*

【5分で分かる】「サイバー・ダーク」【テーマ解説】

      2017/07/19

目次

■「サイバー・ダーク」とは

テーマコンセプト

テーマ内に属するモンスター属性は全て「闇属性」、種族は「機械族」または「ドラゴン族」で統一されています。

ドラゴン族の「サイバーダーク」モンスターが、機械族の「サイバーダーク」モンスターをサポートし、ビートダウンでの勝利を狙うデッキ。

【機械族】サイバー・ダークモンスターの効果おさらい

この項目では、機械族「サイバー・ダーク」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

サイバー・ダーク・キール

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800

(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
相手に300ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

(1)の効果は、召喚時に墓地のレベル3ドラゴン族を装備する誘発効果
(2)の効果は、装備したドラゴン族モンスターの攻撃力分、自身の攻撃力を上げる永続効果
(3)の効果は、戦闘で相手モンスターを破壊した時に300ポイントの追加ダメージを与える誘発効果
(4)の効果は、戦闘で破壊される代わりに装備されているモンスターを破壊する永続効果。

これらの効果の内、(1)、(2)、(4)の効果は機械族サイバー・ダークモンスターの共通効果となります。

サイバー・ダーク・エッジ

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800

(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードは直接攻撃できる。
その場合、このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

共通効果の他に、「相手プレイヤーに攻撃力分を半分にして直接攻撃できる」効果を持ちます。

サイバー・ダーク・ホーン

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800

(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

共通効果の他に「貫通効果」を持ちます。

機械族「サイバー・ダーク」の効果まとめ

共通効果まとめ

(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

(4):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

固有効果まとめ

【ドラゴン族】サイバー・ダークモンスターの効果おさらい

この項目では、ドラゴン族「サイバー・ダーク」モンスターの効果をおさらいします。
後で画像で効果をまとめるので、流し読みしても大丈夫です。

サイバー・ダーク・カノン

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

(1)の効果は、手札から捨てて発動できる起動効果で、デッキから【機械族】の「サイバー・ダーク」モンスター1体をサーチします。
(2)の効果は、このカードを装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動でいる誘発効果で、デッキからモンスター1体を墓地へ送ります。
(3)の効果は、モンスターに装備されている状態のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる誘発効果で、デッキからカードを1枚ドローします。

サイバー・ダーク・クロー

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

(1)の効果は、このカードを手札から捨てて発動できる起動効果で、デッキから「サイバー・ダーク」魔法・罠カード1枚をサーチします。
(2)の効果は、このカードを装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる誘発効果で、エクストラデッキのカード1枚を墓地へ送ります。
(3)の効果は、モンスターに装備されている状態のこのカードが墓地へ送られた場合に、墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象にして発動できる誘発効果で、対象としたモンスター1体を手札に加えます。

ドラゴン族「サイバー・ダーク」の効果まとめ

ドラゴン族の「サイバー・ダーク」モンスターは手札から捨てて発動できる起動効果を持ち、能動的に自身を墓地へ送りながら、デッキの回転率をアップします。

また、ドラゴン族「サイバー・ダーク」モンスターを装備状態の機械族「サイバー・ダーク」モンスターが攻撃したダメージ計算時に発動できる誘発効果を持ちます。
「カノン」を装備していたなら、メインデッキのカードを墓地へ、「クロウ」を装備していたなら、エクストラデッキのカードを墓地へ送ります。

最後に、装備状態の【ドラゴン族】「サイバー・ダーク」モンスターが墓地へ送られた場合、それぞれ固有の効果を発動します。

※サルベージ=「墓地のカードを手札に加える事」

■融合「サイバー・ダーク・ドラゴン」の効果おさらい

「サイバー・ダーク」カテゴリには「サイバーダーク」モンスターを融合素材として融合召喚できるモンスターが2体存在します。
ここではその2体のモンスターの効果をおさらいしましょう。

鎧黒竜がいこくりゅう-サイバー・ダーク・ドラゴン

融合・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」+「サイバー・ダーク・キール」

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分、及び自分の墓地のモンスターの数×100アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。

機械族「サイバーダーク」モンスター3種類を融合素材として融合召喚するモンスター。

特殊召喚成功時、墓地のドラゴン族モンスター1体を装備し、元々の攻撃力分の数値を自身に加える効果と、自分の墓地のモンスター1体につき100ポイントの攻撃力を上げる効果を持ちます。
また、戦闘破壊される場合、代わりに装備モンスターを破壊します。

「装備するドラゴン族のレベル制限無し」という点と「墓地のモンスターの数×100ポイント自身の攻撃力をアップ」という効果を除けば、下級サイバーダークモンスターを殆ど効果は変わりません。

