*

【遊戯王】5分で分かる「メタファイズ」デッキ【テーマ解説・対策方法・良相性のカード紹介】

      2017/10/16

メタファイズアイキャッチ

■【5分で分かるテーマ解説】とは?

5分程度で読む事ができ、そのテーマについておおまかに理解する事ができるようになる記事。
まだそのテーマについて何も分からない方や、どんな特徴のテーマか知りたい人に向けて記事を書いています。

■【メタファイズ】とは

テーマに属するモンスターの特徴

テーマ内に属する全てのモンスターは【光属性】、【幻竜族】で統一されているのが大きな特徴です。

種族属性

デッキの主な戦術

テーマ内に属する殆どのカードが【除外】に関する効果を持ち、【除外】を活用しながら戦うのが主な戦術となっています。

■【メタファイズ】モンスターの効果おさらい

ここではデッキのメインとなる上級メタファイズモンスターの効果をおさらいします。
まず全ての上級【メタファイズ】モンスターが持っている共通効果について解説します。

上級【メタファイズ】モンスターの共通効果

上級【メタファイズ】モンスターは以下の共通効果を持ちます。

(1):このカードが「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合~(固有効果)

(2):このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。~(固有効果)

(1)の効果は【メタファイズ】モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に固有効果を発動する誘発効果
(2)の効果は自身が除外された場合に、次のターンのスタンバイフェイズ時に除外されている自身をデッキに戻す事で固有の効果を発動する誘発効果

これら2つの効果を見ると、モンスター効果での特殊召喚除外される事がテーマのキーとなっていることが分かります。

■各上級【メタファイズ】モンスターの効果詳細

メタファイズ・ダイダロス

メタファイズ・ダイダロス

効果モンスター
星7/光属性/幻竜族/攻2600/守1500

(1):このカードが「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカード以外のフィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て除外する。
(2):このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。
デッキから「メタファイズ・ダイダロス」以外の「メタファイズ」カード1枚を除外する。

採用優先度★★★★★

元ネタは【海竜-ダイダロス】。
メタファイズダイダロス元ネタ

【メタファイズ】モンスターの効果でこのカードが特殊召喚に成功した場合、自身以外の場の特殊召喚された表側表示モンスターを全て除外する効果を発動する事ができます。
対象に取らずに場のモンスターを除外で処理できるのが非常に優秀。
自分の場のモンスターも全て除外してしまいますが、上級メタファイズモンスターなら固有効果の発動に繋がるので問題ありません。

また、このカード自身が除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズにこのカードをデッキに戻す事によってデッキから【メタファイズ】カード1枚を除外する事ができます。
他の上級【メタファイズ】を除外し、誘発効果の発動を狙います。

メタファイズ・ネフティス

メタファイズ・ネフティス

効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2400/守1600

(1):このカードが「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て除外する。
(2):このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。
デッキから「メタファイズ・ネフティス」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。

採用優先度★★★★★

元ネタは【ネフティスの鳳凰神】。

メタファイズネフティスの元ネタ

【メタファイズ】モンスターの効果でこのカードが特殊召喚した場合、フィールドのセットされた魔法・罠カード全てを除外する事ができます。
モンスター処理の【メタファイズ・ダイダロス】と対になる効果ですね。
こちらも自分の場に影響する効果なのですが、【メタファイズ】魔法・罠カードは殆どが永続魔法・罠カードのために影響を受けることは殆ど無いでしょう。

また、このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズにこのカードをデッキに戻してデッキから【メタファイズ】カード1枚をサーチする事ができます。
直接アドバンテージの獲得に繋がる貴重な効果なので優先的に発動したいところ。

メタファイズ・タイラント・ドラゴン

メタファイズ・タイラント・ドラゴン

効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2900/守2500

(1):「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚したこのカードは罠カードの効果を受けず、このカードがモンスターを攻撃した場合もう1度だけ続けて攻撃できる。
(2):このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。
手札から「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

採用優先度★★★★★

元ネタは【タイラント・ドラゴン】。

メタファイズタイラントドラゴンの元ネタ

【メタファイズ】モンスターの効果でこのカードを特殊召喚した場合、このカード自身に罠カードへの耐性を付与し、モンスターを攻撃した場合にもう一度攻撃可能な追撃効果を付与します。
最初の2枚がカード除去に特化しているのに対してこのカードは攻撃的な効果を持っているのが大きな特徴。

