【遊戯王】5分で分かる「霊獣(れいじゅう)」デッキ【テーマ解説】

効果テキスト・回し方解説

★最初に

この記事では【霊獣】の解説をします。

■【霊獣】についての概要

【霊獣】とは、【精霊獣】、【霊獣使い】、【聖霊獣騎】の3つのカテゴリーが1つにまとまったテーマです。

■【精霊獣】モンスターの解説

ここでは【精霊獣】モンスターの解説を行います。

【精霊獣】モンスターの特徴

【精霊獣】モンスターの属性は「風属性」で統一されています。

モンスター効果は、【霊獣】カードを除外する事に特化しています。

また、【精霊獣】モンスターは同名モンスターを1ターンに1度しか特殊召喚できないルール効果を持ちます。

■【精霊獣】モンスターの効果テキスト詳細

精霊獣せいれいじゅう アペライオ

効果モンスター
星4/風属性/炎族/攻1800/守 200

自分は「精霊獣 アペライオ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の「霊獣」カード1枚を除外して発動できる。
このターン中、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●自分フィールドの「霊獣」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、1ターンに1度、自分の墓地の【霊獣】カード1枚を除外して発動可能な誘発即時効果で、発動ターン中、「自分フィールドの【霊獣】モンスターの攻撃力を500ポイントアップする」という効果を適用します。

この効果を発動したタイミングで場に存在した【霊獣】モンスターのステータスを強化するのではなく、この効果を発動したターン中の【霊獣】モンスターのステータスを強化します。

つまり、この効果を発動した後に展開された【霊獣】モンスターであっても攻撃力は強化されます。

また、この効果には名称を指定した発動回数制限が設けられていないため、1ターンに複数回この効果を発動できればその効果は重複し、その発動した数×500の数値を【霊獣】モンスター全体に与えられます。

精霊獣せいれいじゅう ラムペンタ

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1600/守 400

自分は「精霊獣 ラムペンタ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
エクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を除外し、そのモンスターと同じ種族の「霊獣」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

採用優先度★★★★★

(1)の効果は、自分のメインフェイズに発動可能な起動効果で、エクストラデッキから【霊獣】モンスター1体を除外し、その除外したモンスターと同じ種族の【霊獣】モンスター1体を墓地へ送ります。

除外されている【霊獣】カードを増やしつつ、デッキの【霊獣】モンスターも墓地へ送れるため優秀。

精霊獣せいれいじゅう カンナホーク

効果モンスター
星4/風属性/雷族/攻1400/守 600

自分は「精霊獣 カンナホーク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「霊獣」カード1枚を除外する。
発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

採用優先度★★★★★

(1)の効果は、1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動可能な起動効果で、デッキから【霊獣】カード1枚を除外し、この効果の発動後2回目のスタンバイフェイズにこの効果で除外したカードを手札に加えます。

【霊獣】専用の【封印の黄金櫃】のような効果ですね。

精霊獣せいれいじゅう ペトルフィン

効果モンスター
星4/風属性/水族/攻 0/守2000

自分は「精霊獣 ペトルフィン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、手札の「霊獣」カード1枚を除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、1ターンに1度、自分の手札の【霊獣】カード1枚を除外し、相手の場のカード1枚を対象として発動可能な起動効果で、対象としたカードを手札に戻します。

モンスター、魔法・罠等のカードの種類を問わずにバウンスできるのは強力。

■【霊獣使い】モンスターの解説

ここでは【霊獣使い】モンスターの解説を行います。

【霊獣使い】モンスターの特徴

【霊獣使い】モンスターの属性は【精霊獣】と同じく「風属性」で統一されています。

モンスター効果は【霊獣】モンスターを展開する事に特化しています。

また、【霊獣使い】モンスターも同じく同名モンスターは1ターンに1度しか特殊召喚できません。

■【霊獣使い】モンスターの効果テキスト詳細

霊獣使れいじゅうつかいの長老ちょうろう

効果モンスター
星2/風属性/サイキック族/攻 200/守1000

自分は「霊獣使いの長老」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功したターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「霊獣」モンスター1体を召喚できる。

採用優先度★★★★★

(1)の効果は、このカード自身が召喚に成功したターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに【霊獣】モンスターを召喚できるようにする効果。

理由は後半で分かりますが、【霊獣】デッキでは自分の場に2体の【霊獣】モンスターを展開するのが非常に重要になるため、この展開補助効果は大事になります。

霊獣使れいじゅうつかい ウェン

効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1500/守1000

自分は「霊獣使い ウェン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、除外されている自分の「霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、このカード自身が召喚に成功した場合、除外されている【霊獣】モンスター1体を対象として発動できる誘発効果で、対象としたモンスターを特殊召喚します。

