【遊戯王】5分で分かる「闇黒の呪縛」デッキ【ストラク解説】

効果テキスト・回し方解説

★最初に

今回の記事では【ストラクチャーデッキR 闇黒の呪縛】がどんなデッキか、どんな動きをするデッキなのかを新規カードの効果と共に解説します。

このデッキと相性が良いカードも紹介しています。

■【闇黒あんこく呪縛じゅばく】カードリスト


●モンスターカード(22枚)

  • 闇黒の魔王ディアボロス(新規カード)
  • 悪魔嬢リリス(新規カード)
  • 悪王アフリマ(新規カード)
  • 影王デュークシェード(新規カード)
  • 魔王ディアボロス
  • 死王リッチーロード
  • 闇王プロメティス
  • 戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン
  • 怨邪帝ガイウス
  • 真魔獣 ガーゼット
  • 虚無魔人
  • ミストデーモン
  • ヘル・ドラゴン
  • デーモンの騎兵
  • ヘルウェイ・パトロール
  • ファントム・オブ・カオス
  • 疫病狼
  • 魔サイの戦士
  • クリバンデット
  • 魔界発現世行きデスガイド
  • 絶対王 バック・ジャック
  • サクリボー

●魔法カード(8枚)

  • 闇黒世界-シャドウ・ディストピア-(新規カード)
  • 悪夢再び
  • 闇の誘惑
  • 手札抹殺
  • おろかな副葬
  • ブーギートラップ
  • 終焉の焔
  • 禁止令

●罠カード(11枚)

  • 悪のデッキ破壊ウイルス(新規カード)
  • 死のデッキ破壊ウイルス
  • 魔のデッキ破壊ウイルス
  • 影のデッキ破壊ウイルス
  • 闇の閃光
  • 闇よりの罠
  • マインドクラッシュ
  • 仁王立ち
  • 暗黒の呪縛
  • 悪魔の憑代

■新規カードの効果テキスト詳細

新規カードの効果の解説と、デッキ内での役割の解説をします。

闇黒世界あんこくせかい-シャドウ・ディストピア-

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-

フィールド魔法

(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

採用優先度★★★★★

このストラクチャーデッキで最も重要な役割を担うフィールド魔法カード。

(1)の効果は、フィールドの表側表示モンスター全てを闇属性として扱う効果。

フィールドの闇属性をサポートするカードを使いやすくしたり、(2)の効果の効果範囲を広げる役割があります。

(2)の効果は、1ターンに1度、自分の場のモンスターをコストとしてリリースする場合、自分の場のモンスターの代わりに相手の場の闇属性モンスター1体をリリースする事が可能な効果。

このカードの(1)の効果で場の表側表示モンスターは全て闇属性として扱われるため、相手の場に表側表示のモンスターが存在すればそのモンスターをコストとしてリリースする事が可能となります。

(3)の効果は、自分または相手のエンドフェイズに強制発動する効果で、そのターンにリリースされたモンスターの数まで、ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」を可能な限り守備表示で特殊召喚します。

生成したトークンはカード効果の発動コストとしてリリースしても良いですし、リンク召喚などの素材とする事もできます。
相手の場にトークンが特殊召喚されるのはエンドフェイズのため、トークンが相手のリンク召喚等に活用されるリスクも小さくなっています。

闇黒あんこく魔王まおうディアボロス

闇黒の魔王ディアボロス

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000

このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

採用優先度★★★★★

このデッキのエースモンスター。

(1)の効果は、このカードが手札または墓地に存在し、自分の場の闇属性モンスターがリリースされた場合に発動可能な誘発効果で、このカードを特殊召喚します。

レベル8の最上級モンスターではありますが、この効果のおかげで非常に簡単に場に展開できます。

(2)の効果は、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード自身をリリースする事ができず、効果の対象にもできない永続効果。

リリースされないため、【壊獣】のようなモンスターで除去されることがありません。

(3)の効果は自分の場の闇属性モンスター1体をリリースして発動可能な起動効果で、相手は自分自身の手札を1枚選び、デッキの一番上、または下に戻します。

デッキに戻すカードは相手が決めますが、手札の枚数を減らすことは相手のプレイを妨害するのに効果的。
また、このカード自身は(1)の効果で簡単に蘇生できるため、このカード自身をリリースしてこの(3)の効果を発動するのもあり。

悪王あくおうアフリマ

悪王アフリマ

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
この効果を発動するためにこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローする代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加える事ができる。

採用優先度★★★★★

(1)の効果は、手札に存在するこのカードを捨てて発動可能な起動効果で、デッキから【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】1枚を手札に加えます。

(2)の効果は、自分の場の闇属性モンスター1体をコストとしてリリースして発動可能な起動効果で、デッキからカードを1枚ドローします。
コストとしてこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローの代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加えることができます。

この効果でデッキの切り札である【闇黒の魔王ディアボロス】をサーチする事ができます。

デッキのキーカードである【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】と【闇黒の魔王ディアボロス】の両方をサーチできるため、採用優先度も高いです。

悪魔嬢あくまじょうリリス

悪魔嬢リリス

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻2000/守 0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

採用優先度・★★★★

(1)の効果は、召喚したこのカード自身の攻撃力は1000ポイントになるルール効果。

(2)の効果は、自分の場の闇属性モンスター1体をリリースして発動可能な誘発即時効果で、自分のデッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手にその中の1枚を選ばます。その選ばせたカードを1枚を自分の場にセットし、残りのカードはデッキに戻します。

伏せるカードは相手がランダムに選びますが、同名カードを3枚をデッキから選ぶ事もできるため、自分の狙ったカードをセットする事も可能です。

【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が発動していれば、フリーチェーンで相手の場のモンスターをリリースしながら効果を発動できます。