また、このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズにこのカードをデッキに戻し手札から【メタファイズ】モンスター1体を特殊召喚する事ができます。
特殊召喚されたモンスターはエンドフェイズに除外されます。
この効果によって他の上級【メタファイズ】の効果の発動条件を満たす事ができます。
エンドフェイズに除外されてしまいますが、除外された次のスタンバイフェイズに効果を発動する【メタファイズ】にとってはむしろ好都合な場合が多いです。

上級【メタファイズ】モンスター効果まとめ表

メタファイズ効果まとめ

■【メタファイズ】デッキのキーカード

メタファイズ・ラグナロク

メタファイズ・ラグナロク

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/幻竜族/攻1500/守1000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚除外する。
このカードの攻撃力は、この効果で除外した「メタファイズ」カードの数×300アップする。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

採用優先度★★★★★

元ネタは【神竜 ラグナロク】。

メタファイズラグナロクの元ネタ

メタファイズデッキのキーカードとなるモンスター。

(1)の効果は召喚・特殊召喚成功時に発動できる誘発効果で、デッキの上からカードを3枚除外し、除外された【メタファイズ】カードの数×300ポイントの数値を自身に加えます。
【メタファイズ】カードを必ず除外できるわけではありませんが、デッキに投入する【メタファイズ】の数を増やせば除外される確率はあがります。(新規来て・・・)

(2)の効果はこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動可能な誘発効果で、デッキからレベル5以上の【メタファイズ】モンスター、即ち先程の上級【メタファイズ】モンスターを特殊召喚する事ができます。

上級【メタファイズ】モンスターにキーになる「モンスター効果での特殊召喚」と「除外する」のどちらもこなせる優秀な【メタファイズ】モンスター。

アシンメタファイズ

アシンメタファイズ

永続魔法

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から「メタファイズ」カード1枚を除外し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、自分の「メタファイズ」カードが除外された場合に発動する。
そのターンによって、以下の効果を適用する。
●自分ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
●相手ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。

採用優先度★★★★★

同じくデッキのキーとなるカード。

(1)の効果は1ターンに1度手札の【メタファイズ】カードを1枚除外し、デッキからカードを1枚ドローする手札入れ替え効果。
上級【メタファイズ】モンスターを除外すれば次のターンに固有効果の発動が狙えます。

加えてこのカードの効果には「名称を指定した1ターンに1度の効果発動回数制限」が無いため、複数枚発動すれば、その分だけ効果の発動を行う事ができます。

(2)は【メタファイズ】カードが除外された時に強制発動する効果で、発動するターンによって適用される効果が変わります。
自分のターンに発動すれば【メタファイズ】モンスター以外のモンスターの永続的な弱体化。
相手ターンに発動すれば【メタファイズ】モンスター以外の表示形式変更。
どちらも効果も【メタファイズ】モンスターに作用する事はなく、基本的に相手の妨害に徹しています。

■その他【メタファイズ】サポートカード

メタファイズ・エグゼキューター

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/幻竜族/攻3000/守2500

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「メタファイズ」カード5種類を1枚ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されず、効果では除外できない。
(2):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、1ターンに1度、除外されている自分の「メタファイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

採用優先度・・・・★

【メタファイズ】モンスターで唯一元ネタが分からないモンスター。

墓地及びフィールドの【メタファイズ】カードを5種類除外した場合に特殊召喚可能な召喚ルール効果を持ちます。

また、効果破壊耐性に加え、除外への耐性を持っています。
最後に、特定の条件を満たした場合に除外されている【メタファイズ】モンスター1体を帰還する起動効果を持ちます。

効果自体は強力なのですが、【メタファイズ】カード5種類を除外という召喚条件が厳しいのが現状。
また、召喚条件を満たすような場合はデッキが十分に回っている可能性が高いため、このカードを出したい場面が少ないのも採用されづらい1つの理由ですね。

メタファイズ・ファクター

フィールド魔法

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の「メタファイズ」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
この効果を適用して召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分の「メタファイズ」モンスターの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