霊獣使れいじゅうつかい レラ

効果モンスター
星1/風属性/サイキック族/攻 100/守2000

自分は「霊獣使い レラ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地の「霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、このカード自身が召喚に成功した場合、自分の墓地の【霊獣】モンスター1体を対象として発動可能な誘発効果で、対象としたモンスターを特殊召喚します。

英霊獣使えいれいじゅうつかい-セフィラムピリカ

ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1000/守1500

【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「霊獣」モンスター及び「セフィラ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。

【モンスター効果】
自分は「英霊獣使い-セフィラムピリカ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・P召喚に成功した時、「英霊獣使い-セフィラムピリカ」以外の自分の墓地の、「霊獣」モンスターまたは「セフィラ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、このカード自身が召喚・ペンデュラム召喚に成功した時、自分の墓地の【霊獣使いーセフィラムピリカ】以外の墓地に存在する【霊獣】モンスターまたは【セフィラ】モンスター1体を対象として発動可能な誘発効果で、対象としたモンスターを特殊召喚します。

召喚時のつり上げ効果なので役割が【霊獣使い レラ】と殆ど被っていますが、効果が同じでもカード名が異なるというのは【霊獣】デッキではありがたいです。

また、このモンスターはペンデュラムモンスターではありますが、【霊獣】単体でデッキを組む場合はペンデュラム召喚を狙うのが難しいため、【霊獣】デッキにおいてはあまり気にしなくて良いです。

精霊獣使せいれいじゅうつかい ウィンダ

効果モンスター
星4/風属性/サイキック族/攻1600/守1800

自分は「精霊獣使い ウィンダ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキまたはエクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

採用優先度・★★★★

(1)の効果は、このカードが相手によって破壊された場合に発動可能な誘発効果で、デッキまたはエクストラデッキから【霊獣】モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚します。

エクストラデッキのモンスターもリクルートできる珍しいリクルーター。

また、このカードはカード名が他の【霊獣使い】モンスターとは違い【精霊獣使い】なので、【精霊獣】と【霊獣使い】のどちらのカテゴリにも属するモンスター。

上記の理由から、このカードは次に解説する【聖霊獣騎】モンスターの素材として便利。

■【聖霊獣騎】モンスターの解説

ここでは【聖霊獣騎】モンスターについて解説します。

【聖霊獣騎】モンスターの特徴

【聖霊獣騎】モンスターは全てエクストラモンスターで構成されており、1体のリンクモンスターを除き全てが融合モンスターで構成されています。

【聖霊獣騎】融合モンスターは【融合】魔法カードを使用せずに、自分の場に存在する【霊獣使い】モンスターと【精霊使い】モンスターを除外する事でエクストラデッキから特殊召喚できます。

ちなみに、【精霊獣使い ウィンダ 】は【精霊獣】でもあり【霊獣使い】でもあるため、【精霊獣使い ウィンダ 】2体を素材として【聖霊獣騎】モンスターを特殊召喚する事もできます。

また、【聖霊獣騎】モンスターは自分自身をエクストラデッキに戻すことで、除外されている【精霊獣】モンスター1体と【霊獣使い】モンスター1体ずつを守備表示で特殊召喚することができます。

この【融合解除】にも似た能力をフリーチェーンで使用できるため、戦術に幅が広がります。

■【聖霊獣騎】モンスターの効果テキスト詳細

聖霊獣騎せいれいじゅうき カンナホーク

聖霊獣騎 カンナホーク

融合・効果モンスター
星6/風属性/雷族/攻1400/守1600
「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):1ターンに1度、除外されている自分の「霊獣」カード2枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ戻し、デッキから「霊獣」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを持ち主のEXデッキに戻し、除外されている自分の、「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

採用優先度★★★★★

自分の場の【霊獣使い】モンスター1体と【精霊獣】モンスター1体を除外する事で特殊召喚できるモンスター。

(1)の効果は、1ターンに1度、除外されている自分の【霊獣】カード2枚を対象として発動可能な起動効果で、対象としたカードを墓地へ戻し、デッキから【霊獣】カード1枚を手札に加えます。

(2)の効果は、このカード自身をエクストラデッキに戻し、除外されている【霊獣使い】モンスター1体と【精霊獣】モンスター1体を対象として発動可能な誘発即時効果で、対象とした2体のモンスターを守備表示で特殊召喚します。

