*

【遊戯王】5分で分かる「クローラー」デッキ【テーマ解説】

   

クローラーアイキャッチ

■【5分で分かるテーマ解説】とは?
クローラーアイキャッチ

5分程度で読む事ができ、そのテーマについておおまかに理解する事ができるようになる記事。
まだそのテーマについて何も分からない方や、どんな特徴のテーマか知りたい人に向けて記事を書いています。
デッキを組むきっかけや入り口になってくれれば嬉しいです。

目次

■【クローラー】モンスターの特徴について解説

テーマに属するモンスターの属性・種族・レベル

メインデッキに入る全ての【クローラー】モンスターのステータスは、レベル2・地属性・昆虫族で統一されています。
また、全てのモンスターがリバースモンスターで構成されています。

【クローラー】全体が持つ共通効果

メインデッキに入る【クローラー】モンスターはそれぞれが固有のリバース効果を持ちます。

それに加えて、全ての【クローラー】モンスターは以下の共通効果を持ちます。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「(自身と同名)」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

完全に相手依存の発動条件ではありますが、デッキから新たに【クローラー】モンスターを2体呼び出すことができます。

能動的に効果の発動を狙うことはできませんが、相手からしたら非常に厄介に感じる共通効果であるといえるでしょう。

■メインデッキに入る【クローラー】モンスターの効果詳細
クローラーモンスター一覧

ここではメインデッキに入る【クローラー】モンスターのリバース効果の解説をします。

【クローラー】全体が持っている、「表側表示の自身が相手の効果で場を離れた場合に、デッキから新たなクローラーを呼び出す共通効果」についての解説は省くのでご了承ください。

クローラー・スパイン

クローラー・スパイン

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 300/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・スパイン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動可能。そのモンスターを破壊する」というもの。

【クローラー】は相手のカードを能動的に除去できるモンスターが少ないので、除去効果は貴重になってきます。

クローラー・アクソン

クローラー・アクソン

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・アクソン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動可能。そのカードを破壊する」というもの。

【クローラー・スパイン】がモンスターを破壊するのに対して、このカードは魔法・罠カードを破壊します。

クローラー・レセプター

クローラー・レセプター

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 900/守1200

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「クローラー」モンスター1体を手札に加える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・レセプター」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合に発動可能。デッキから【クローラー】モンスター1体をサーチする」というもの。

【クローラー】モンスターをサーチできる唯一のモンスターなので基本的には3枚採用します。

クローラー・グリア

クローラー・グリア

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 700/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合に発動可能。自分の手札・墓地から【クローラー・グリア】以外の【クローラー】モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特召喚する」というもの。

メインデッキに入る【クローラー】モンスターだけでなく、後半に解説するリンクモンスター【エクスクローラー】も墓地から特殊召喚できます。

クローラー・デンドライト

クローラー・デンドライト

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻1300/守 600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・デンドライト」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合に発動可能。デッキからモンスター1体を墓地へ送る」というもの。

【クローラー】モンスターに限らずモンスターであればデッキから墓地へ送ることができます。

また、序盤では【クローラー・グリア】の蘇生先を増やすなど、デッキにおいて重要な役割を果たします。

クローラー・ランヴィエ

クローラー・ランヴィエ

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻1100/守 900

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、自分の墓地の「クローラー」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・ランヴィエ」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

