*

【遊戯王】5分で分かる「トリックスター」デッキ【テーマ解説・良相性のカード紹介】

      2017/10/15

■【5分で分かるテーマ解説】とは?

5分程度で読む事ができ、そのテーマについておおまかに理解する事ができるようになる記事。
まだそのテーマについて何も分からない方や、どんな特徴のテーマか知りたい人に向けて記事を書いています。
デッキを組むきっかけや入り口になってくれれば嬉しいです。

■「トリックスター」とは?

テーマの特徴

テーマ内に属するモンスターは全て光属性・天使族で統一されています。
効果ダメージを与える効果を持つカードが多いのも特徴です。

また、テーマ内には現在3体のリンクモンスターが存在しており、どのモンスターもリンク2のモンスターとなっています。

■メインデッキに入る「トリックスター」モンスターの効果おさらい

この項目では、メインデッキに入る「トリックスター」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

トリックスター・リリーベル

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 800/守2000

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがドロー以外の方法で手札に加わった場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードは直接攻撃できる。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

(1)の効果は、ドロー以外の方法でこのカード自身が手札に加わった場合に発動できる誘発効果で、手札のこのカードを特殊召喚します。

「トリックスター」にはデッキから「トリックスター」カードを手札に加えたり、墓地の「トリックスター」を手札に加えたり、場の「トリックスター」を手札に戻すなどの効果を持ったカードが存在するので、効果の発動条件は簡単に満たすことができます。
(2)の効果は、このカード自身が直接攻撃可能な永続効果。
(3)の効果は、このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時に、墓地の「トリックスター」モンスター1体をサルベージできる誘発効果。

(2)の効果で直接攻撃が可能なので、容易に発動条件を満たせます。

この画像のように「トリックスター・リリーベル」を手札に加えれば、そのまま「トリックスター・リリーベル」を手札から特殊召喚する事が可能です。

トリックスター・マンジュシカ

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守1200

(1):手札のこのカードを相手に見せ、「トリックスター・マンジュシカ」以外の自分フィールドの「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の手札にカードが加わる度に、加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。

(1)の効果は、手札のこのカードを相手プレイヤーに見せて、場の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる誘発即時効果で、このカードを場に特殊召喚し、対象にしたモンスターを手札に戻します。
この効果を相手ターンでも発動する事ができるので、自分の場の「トリックスター」が相手のモンスターの効果の対象になった時などに発動すれば効果的です。

(2)の効果は、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の手札にカードが加わる度に、手札に加えたカードの枚数×200ポイントのダメージを相手プレイヤーに与える誘発効果。

与えるダメージ量は地味ではありますが、発動条件が緩いので、デッキによってはこのカード1枚で相当のプレッシャーを相手プレイヤーに与える事ができます。

トリックスター・キャンディナ

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 400

(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に200ダメージを与える。

(1)の効果は、このカードが召喚した時に発動可能な誘発効果で、デッキから「トリックスター」カード1枚を手札に加えます。

貴重なサーチ効果を持つトリックスターなので、「トリックスター・マンジュシカ」のバウンスや、「トリックスター・リリーベル」のサルベージで使いまわしたいモンスター。

(2)の効果は、相手が魔法・罠カードを発動する度に発動する誘発効果で、相手に200ポイントのダメージを与えます。

トリックスター・ナルキッス

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1000/守1800

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が効果ダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が手札・墓地のモンスターの効果を発動する度に相手に200ダメージを与える。

(1)の効果は、相手が効果ダメージを受けた場合に発動できる誘発効果で、このカードを手札から特殊召喚します。

この効果は、後に紹介するリンクモンスターの「トリックスター・ホーリーエンジェル」と相性が良いです。

(2)の効果は、相手が手札・墓地のモンスターの効果を発動する度に発動する誘発効果で、相手に200ポイントのダメージを与えます。

★「トリックスター」モンスターの効果まとめ

ダメージを与える「トリックスター」

■リンク「トリックスター」モンスターの効果おさらい

ここではエクストラデッキに採用されるリンク「トリックスター」モンスターの効果をおさらいします。

トリックスター・ホーリーエンジェル

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「トリックスター」モンスター2体

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、相手に200ダメージを与える。
(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(3):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

「トリックスター」モンスター2体を素材としてリンク召喚するリンク2モンスター。
リンクマーカーの向きの関係上、エクストラモンスターゾーンに出したいリンクモンスター。
(1)の効果は、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に200ポイントのダメージを与える誘発効果。

(2)の効果は、リンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果で破壊されない耐性を付与する永続効果。

(3)の効果は、「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する誘発効果で、与えたダメージ分の攻撃力をターン終了時まで自身の攻撃力に加えます。

トリックスター・スイートデビル

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左/右】
「トリックスター」モンスター2体

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られる度に、相手に200ダメージを与える。
(2):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、このカードのリンク先のモンスターの数×200ダウンする。

「トリックスター」モンスター2体でリンク召喚するリンク2モンスター。
リンクマーカーの関係上、メインモンスターゾーンに出したいリンクモンスター。
(1)の効果は、このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られる度に、相手プレイヤーに200ポイントのダメージを与える永続効果。

(2)の効果は、「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する誘発効果で、相手の場の表側表示モンスターの攻撃力を、ターン終了時までこのカードのリンク先のモンスターの数×200ポイントダウンさせます。