影王かげおうデュークシェード

影王デュークシェード

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 500/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドの闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力はリリースしたモンスターの数×500アップする。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

採用優先度・・★★★

(1)の効果は、自分の場の闇属性モンスターを任意の数だけリリースして発動可能な起動効果で、手札のこのカードを特殊召喚し、リリースしたモンスターの数×500ポイントの数値を自分の攻撃力に加えます。

【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が場に存在すれば、相手の場のモンスター1体を巻き込んでこの効果を発動する事ができます。

リリースしたモンスターの数×500ポイントの数値を得られますが、元々の攻撃力が500ポイントしかないため、高い攻撃力を狙うには多くのモンスターをリリースする必要があります。

(2)の効果は、このカード自身が召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル5以上の闇属性モンスター1体を対象として発動可能な誘発効果で、対象としたモンスターを手札に加えます。

あくのデッキ破壊はかいウイルス

悪のデッキ破壊ウイルス

通常罠

(1):自分フィールドの攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの攻撃力500につき1枚、相手は自身の手札・デッキからカードを選んで破壊する。
このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内のモンスターを全て破壊する。
また、このカードの効果で破壊され墓地へ送られているカードは、破壊されたターンには効果を発動できない。

採用優先度・・★★★

自分の場の攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動可能な通常罠カード。
リリースしたモンスターの攻撃力500ポイントにつき1枚、相手は自分自身の手札またはデッキのカードを自分自身で選んで破壊します。

この効果だけでは、相手は自分の好きな手札またはデッキのカードを墓地へ送る事ができるため、相手のデッキ圧縮&墓地肥やしを助けてしまうだけですが、このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その中のモンスターカードを全て破壊します。

この効果は非常に強力なため、このカードを発動する場合はできるだけ攻撃力2000以上のモンスターをコストとしてリリースしたいところ。

勿論、【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が発動していれば相手の場の攻撃力3000以下のモンスターをコストとしてリリースしてこのカードを発動する事ができます。

■このストラクチャーデッキのコンセプト

このストラクチャーデッキで登場した新規カードは、殆どが自分の場の闇属性モンスターをリリースする事で効果を発動します。

そして、このデッキのメインエンジンとなる【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】を発動していれば、自分の場のモンスターをリリースする代わりに相手の場のモンスターをリリースする事が可能となります。

この効果を活用して相手の場のモンスターをコストとしてリリースしながらデュエルを進めるのが基本的な戦術となります。

【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が発動できなければコストを全て自己負担しなければいけなくなるので、なるべく早めに発動したいところ。

【悪王アフリマ】の他にも【テラ・フォーミング】、【盆回し】等のフィールド魔法カードをサーチできるカードを併せて採用したいところ。

■【闇黒の呪縛】と相性が良いカード

テラ・フォーミング

テラ・フォーミング

通常魔法(制限カード)
(1):デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

ノーコストでフィールド魔法カードをサーチ可能な通常魔法カード。

このカードだけではサーチが不安なら【盆回し】等のサーチカードも採用しましょう。

おろかな埋葬まいそう

おろかな埋葬

通常魔法(制限カード)
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

デッキからモンスター1体を墓地へ送ることができる通常魔法カード。

【闇黒の魔王ディアボロス】をデッキから墓地へ送り、自身の効果での蘇生を狙います。

多次元壊獣たじげんかいじゅうラディアン

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2800/守2500

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
自分フィールドに「ラディアントークン」(悪魔族・闇・星7・攻2800/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンはS素材にできない。

相手の場のモンスターをリリースする事で相手の場に展開される【壊獣】モンスターの内の1体。

このモンスターはレベル5以上のモンスターなので【影王デュークシェード】の効果で墓地から手札に加えることができます。

また、相手の場に特殊召喚されたこのカードは【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が発動していれば【悪のデッキ破壊ウイルス】等のコストとして最適。

終末しゅうまつ騎士きし

終末の騎士

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1200

(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

場に展開した時にデッキの闇属性モンスターを墓地へ送ることができるモンスター。

【闇黒の魔王ディアボロス】を墓地へ送ることで蘇生を狙います。
また、この効果でレベル5以上の闇属性モンスターを墓地へ送れば、【影王デュークシェード】の回収効果で擬似的にそのモンスターをサーチすることができます。

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

場のトークン以外の闇属性モンスター2体を融合素材として融合召喚できる強力な融合モンスター。

【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】が発動していればフィールドの表側表示モンスターは全て闇属性として扱われるため、場の表側表示モンスター全てを融合素材とすることが可能。

相手の場のモンスターを融合素材として調達できる【超融合】と併せて採用したいところ。

M・HEROマスクドヒーロー ダーク・ロウ

M・HERO ダーク・ロウ

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800

このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。

相手の手札増強に反応して相手の手札を除外する誘発効果と相手の墓地に送られるカードを除外するという強力な効果を2つ持つ融合モンスター。

自分の場の闇属性モンスターを墓地へ送る事でこのカードを特殊召喚できる【マスク・チェンジ・セカンド】と共に採用すると良いでしょう。

これらのカードの他にもオススメのカードがあったらコメント欄にて教えていただけると嬉しいです。

終わりに

以上、ストラクチャーデッキR「闇黒の呪縛」の解説でした。

他に解説して欲しいストラクチャーデッキなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

あと間違っていることを書いていたらコメント欄で指摘してくれると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】3箱のみで作る「闇黒の呪縛」【デッキレシピ】

【遊戯王】「魔王閃刀姫(まおうせんとうき)」【デッキレシピ】

■このストラクチャーデッキを購入する

コメント