鎧獄竜がいごくりゅう-サイバー・ダークネス・ドラゴン

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5

このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からドラゴン族モンスターまたは機械族モンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン 」とは違い、「サイバー・ダーク」モンスターであれば、種類を問わず融合素材にする事が可能です。
ですが、素材の要求数が5体と重く、「オーバーロード・フュージョン」などのサポートが無いと融合召喚するのは難しいです。

特殊召喚に成功した時に、墓地の「ドラゴン族」または「機械族」モンスター1体を装備し、そのモンスターの攻撃力分の数値を自身の攻撃力に加えます。

また、相手が魔法・罠・モンスター効果を発動した時に、自分の場の装備魔法カード1枚を墓地へ送り、その発動を無効化する事ができます。

■その他「サイバー・ダーク」サポートカード

サイバーダーク・インフェルノ

フィールド魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

(1)の効果は、装備カードを装備した「サイバー・ダーク」モンスターに「効果破壊耐性」と「相手の効果の対象にならない耐性」を付与する効果。

「サイバーダーク」モンスターは装備モンスターを装備している間、一回だけ装備モンスターを代わりに破壊する事ができるので、このカードを発動すれば、「効果の対象にならず、効果で破壊されず、加えて戦闘で一度破壊されない」状態の強力な「サイバーダーク」モンスターにすることができます。

(2)の効果は、自分の場の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に戻し、手札の「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる効果。

機械族「サイバーダーク」モンスターの装備を入れ替える事が可能となります。

(3)の効果は、相手の効果によってこのカードが破壊された時に、デッキから「融合」魔法カード、または「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える効果。

サイバーダーク・インパクト!

通常魔法

(1):自分の手札・フィールド・墓地から、「サイバー・ダーク・ホーン」「サイバー・ダーク・エッジ」「サイバー・ダーク・キール」を1枚ずつ持ち主のデッキに戻し、「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」1体をEXデッキから融合召喚する。

自分の手札・フィールド・墓地から融合素材をデッキに戻し、「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」を融合召喚する通常魔法カード。

このカード自体は「サイバー・ダーク・クロウ」の効果でサーチできますし、融合素材は墓地へ送れば良いので、「サイバー・ダーク・カノン」の効果で融合素材を調達できますね。

■「サイバー・ダーク」と相性が良いテーマ外カード

強欲ごうよく謙虚けんきょつぼ

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。

「サイバー・ダーク」デッキでは基本的に特殊召喚を行わないので、このカードをドローソースとして採用できます。

やみ誘惑ゆうわく

通常魔法

(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

「サイバー・ダーク」モンスターは全て闇属性モンスターなので、除外するカードに困ることはないと思います。

また、初手に「サイバー・ダーク・カノン」か「サイバー・ダーク・クロウ」が欲しいので、事故率を下げたい人は採用してみましょう。

一回休いっかいやす

永続罠

特殊召喚されたモンスターが自分フィールドに存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、特殊召喚されたモンスターは、そのターン終了時まで効果が無効化される。
(2):効果モンスターが攻撃表示で特殊召喚された場合にこの効果を発動する。
そのモンスターを守備表示にする。

特殊召喚されたモンスターの効果を無効化し、守備表示にする永続罠カード。

守備表示にする効果は、貫通効果を持った「サイバー・ダーク・ホーン」とも相性が良いです。

■「サイバー・ダーク」デッキに採用したいエクストラモンスター

旧神キュウシンヌトス

融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター

自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

このカードは墓地へ送られた場合に、フィールドのカード1枚を破壊する効果を持ちます。

「サイバー・ダーク・クロウ」の効果によってエクストラデッキに存在するこのカードを直接墓地へ送る事によって、フィールドのカードを自由に破壊することが可能となります。

捕食植物プレデター・プランツキメラフレシア

融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター

(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

同じく「サイバー・ダーク・クロウ」で墓地へ送りたいモンスター。
「超融合」や「未来融合」といった強力なカードをサーチしましょう。

■「サイバー・ダーク」デッキの回し方

1、手札の「サイバー・ダーク」を墓地へ送り、カードをサーチする

2、機械族サイバーダークにドラゴン族サイバーダークを装備し、効果を発動。墓地を肥やす。

3、「サイバー・ダーク」モンスターで相手のライフを削る

■終わりに

以上、「サイバー・ダーク」の解説でした。

他に解説して欲しいテーマなどのリクエストがございましたら、コメント欄に書いてみてください。

★「サイバー・ダーク」が収録されているパック

 - 5分で分かるテーマ解説, 遊戯王