固有効果は、「このカードがリバースした場合に、墓地の【クローラー】モンスター2体までを対象として発動可能。そのモンスターを手札に加える」というもの。

一見有用な効果に思えるのですが、後半に解説する【エクスクローラー】モンスターの性質上、墓地に【クローラー】モンスターは貯めておきたいので採用優先度は低いです。

◆【クローラー】モンスターの重要なポイントまとめ

  • レベル2・地属性・昆虫族
  • リバースモンスター
  • 表側表示の状態で相手の効果で場を離れると、デッキから新たな【クローラー】を呼び出す

◆【クローラー】モンスターの固有リバース効果まとめ表

 クローラー・スパイン

クローラー・スパイン

 フィールドのモンスター1体を破壊
 クローラー・アクソン

クローラー・アクソン

 フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊
 クローラー・レセプター

クローラー・レセプター

 デッキから【クローラー】モンスター1体をサーチ
 クローラー・グリア

クローラー・グリア

 手札・墓地の【クローラー・グリア】以外の【クローラー】モンスター1体を特殊召喚
 クローラー・デンドライト

クローラー・デンドライト

 デッキのモンスター1体を墓地へ送る
 クローラー・ランヴィエ

クローラー・ランヴィエ

 墓地の【クローラー】モンスター2体を回収

■デッキのリンクモンスター【エクスクローラー】
エクスクローラー

ここでは【クローラー】デッキに属するリンクモンスター、【エクスクローラー】の解説をします。

【エクスクローラー】モンスター全体が持つ共通効果

【エクスクローラー】モンスターは以下の共通効果を持ちます。

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

メインデッキに入る【クローラー】と似た展開効果ですが、発動条件はメインデッキに入る【クローラー】モンスターよりも遥かに緩くなっており、特殊召喚するモンスターはデッキからではなく墓地からになっています。

相手プレイヤーがこの効果の発動を防ぐためには、「モンスター効果の発動を無効化する」か、「リリースなどの手段で処理する」、「墓地の【クローラー】モンスターを除外する」などの限られた方法しかありません。

また、裏側守備表示で蘇生するのでリバース効果の発動も狙えます。

■【エクスクローラー】モンスターの効果詳細

ここでは【エクスクローラー】モンスターの効果の解説をします。

【エクスクローラー】モンスター全体が持つ「相手の効果で場を離れた場合、または戦闘で破壊された場合、墓地の【クローラー】モンスター2体を裏側守備表示で蘇生する効果」の解説は省きます。

エクスクローラー・シナプシス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
地属性モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

リンク素材に「地属性モンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
【クローラー】モンスターは全て地属性なのでリンク素材の問題はありません。

リンクマーカーは左右に伸びているため、メインモンスターゾーンに出せばマーカーを有効に扱えます。

左右にリンクマーカーが伸びていると、【クローラー・グリア】の効果で墓地から蘇生した時のもリンクマーカーを有効にできるのが良いですね。

モンスター効果の解説に移ります。

固有効果は、「このカードのリンク先の【クローラー】モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300ポイントアップし、1度のバトルフェイズに2回までモンスターに攻撃できる」というリンク先のモンスターに効果を付与するものとなっています。

エクスクローラー・ニューロゴス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1900
【リンクマーカー:左/右】
昆虫族モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

リンク素材に「昆虫族モンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
【クローラー】モンスターは全て昆虫族なのでリンク素材には困りません。

【エクスクローラー・シナプシス】と同じくリンクマーカーは左右に伸びているため、メインモンスターゾーンに出せばマーカーを有効に扱えます。

モンスター効果の解説に移ります。

固有効果は、「このカードのリンク先の【クローラー】モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300ポイントアップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与えるダメージは倍になる」というこちらもリンク先のモンスターに効果を付与するもの。

リンク先の【クローラー】に戦闘破壊耐性を付与するのは【エクスクローラー・シナプシス】と共通していますが、こちらは相手のライフを削ることに特化した効果になっています。

エクスクローラー・クオリアーク

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「クローラー」モンスター2体

(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

リンク素材に「クローラーモンスター2体」を指定したリンク2モンスター。
リンクマーカーは左下と右下に伸びているため、エクストラモンスターゾーンでマーカーを有効に扱えます。

