com/altergeist-yusho-deck/

      「成金ゴブリン」は相手のライフを回復してしまうので、私もすこし噛み合わないと思います!

      参考になれば・・・