ちなみに、(1)の起動効果を除外されている【霊獣】カード2枚を対象として発動し、それにチェーンしてこの(2)の効果を(1)の効果で対象としたカード1枚と、それ以外の【霊獣】モンスター1体を対象として発動すれば、(1)の効果で墓地へ送るカードは1枚で【霊獣】カード1枚をサーチ可能。

そして、場に特殊召喚した【精霊獣】モンスターと【霊獣使い】モンスターを除外する事で再び【聖霊獣騎 カンナホーク】を特殊召喚可能。

除外されているカードに余裕があれば再び先程の要領で【霊獣】カードをサーチできるため、なるべく多くの【霊獣】モンスターを除外してプレイを進めたいところ。

聖霊獣騎せいれいじゅうき アペライオ

融合・効果モンスター
星6/風属性/炎族/攻2600/守 400
「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):このカードは攻撃する場合、ダメージステップ終了時までこのカード以外のカードの効果を受けない。
(2):このカードを持ち主のEXデッキに戻し、除外されている自分の、「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

採用優先度・・★★★

自分の場の【霊獣使い】モンスターと【精霊獣】モンスター1体ずつを除外することで特殊召喚可能なモンスター。

(1)の効果は、このカード自身が攻撃する場合、ダメージステップ終了時までこのカードは他のカード効果を受けない永続効果。

(2)の効果は自身をエクストラデッキに戻す事で除外されている【霊獣】モンスターと【精霊獣】モンスターを帰還できる【聖霊獣騎】共通の効果。

聖霊獣騎せいれいじゅうき ペトルフィン

融合・効果モンスター
星6/風属性/水族/攻 200/守2800
「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):このカードは効果では破壊されない。
(2):このカードをエクストラデッキに戻し、除外されている自分の「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

採用優先度・・★★★

自分の場の【霊獣使い】モンスターと【精霊獣】モンスター1体ずつを除外することで特殊召喚可能なモンスター。

(1)の効果はこのカード自身が効果で破壊されない永続効果。

(2)の効果は自身をエクストラデッキに戻す事で除外されている【霊獣】モンスターと【精霊獣】モンスターを帰還できる【聖霊獣騎】共通の効果。

効果で破壊されず守備力が2800ポイントもあり、更には(2)の効果でフリーチェーンで融合解除できるため、壁モンスターとして優秀。

聖霊獣騎せいれいじゅうき キムンファルコス

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:右下/左下】
「霊獣」モンスター×2

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の「霊獣」モンスターの攻撃力・守備力は600アップする。
(2):自分の墓地から「霊獣」カード1枚を除外して発動できる。
手札から「霊獣」モンスター1体を召喚する。
(3):このカードを持ち主のEXデッキに戻し、除外されている自分の、「霊獣使い」モンスター1体と「精霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

採用優先度★★★★★

【聖霊獣騎】モンスターの中での唯一のリンクモンスター。
【霊獣】モンスター2体を素材にリンク召喚できます。

(1)の効果は、このカードのリンク先の【霊獣】モンスターの攻撃力・守備力を600ポイントアップする永続効果。

(2)の効果は、自分の墓地の【霊獣】カード1枚を除外して発動可能な起動効果で、手札の【霊獣】モンスター1体を召喚します。

【霊獣】カードはなるべく除外されていた方が都合が良く、かつ召喚権の足りない【霊獣】にとってはありがい効果。

(3)の効果は自身をエクストラデッキに戻す事で除外されている【霊獣】モンスターと【精霊獣】モンスターを帰還できる【聖霊獣騎】共通の効果。

聖霊獣騎せいれいじゅうき ガイアペライオ

融合・効果モンスター
星10/光属性/サイキック族/攻3200/守2100
「聖霊獣騎」モンスター+「霊獣使い」モンスター+「精霊獣」モンスター
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

(1):上記の方法で特殊召喚したこのカードは以下の効果を得る。
●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、手札から「霊獣」カード1枚を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

採用優先度・★★★★

場の【聖霊獣騎】モンスター1体、【霊獣使い】モンスター1体、【精霊獣】モンスター1体を除外する事で特殊召喚可能なモンスター。

素材が【聖霊獣騎】モンスターの中では一番重いですが、攻撃力は3200ポイントと一番高いです。

(1)の効果は、モンスター効果・魔法・罠カードが発動した時、手札の【霊獣】カード1枚を除外して発動可能な誘発効果で、その発動を無効にして破壊します。

この効果には発動回数に制限が設けられていないため、手札コストが許す限り、相手のカード効果を無効化できます。

このように高い攻撃力や効果を持ちますが、【聖霊獣騎】共通の分離効果は持ち合わせていないのが欠点。

■【霊獣】サポート魔法・罠カードについて解説

ここでは【霊獣】モンスターをサポートする効果を持った魔法・罠カードを紹介します。
ここで紹介するカードは【聖霊獣騎 カンナホーク】の効果でデッキからサーチ可能。

霊獣れいじゅう相絆しょうばん

霊獣の相絆

速攻魔法

(1):自分フィールドの表側表示の「霊獣」モンスター2体を除外して発動できる。
エクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

