*

【5分で分かる】「クローラー」【テーマ解説】

      2017/07/19

目次

■「クローラー」とは?

テーマの特徴

メインデッキに入る全ての「クローラー」モンスターのレベルは2・地属性・昆虫族で統一されていて、全ての「クローラー」モンスターがリバース効果を持っています。

また、現在テーマ内には3体のリンクモンスターが存在しており、それら全てのモンスターはリンク2となっています。

■下級「クローラー」モンスターの効果おさらい

この項目では、メインデッキに入る下級「クローラー」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

クローラー・スパイン

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 300/守2100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・スパイン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合にフィールドのモンスター1体を破壊できる誘発効果。
(2)の効果は、下級「クローラー」全体の共通効果で、相手の効果でフィールドから離れた場合に、デッキから自身と同名以外の「クローラー」モンスター2種類をデッキから特殊召喚できる誘発効果。

基本的に下級「クローラーモンスター」は、固有のリバース効果に加え、(2)の共通効果を持っています。

クローラー・アクソン

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・アクソン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合に、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる誘発効果。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

クローラー・グリア

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 700/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合に、手札・墓地からこのカードと同名カード以外の「クローラー」モンスター1体を表側攻撃表示、または裏側守備表示で特殊召喚できる誘発効果。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

クローラー・デンドライト

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻1300/守 600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・デンドライト」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合に、デッキからモンスターを墓地へ送る事ができる誘発効果。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

クローラー・ランヴィエ

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻1100/守 900

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、自分の墓地の「クローラー」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・ランヴィエ」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合に、墓地の「クローラー」モンスター2体をサルベージできる誘発効果。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

※サルベージ=墓地のカードを手札に加えること

クローラー・レセプター

リバース・効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 900/守1200

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「クローラー」モンスター1体を手札に加える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・レセプター」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

(1)の効果は、自身がリバースした場合に、デッキの「クローラー」モンスター1体を手札に加える事ができる誘発効果。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

下級「クローラー」モンスターの効果まとめ

共通効果まとめ

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
「クローラー・(同名)」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する
(同名カードは1枚まで)。

リバース時に発動できる固有効果まとめ

「クローラー・スパイン」と「クローラー・アクソン」はカード除去効果を持ちます。

「クローラー・グリア」、「クローラー・デンドライト」、「クローラー・ランヴィエ」、「クローラー・レセプター」の4体は、デッキの回転率を上げるためのサポート効果を持ちます。

■リンク「クローラー」モンスターの効果おさらい

この項目では、エクストラデッキに入るリンク「クローラー」モンスターの効果をおさらいします。
現在のところリンクモンスターは3体のみ、その内2体は似たような効果なので、すぐに効果を覚えられると思います。

エクスクローラー・クオリアーク

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「クローラー」モンスター2体

(1):自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

「クローラー」モンスター2体を素材としてリンク召喚するリンクモンスター。
(1)の効果は、自分の場の「クローラー」モンスターの数によって効果を順次適用していく永続効果。
2体以上の場合は、自分の場のモンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップ。
4体以上の場合は、相手のバトルフェイズ中のモンスター効果発動の制限。
6体以上の場合、自分の場のモンスター全てが直接攻撃可能な状態を付与。

(2)の効果は、リンク「クローラー」モンスター共通の効果で、相手の効果でフィールドを離れた場合に、墓地の「クローラー」モンスター2種類を裏側守備表示で特殊召喚します。

下級「クローラー」モンスターの共通効果と似ている効果ですが、こちらは「墓地から」の特殊召喚、かつ戦闘で破壊された場合でも効果を発動する事が可能となります。
また、裏側守備表示で特殊召喚するという性質上、墓地のリンク「クローラー」モンスターは蘇生する事ができません。

エクスクローラー・シナプシス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
地属性モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

地属性モンスター2体を素材としてリンク召喚するリンクモンスター。
「クローラー」モンスターは全て地属性なので問題ありません。

(1)の効果は、リンク先のクローラーモンスターに「戦闘破壊耐性」、攻撃力・守備力を300ポイントアップ、さらにモンスターへの追撃効果を付与します。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

エクスクローラー・ニューロゴス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/昆虫族/攻1900
【リンクマーカー:左/右】
昆虫族モンスター2体

(1):このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

昆虫族モンスター2体を素材としてリンク召喚するリンクモンスター。
「クローラー」モンスターは全て昆虫族モンスターなので問題ありません。

(1)の効果は、リンク先のクローラーモンスターに「戦闘破壊耐性」、攻撃力・守備力を300ポイントアップ、さらにモンスターと戦闘する際の戦闘ダメージ2倍化状態を付与します。

