*

【5分で分かる】「オルターガイスト」【テーマ解説】

      2017/08/11

目次

■「オルターガイスト」とは?

テーマの特徴

テーマ内に属するメインデッキに入るモンスターの種族は全て「魔法使い族」。
レベル、属性は統一されておらず、それぞれがバラバラとなっています。

また、テーマ内にはリンクモンスターが現在のところ1体存在します。
アニメに登場するテーマなので、これからどんどん新しいリンクモンスターが追加されると思います。
その場合、随時記事に追加していきます。

■メインデッキに入る「オルターガイスト」モンスターの効果おさらい

この項目では、メインデッキに入る「オルターガイスト」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

オルターガイスト・メリュシーク

効果モンスター
星1/水属性/魔法使い族/攻 500/守 300

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト・メリュシーク」以外の「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

(1)の効果は、直接攻撃可能な永続効果。
(2)の効果は、相手に戦闘ダメージを与えた時に相手の場のカード1枚を墓地へ送ることができる誘発効果。

(1)と(2)の効果は非常に噛み合っており、(1)の効果のお陰で(2)の効果が発動しやすくなっています。
(3)の効果は、このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる誘発効果で、デッキから「オルターガイスト」モンスター1体をサーチして手札に加えます。

オルターガイスト・シルキタス

効果モンスター
星2/風属性/魔法使い族/攻 800/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの「オルターガイスト」カード1枚を持ち主の手札に戻し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「オルターガイスト」罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

(1)の効果は、このカード以外の「オルターガイスト」カード1枚を手札に戻し、相手の場のカード1枚を対象にして発動できる誘発即時効果で、対象にした相手のカードをバウンスします。

自分は再利用したい「オルターガイスト」を手札に戻す事ができるので、非常に有用な効果です。
(2)の効果は、フィールドのこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる誘発効果で、墓地の「オルターガイスト」罠カード1枚をサルベージします。

オルターガイスト・マリオネッター

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1700

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「オルターガイスト」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
(2):自分フィールドの「オルターガイスト」カード1枚と、自分の墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのカードを墓地へ送り、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。

(1)の効果は、召喚成功時にデッキから「オルターガイスト」罠カード1枚を自分の魔法・罠ゾーンに直接セットできる誘発効果。

「オルターガイスト」罠カードは強力な効果を持つので、優先的に召喚したいモンスター。
(2)の効果は、自分の場の「オルターガイスト」カード1枚を墓地へ送り、墓地の「オルターガイスト」モンスター1体を特殊召喚するフィールドと墓地の入れ替え効果。

(1)の効果でセットした状態の「オルターガイスト」罠カードを墓地へ送り、墓地の「オルターガイスト」モンスターを蘇生する事も可能です。

オルターガイスト・クンティエリ

効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻 0/守2400

(1):自分フィールドに「オルターガイスト」カードが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にする。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
このモンスターが表側表示で存在する間、そのカードの効果は無効になる。

自分の場に「オルターガイスト」カードが存在する場合、相手が攻撃宣言時に手札から特殊召喚し、その攻撃を無効にします。
さらに、特殊召喚に成功すると相手の場の表側表示のカード1枚の効果を、このカードが表側表示で存在する間永続的に無効化する事ができます。

■メインデッキに入る「オルターガイスト」モンスターの効果まとめ

メインデッキに入る「オルターガイスト」モンスターの効果は共通効果も無く、それぞれが個別に効果を持っているので覚えづらい印象を受けます。

ここでは「墓地へ送られた場合に効果を発動する」オルターガイストと、「召喚・特殊召喚に成功した場合に効果を発動する」オルターガイストに分けると、効果を覚えやすいかもしれません。

墓地へ送られた場合に効果を発動する「オルターガイスト」

※サルベージ=墓地のカードを手札に加えること

召喚・特殊召喚に効果を発動する「オルターガイスト」

■「リンク」オルターガイストモンスターの効果おさらい

オルターガイスト・プライムバンシー

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2100
【リンクマーカー:右/下/右下】
「オルターガイスト」モンスター2体以上

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズにこのカード以外の自分フィールドの「オルターガイスト」モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「オルターガイスト」モンスター1体をこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の「オルターガイスト」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