採用優先度・・★★★

自分の場の表側表示の【霊獣】モンスター2体を除外して発動可能な速攻魔法カード。
エクストラデッキの【霊獣】モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚します。

【霊獣使い】のみ、または【精霊獣】モンスターのみの場合に融合モンスターを展開できたり、バトルフェイズに発動する事で追撃して相手のライフを一気に削ることも可能。

霊獣れいじゅう誓還せいかん

速攻魔法

(1):手札から「霊獣」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスターの中から、「霊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

採用優先度・★★★★

手札の【霊獣】モンスター1体を除外し、自分の墓地または除外されている【霊獣】モンスター1体を対象として発動可能な速攻魔法カード。
対象としたモンスターを特殊召喚します。

【精霊獣ラムペンタ】や【精霊獣 カンナホーク】しか手札に存在しなくて【聖霊獣騎】モンスターを展開できないような場面で便利。

霊獣れいじゅう騎襲きしゅう

通常罠

「霊獣の騎襲」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「霊獣使い」モンスターと「精霊獣」モンスターをそれぞれ1体ずつ対象として発動できる。
対象のモンスターを守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「霊獣」モンスターしか特殊召喚できない。

採用優先度・・★★★

自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、【霊獣使い】モンスターと【精霊獣】モンスターをそれぞれ1体ずつを対象として発動可能な通常罠カード。

対象とした2体のモンスターを守備表示で特殊召喚します。

発動後、ターン終了時まで自分は【霊獣】モンスターしか特殊召喚できなくなります。

このカード1枚で【霊獣使い】と【精霊獣】モンスターの2体を一気に展開できるのは強力。
また、【霊獣】モンスターしか特殊召喚できないデメリットも、エンドフェイズなどに発動すれば大きな問題にはなりません。

霊獣れいじゅう連契れんけい

霊獣の連契

通常罠

(1):自分フィールドに「霊獣」モンスターが存在する場合に発動できる。
自分フィールドの「霊獣」モンスターの数まで、フィールドのモンスターを選んで破壊する。

採用優先度★★★★★

自分の場に【霊獣】モンスターが存在する場合に発動可能な通常罠カード。
自分の場の【霊獣】モンスターの数まで、フィールドのモンスターを選んで破壊します。

【霊獣】カードの中でも貴重なカード除去効果持ち。
対象を取らずに複数体のモンスターを一気に破壊できます。

■まとめ~【霊獣】デッキの基本的な戦術~

【霊獣使い】モンスターの効果を使用して自分の場に【精霊獣】と【霊獣使い】の2体のモンスターを展開し、それらのモンスターを除外して【聖霊獣騎】モンスターを特殊召喚。

その【聖霊獣騎】モンスターで相手のライフを削るのが【霊獣】デッキの基本的な戦術となります。

【霊獣】モンスターが多く除外されればされるほど有利にデュエルを進めることができるため、相手のプレイを妨害しつつカードを除外できる【次元の裂け目】、【マクロコスモス】等の永続カードを採用する場合もあります。

■終わりに

以上、【霊獣】の解説でした。

他にも解説して欲しいテーマなどがございましたらコメント欄でリクエストしてくれると嬉しいです。
また、間違ってるところとかあったらそれも教えてくれると有り難いです。

■あわせて読みたい記事

【遊戯王】「霊獣(れいじゅう)」デッキと相性が良いカード【一覧】

【遊戯王】「純構築霊獣(れいじゅう)」【デッキレシピ】

【遊戯王】デッキ構築に便利な汎用カード集【一覧】

【遊戯王】テーマ解説記事【一覧】

コメント

  1. 匿名 より:

    キムンファルコスのおかげで回しやすくなったのと、カンナホーク再録で組みやすくなった。
    ただ、記事にするならリンクヴレインズパック直後の方が良かったかもね、みんなハリファイバーの事しか書いてなかった時期だし。

    • コメンタ コメンタ より:

      コメありです~
      キムンファルコスはテーマの強化の仕方が上手な効果を持っていますよね~

      記事にする時期はあんまり考えてないので、これからも時期外れな記事ばかり書くかも知れませんがご了承くださいw