全体的に効果が「トリックスター・ホーリーエンジェル」の対となっているのが特徴ですね。

トリックスター・ブラッディマリー

リンクモンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:右/左下】
「トリックスター」モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、自分は200LP回復する。
(2):手札から「トリックスター」カード1枚を捨てて発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
この効果の発動時に自分のLPが相手より2000以上多い場合、この効果で自分がドローする枚数は2枚になる。

「トリックスター」モンスター2体でリンク召喚するリンク2モンスター。
エクストラ、メインどちらのモンスターゾーンにおいてもリンクマーカーを有効に使う事ができます。

(1)の効果は、このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に発動する誘発効果で、自分のライフを200ポイント回復します。

(2)の効果は、手札から「トリックスター」カード1枚を捨てて発動できる起動効果で、お互いのプレイヤーはデッキからカードを1枚ドローします。
このままだと相手に1アド稼がれてしまいますが、自分のライフが相手より2000ポイント以上多い場合、この効果で自分がドローするカード枚数を2枚になるので、こちらもアドバンテージを得る事が可能となります。

「トリックスター」は効果ダメージを与えるのに特化しているので、相手と2000ライフポイントの差を付けるのも容易でしょう。
また、後で解説する「ドロー&ロックバード」の発動のトリガーとしてこの効果を使用する事もできます。

■「トリックスター」サポート魔法・罠カード

トリックスター・ライトステージ

フィールド魔法

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードがフィールドゾーンに存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。
(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、相手に200ダメージを与える。

「トリックスター」をサポートするフィールド魔法カード。

(1)の効果は、発動時の処理としてデッキから「トリックスター」モンスター1体をサーチする効果。

このカードはフィールド魔法カードなので「テラ・フォーミング」でサーチ可能ですし、「トリックスター・キャンディナ」の効果でもサーチする事が可能です。

(2)の効果は、1ターンに1度相手の魔法・罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動する効果で、対象としたカードはエンドフェイズまで発動できずに、相手プレイヤーはエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければなりません。

つまり、相手ターンでは発動できないような通常魔法カード、発動条件を満たせないような罠カードは墓地へ送られます。

(3)の効果は、自分の場の「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、200ポイントのダメージを与える効果。

「トリックスター」は相手の細かい動きに対して小さなダメージを与える効果を持つので、このカードがあればダメージを与える速度を一気に上げる事ができます。

トリックスター・リンカーネイション

通常罠

(1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

(1)の効果は、相手の手札を全て除外し、その枚数分、相手にカードをドローさせます。

要するに相手の手札を入れ替える効果、手札のカードは除外されるので、墓地での再利用される事もありません。
相手がカードを新たにサーチした時などに発動すれば効果的です。
また、相手がカードを手札に加える度にダメージを与える「トリックスター・マンジュシカ」を出しておけば効果的。

(2)の効果は、墓地のこのカードを除外し、墓地の「トリックスター」モンスター1体を蘇生する効果。

「守備表示で特殊召喚」などの縛りもないので、リンクモンスターも蘇生する事ができます。

■「トリックスター」と相性が良いテーマ外カード

オネスト

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900

(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが
戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

「光属性」デッキなら入れておけ的な1枚。

「トリックスター」デッキを戦闘面で大きくサポートし、相手にも大きなプレッシャーを与える事ができます。

ドロールアンドロックバード

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0

相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に、手札からこのカードを墓地へ送り発動できる誘発効果を持ち、そのターン相手プレイヤーはデッキからカードを手札に加える事ができなくなります。

具体的に「トリックスター」デッキでどのように使うかというと、「トリックスター・リンカーネイション」と組み合わせて運用します。

まずは、相手がデッキからカードを手札に加えるのを待つか、「ドン・サウザンドの契約」などのカードで相手プレイヤーにドローフェイズ以外のタイミングでカードを手札に加えさせます。

相手がドローフェイズ以外にカードを手札に加えたら、その効果の発動にチェーンして「トリックスター・リンカーネイション」を発動、さらにその「トリックスター・リンカーネイション」の発動にチェーンして「ドロール&ロックバード」の効果を発動します。

チェーンは大きい数字から小さい数字にかけて処理されるので、「ドロール&ロックバード」の効果が適用された状態で、「トリックスター・リンカーネイション」の効果は処理されます。

本来なら「トリックスター・リンカーネイション」の効果で相手は除外した枚数分のカードをデッキからドローしますが、「ドロール&ロックバード」の効果によってデッキから新たにカードを手札に加える事ができないので、手札のカードを全て除外し、「トリックスター・リンカーネイション」の効果処理を終える事になります。

悪夢あくむ拷問部屋ごうもんべや

永続魔法
相手ライフに戦闘ダメージ以外のダメージを与える度に、
相手ライフに300ポイントダメージを与える。
「悪夢の拷問部屋」の効果では、このカードの効果は適用されない。

相手に効果ダメージを与える度に追加の300ポイントダメージを与える永続魔法カード。

「トリックスター・ライトステージ」と組み合わせる事によって、相手に一度に与えるダメージ量を増大させる事ができます。

■まとめ~「トリックスター」デッキの回し方~

1、「トリックスター」サーチカードを使い、手札を整える

2、「トリックスター」モンスターを展開し、効果ダメージを与える環境を整える

基本的にはこんな感じの回し方です。

余裕があればリンク召喚しても良いですが、大抵の場合は、リンク召喚せず下級モンスターでのバーンに徹した方が勝率が良いと思います。

終わりに

以上、「トリックスター」の解説でした。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

★遊戯王最新パック

 - テーマ解説 , , ,