「エクスクローラー・シナプシス」と殆ど同じ効果ですが、最後の部分だけ違いますね。
(2)の効果は共通効果なので説明を省きます。

リンク「クローラー」モンスターの効果まとめ

共通効果まとめ

(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

■「クローラー」サポートカード

星遺物せいいぶつ差すかげ

フィールド魔法

(1):フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。
その相手モンスターを墓地へ送る。

フィールド魔法カード。
(1)の効果は、フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップする効果。
(2)の効果は、自分のメインフェイズに発動できる効果で、手札のレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示、または裏側守備表示で特殊召喚します。

「クローラー」モンスターは全てレベル2以下の昆虫族モンスターなので、この効果の範囲内です。
リンク召喚の素材にするなら表側守備表示、リバース効果の発動を狙いたいなら裏側守備表示で特殊召喚しましょう。
(3)の効果は、自分のリバースモンスターが相手との戦闘で破壊された時に、攻撃してきた相手のモンスターを墓地へ送る効果。
「対象を取らず墓地へ送る効果」なので、殆どの耐性持ちのモンスターを除去する事が可能です。

このフィールド魔法を貼っていれば相手の戦闘破壊を躊躇させる事ができますし、効果で「クローラー」モンスターが除去された場合には、「クローラー」モンスター達の共通効果が発動し、デッキ・墓地からクローラーモンスターを更に展開する事ができます。

星遺物せいいぶつ傀儡かいらい

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。
(2):自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

(1)の効果は、自分の場の裏側表示モンスター1体を表側攻撃表示、または表側守備表示にする効果。
裏側守備表示の「クローラー」を表側表示にすれば、能動的にリバース効果を発動する事が可能となります。
対象にするモンスターに制限は特に無いので、他の「リバース効果」を主軸にしたデッキに採用しても良いと思います。

(2)の効果は、墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分の場の表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする効果。
下級「クローラー」モンスターを対象にすれば、再びリバース効果の発動を狙う事ができます。

リンク「クローラー」モンスターは再利用手段が少ないので、積極的にエクストラデッキに戻しても良いかもしれません。

■「クローラー」と相性が良いテーマ外カード

ダンディ・ライオン

効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻 300/守 300

(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「綿毛トークン」(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。

「地属性」モンスターなので、「エクスクローラー・シナプシス」のリンク素材にする事ができます。
リンク素材として墓地へ送られれば、さらにトークン2体を生成するので、さらなる展開へと繋がります。
また、「星遺物に差す影」の効果で「クローラー」を場に展開すれば、このカードに召喚権を回す事ができますね。

和睦わぼく使者ししゃ

通常罠

このターン、相手モンスターから受ける全ての戦闘ダメージは0になり、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

自分のライフとモンスターを守ってくれる通常罠カード。

相手の攻撃によって「クローラー」モンスターのリバース効果を発動できたとしても、場にモンスターを展開できなければリンク召喚を行うことが出来ないので、場にモンスターを留まらせる手段として有用なカード。

ワーム・ベイト

通常魔法

自分フィールド上に昆虫族モンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
自分フィールド上に「ワームトークン」(昆虫族・地・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚する事はできない。

場に植物族がいればノーコストでトークン2体を生成できる通常魔法カード。
誓約として発動ターンレベル3・4のモンスターを召喚・特殊召喚する事ができなくなりますが、「クローラー」モンスターのレベルは全て2、かつリンクモンスターはレベルを持たないので問題ありません。

星遺物せいいぶつ-『星鎧せいがい

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターが反転召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(3):通常召喚したこのカードが存在する場合、EXデッキから特殊召喚された相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

モンスターが反転召喚した時に手札から特殊召喚でき、特殊召喚成功時にデッキから「星遺物」カード1枚をサーチする効果を持ちます。

「星遺物の傀儡」は「クローラー」をサポートする永続罠ですが、サーチ手段が「クローラー」カードには存在しないため、このカードを採用しても良いかもしれません。

星遺物せいいぶつ-『星杯せいはい

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻 0/守 0

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

同じく「星遺物の傀儡」をサーチする手段として採用したいカード。

墓地からこのカードを除外して、「星遺物」カードをサーチします。
デッキのモンスターは「クローラー・デンドライト」の効果で墓地へ送る事できるので、効果の発動も簡単だと思います。

■まとめ~「クローラー」デッキの回し方~

1、「クローラー」を場にセット。リバース効果を発動し、場や手札を整える。

2、場にモンスターが揃ったらリンク召喚を行う

3、「クローラー」モンスターで相手のライフポイントを削る

■終わりに

以上、「クローラー」の解説でした。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

★「クローラー」が収録されているパック

 - 5分で分かるテーマ解説, 遊戯王