「オルターガイスト」モンスター2体以上を素材としてリンク召喚するリンク3モンスター。
(1)の効果は、自分または相手のメインフェイズにこのカード以外の自分の場の「オルターガイスト」モンスター1体をリリースして発動できる誘発即時効果で、デッキから「オルターガイスト」モンスター1体をリンク先に特殊召喚します。
(2)の効果は、フィールドのこのカードが墓地へ送られた場合に、墓地の「オルターガイスト」カード1枚をサルベージできる誘発効果。

(1)の効果はメインデッキの「オルターガイスト」をサポートする強力な効果。
フリーチェーンで発動する事ができるので、サクリファイスエスケープの容量で効果を発動すれば効果的です。

しかし現状の「オルターガイスト」は展開力が無く、3体の「オルターガイスト」モンスターを墓地へ送りこのカードをリンク召喚するよりなら、その3体の「オルターガイスト」を維持しつつビートダウンした方が強力な場合が多いです。

■「オルターガイスト」サポート罠カード

オルターガイスト・カモフラージュ

通常罠
(1):自分フィールドの「オルターガイスト」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは相手モンスターの攻撃対象にされない。
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる。)
(2):装備モンスターを対象として発動した相手モンスターの効果は無効化される。
(3):自分フィールドの「オルターガイスト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

自分の場の「オルターガイスト」モンスターに装備カード扱いとして装備する永続罠カード。
(1)の効果は、装備モンスターは相手モンスターの攻撃対象にされなくなる効果。
ですが他にモンスターが存在しない場合は直接攻撃になる。
イメージ的にはこんな感じですね。

(2)の効果は、装備モンスターを対象にした相手モンスターの効果を無効化する効果。
(3)の効果は、自分の場の「オルターガイスト」カードが破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる効果。

このように、3つの効果全てが「オルターガイスト」を守る効果となっています。
「オルターガイスト」は場に維持する事によってアドバンテージを得られる効果を持つモンスターが多いため、それらのモンスターを生き残らせる手段として有用です。

オルターガイスト・プロトコル

永続罠

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの「オルターガイスト」カードの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、このカード以外の自分フィールドの表側表示の「オルターガイスト」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

(1)の効果は、「オルターガイスト」カードの効果の発動及び、発動した効果が無効化されなくなる効果。
(2)の効果は、相手がモンスター効果を発動した時に、自分の場の「オルターガイスト」カード1枚を墓地へ送り、その発動を無効にして破壊する効果。

墓地へ送られた時に効果を発動する「オルターガイスト」モンスターをコストに発動したい効果ですね。

パーソナル・スプーフィング

永続罠

(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「オルターガイスト」カード1枚を持ち主のデッキに戻して発動できる。
デッキから「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。

手札及びフィールドの「オルターガイスト」カード1枚と、デッキの「オルターガイスト」カードを入れ替える事ができる永続罠カード。

手札でダブっている「オルターガイスト」罠カードなどをデッキに戻し、必要な「オルターガイスト」をサーチしたいところ。
永続罠である点を活かし、サクリファイスエスケープの要領で効果を発動できれば効果的です。

また、このカード自身は「オルターガイスト」の名を持たないので、「オルターガイスト・マリオネッター」の効果でフィールドにセットする事はできません。

■「オルターガイスト」と相性が良いテーマ外カード

強欲ごうよく謙虚けんきょつぼ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、
その後残りのカードをデッキに戻す。

「オルターガイスト」デッキは序盤、特殊召喚を多様しないデッキです。
かつ、初手に「オルターガイスト・マリオネッター」、「オルターガイスト・メリュシーク」のどちらかを手札に加えておきたいので、このカードを紹介しておきます。

海亀壊獣かいきかいじゅうガメシエル

効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2200/守3000

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

相手の場のモンスターをリリースし、相手の場に展開するモンスター。
「オルターガイスト・シルキタス」のバウンス効果で再利用したいカード。

★その他「オルターガイスト」サポートカードまとめ記事

まとめ~「オルターガイスト」デッキの回し方~

1、「オルターガイスト」モンスターの効果を駆使し、フィールドを固める

2、余裕があればリンク召喚し、更なるモンスターの展開へと繋げる

3、「オルターガイスト」モンスターで相手のライフを削る!

終わりに

以上、「オルターガイスト」の解説でした。
個人的には「リンク2」の「オルターガイスト」が登場すれば、デッキの動かし方も大分変わりそうだなーという印象でした。(早く出てくれ)

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

“]

★「オルターガイスト」が収録されているパック

 - 【テーマ解説】 , ,