モンスター効果の解説に移ります。

固有効果は、「自分の場の【クローラー】モンスターの数によって以下の効果を適用する」という場の【クローラー】の数に依存した効果。

2体以上の場合は、「自分の場のモンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップ」。

4体以上の場合は、「相手はバトルフェイズに効果を発動できない」。

6体以上の場合は、「自分のモンスターは直接攻撃できる」。

という効果を適用していきます。

【エクスクローラー・シナプシス】や、【エクスクローラー・ニューロゴス】とは違いリンク先にモンスターを置くことに重点を置いていないのが特徴的。

◆【エクスクローラー】モンスターの重要なポイントまとめ

  • リンク2
  • 相手の効果でフィールドを離れるか、戦闘で破壊された場合、墓地の【クローラー】モンスター2体を裏側守備表示で蘇生

◆【エクスクローラー】モンスターの固有効果まとめ

エクスクローラー・シナプシス リンク先の【クローラー】モンスターに対して

戦闘破壊耐性付与

攻撃力・守備力を300ポイントアップ

モンスターに2回攻撃可能な状態を付与

エクスクローラー・ニューロゴス リンク先の【クローラ】モンスターに対して

戦闘破壊耐性付与

攻撃力・守備力を300ポイントアップ

モンスターと戦闘を行う場合、相手に与えるダメージを倍にする状態を付与

エクスクローラー・クオリアーク 自分の場の【クローラー】モンスターの数によって効果を適用

2体:自分の場のモンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップ

4体:相手はバトルフェイズに効果を発動できなくなる

6体:自分の場のモンスターに、「相手プレイヤーに直接攻撃可能な状態」を付与

■【クローラー】サポート魔法・罠カードの解説
クローラーサポート魔法・罠カード一覧

ここでは【クローラー】サポートの効果を持った2枚の魔法・罠カードの解説をします。

星遺物せいいぶつ差すかげ

フィールド魔法

(1):フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。
その相手モンスターを墓地へ送る。

効果を三つ持ったフィールド魔法カード。

(1)の効果は、「フィールドの【クローラー】モンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップする」というもの。

(2)の効果は、「1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動可能。手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する」というもの。

表側で特殊召喚する場合はリンク召喚のサポート、裏側で特殊召喚する場合はリバース効果の発動を狙います。

(3)の効果は、「自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘によって破壊された場合に発動可能。その相手モンスターを墓地へ送る」というもの。

対象を取らず、破壊ではなく墓地へ送ることによって相手モンスターを処理するため、大抵のモンスターはこの効果で除去することが可能となっています。

星遺物せいいぶつ傀儡かいらい

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。
(2):自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

効果を二つ持った永続罠カード。

(1)の効果は、「自分の場の裏側表示モンスター1体を対象として発動可能。そのもぬたーを表側攻撃表示か表側守備表示にする」というもの。

リバースモンスター特有の「遅さ」をカバーすることができる効果

また、【クローラー】モンスターは表側表示の状態で相手によって破壊された場合に共通効果を使用できるので、自分の裏側表示の【クローラー】モンスターが相手の除去効果の対象になった際にこの効果を使用して表側表示にしてあげれば、共通効果の発動条件を満たし、デッキから新たな【クローラー】モンスターを2体呼び出すことができます。

(2)の効果は、「自分の墓地の【クローラー】モンスター1体をデッキに戻し、自分の場の表側表示モンスター1体を対象として発動可能。そのモンスターを裏側守備表示にする」というもの。

【クローラー】をセットする事でリバース効果の使用を狙う事ができます。

まとめ~【クローラー】デッキの基本的な戦術~

基本的には【クローラー】をセットしてリバース効果の発動を狙いつつ、場に【クローラー】モンスターをそろえてリンク召喚の準備を整えます。

【星遺物に差す影】を発動していれば相手は迂闊に裏側守備表示のモンスターに攻撃してこなくなるため、リンク素材を早めに調達することが可能となります。

1度【エクスクローラー】モンスターを展開すれば、破壊された時のリカバリーも効くので強気に攻められるようになります。

【エクスクローラー】モンスターは破壊され墓地へ送られてしまっても、【クローラー・グリア】の効果で蘇生することができ、【クローラー・グリア】は【エクスクローラー】モンスターの効果で蘇生する事ができるので、永続的に蘇生とリンク召喚を繰り返すことができます。

また、蘇生した【エクスクローラー・ニューロゴス】や【エクスクローラー・シナプシス】はマーカーが左右に伸びているため、マーカー先の確保にも困りません。

終わりに

以上、【クローラー】の解説でした。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

あと間違っていることを書いていたらコメント欄で指摘してくれると嬉しいです。

■併せて読みたい記事

【遊戯王】「クローラー」デッキと相性が良いカード【一覧】

★他のテーマ解説記事

テーマ解説

★【クローラー】が収録されているパック

 - テーマ解説