採用優先度・★★★★

手札の上級【メタファイズ】モンスターをリリース無しで召喚可能になる効果と、【メタファイズ】モンスターの効果の発動に対してのカード効果の発動を封じる効果を持ちます。

リリース軽減効果は上級モンスターだらけの【メタファイズ】デッキの手札事故率を低くし、チェーン封じの効果は一度効果が通ると相手の場を大きく荒らす事ができる上級【メタファイズ】の効果を確実に通す時に便利です。

【メタファイズ・ネフティス】でサーチ可能な点や、初手に2枚来たら弱い点を考慮して2枚ほどの採用が良いと個人的に思います。

メタファイズ・ディメンション

永続罠

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、除外されている自分の「メタファイズ」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。
(2):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、このカード以外の自分の「メタファイズ」カードが除外された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

採用優先度★★★★★

相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合に、除外されている【メタファイズ】1体を帰還させる効果と、【メタファイズ】モンスターが除外された場合に相手の場のカード1枚を除外できる効果を持ちます。

どちらも効果も非常に強力。

このカードも【メタファイズ・ネフティス】の効果でサーチ可能、かつ2枚場に発動しても意味が無いカードなので2枚ほどの採用で良いと思います。

■【メタファイズ】と相性が良いテーマ外カード

封印ふういん黄金櫃おうごんひつ

通常魔法

(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

採用優先度★★★★★

デッキのカード1枚を除外する効果を持つ通常魔法カード。
除外したカードを2回目のスタンバイフェイズに手札に加える効果を持ちますが、上級【メタファイズ】モンスターを除外する場合はそれぞれデッキに戻ってしまうため、専ら除外専用カードとして採用します。

次元じげん

永続魔法

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いの墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

オススメ度・★★★★

相手の墓地のリソースを削りつつ、こちらは除外した【メタファイズ】からアドバンテージを得る事ができる優秀なサポートをしてくれます。

同様に墓地へ送られるカードを除外する【マクロコスモス】もありますので、同時にそちらも採用すれば良いでしょう。

オネスト

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900

(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

採用優先度・・★★★

【メタファイズ】モンスターは全て光属性なので、オネストのサポートを受ける事が可能です。
【メタファイズ・ラグナロク】の効果の発動条件を助けてくれます。

ですが、先程紹介した【次元の裂け目】などのカードと併用する事はできないので、採用するならどちらか一方にしましょう。

■このテーマの強みと基本的な回し方について

このテーマの強み

このテーマの強みは【除外】に対して非常に強い耐性を持っているのが強みでしょう。
メインから【次元の裂け目】、【マクロ・コスモス】を採用できるため、

デッキの基本的な回し方

上級【メタファイズ】を除外しながら固有効果の発動をしつつアドバンテージを稼ぐのが基本的な回し方となります。

【メタファイズ・ダイダロス】の効果が決まれば大きなアドバンテージを得られるため、彼の戦闘をサポートするのも主な戦術となります。

■このテーマの弱みとメタ・対策方法について

このテーマの弱み

テーマ全体的な弱点とてはデッキの回転するまでの遅さが弱点。
カードを除外しても効果を発動するのが次のターンのスタンバイフェイズなので、何かと遅くなりがち。

対策方法1【永続魔法・罠カードの破壊】

【メタファイズ】はテーマ内のカードに加え【次元の裂け目】、【マクロコスモス】などの「表側表示の魔法・罠カード」に非常に依存しています。

そのため、魔法・罠を中心に除去されるとデッキの回転率が落ちます。

対策方法2【除外対策】

デッキのメインギミックとなるのが【除外】のため、その【除外】さえ封じてしまえばデッキの機能を停止します。

【王宮の鉄壁】は1枚で永続的に【メタファイズ】を封じることができるので有効な対策札だと思います。

または、【大欲な壺】で相手の除外した【メタファイズ】をデッキに戻す事によってこちらのアドバンテージに繋げる事もできます。

■終わりに

以上、【メタファイズ】の解説でした。

他にも解説して欲しいテーマなどがございましたらコメント欄でリクエストしてくれると嬉しいです。
また、間違ってるところとかあったらそれも教えてくれると有り難いです。

★他のテーマ解説記事一覧

テーマ解説

★【メタファイズ】が収録されているパック

 - テーマ解説 , ,